TMNETWORK

【音楽】TM NETWORK「Get Wild」リミックスコンテスト開催wwwwww

1: 2017/06/05(月) 19:08:13.42 _USER9
http://natalie.mu/music/news/235459
2017年6月5日 11:41

TM NETWORK「Get Wild」のリミックスコンテストが、avexと月刊誌「サウンド&レコーディング・マガジン」の共同企画で実施されている。

TM NETWORKオフィシャルサイト内の特設ページでは、「Get Wild」リミックスコンテスト実施にあたって宇都宮隆(Vo)のボーカル音源データを配布中。
コンテスト参加者はボーカル音源をリミックス用の素材として自由に使用できる。
コンテストの結果は9月中旬に開催予定のイベント「『Get Wild』リミックス・コンテスト祭~ゲワイは終わらない~(仮)」で発表され、優秀作品には小室哲哉賞、宇都宮隆賞、木根尚登賞、サンレコ賞などが贈られる。

応募締切は8月16日。我こそはと思う人は特設ページで詳細を確認の上、コンテストに参加しよう。

特設ページ
https://ssl.avexnet.or.jp/tm/getwild/

no title

続きを読む

TM NETWORKの名曲と言えば「GET WILD」と「SELF CONTROL」とあと何?

1: 2017/05/02(火) 23:45:15.71
教えて!(´・ω・`)

続きを読む

【速報】TM NETWORKが盛大にやらかすwwwwwww

1: 2017/04/05(水) 14:28:15.12 _USER9
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0405/blnews_170405_4420456036.html
BIGLOBEニュース編集部 4月5日(水)13時5分

エイベックス・エンタテインメントは5日、同日発売のTM NETWORKのアルバム「GET WILD SONG MAFIA」に、同じ音源が重複して収録されているとして交換対応を実施すると発表した。

「GET WILD SONG MAFIA」は、収録されている36曲すべてが「GET WILD」というアルバム。不具合の内容は、全曲が「GET WILD」だけに起こったのか、同じ音源が2曲収録されてしまっているというもの。
Disc-3の2曲目に収録予定の「Get Wild 2015 -HUGE DATA-」が、Disc-2の8曲目に収録されている「Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30” Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム]」になっている。

エイベックス・エンタテインメントは、「楽しみにされていた皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません」と謝罪。
交換専用フォームを設け、申込者全員に「Get Wild 2015 -HUGE DATA-」が収録された良品のDisc-3を届けるとしている。
良品ディスクは、4月12日から順次発送される。

no title

続きを読む

【爆誕】TM NETWORK、「Get Wild」だけで33曲のアルバム発売予定wwwwwwwww

1: 2017/02/10(金) 05:09:05.72 _USER9
オリコン 2/10(金) 5:00

 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登からなる音楽ユニット・TM NETWORKが、代表曲「Get Wild」(1987年4月8日発売)の発売30周年を記念し、同曲だけ33曲(予定)を収録した『GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム(仮)』を4月5日にリリースすることが明らかになった。

 名作アニメ『シティーハンター』初期(87年4月~88年3月)のエンディングテーマとしても有名な同曲は、87年4月にオリジナル版をリリース。以降、何度もリアレンジされ、ライブでもさまざまなバージョンを披露してきた。

 発売30周年を機に、ソニー、よしもとアール・アンド・シー、エイベックスで発売されてきた「Get Wild」を集約。今回発表されたバージョンのほか、他アーティストが手がけたカバーやリミックスなども網羅し、「Get Wild」だけ33曲(予定)をCD3枚組に収録する。

 1曲でこれほど多くのバージョンが存在する名曲「Get Wild」。聴き比べしてみては?

■『GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム(仮)』収録予定曲
・Get Wild(1987/4/8)
・Get Wild(“FANKS CRY-MAX”Ver.)(1987/6/24 日本武道館)
・GET WILD’89(1989/4/15)
・Get Wild(“COLOSSEUM I”Ver.)(1989/8/29 横浜アリーナ)
・Get Wild(“RHYTHM RED TMN TOUR”Ver.)(1991/2/22 仙台イズミティー)
・Get Wild(“tour TMN EXPO ARENA FINAL”Ver.)(1992/4/12 横浜アリーナ)
・Get Wild(techno overdub mix)(1993/8/21)
・GET WILD’89(“TMN final live LAST GROOVE 5.18”Ver.)(1994/5/18 東京ドーム)
・GET WILD DECADE RUN(1999/7/22)
・GET WILD(LIVE EPIC25 ver.)(2003/8/20)
・Get Wild(Double Decade)(2004/4 横浜アリーナ)
・Get Wild(Double Decade)(2004/6/24 日本武道館)
・Get Wild(REMASTER ver.)(2007 日本武道館)
・Get Wild(Incbation Period ver.)(2012/4/25 日本武道館)
・Get Wild(FINAL MISSION -START investigation- ver.)(2013/7/21 さいたまSA)
・Get Wild 2014(2014/4/22)
・Get Wild(the beginning of the end ver.)
・Get Wild(QUIT30 HUGE DATA ver.)
・Get Wild(30th FINAL ver.)
・Get Wild 2015 -HUGE DATA-(2015/3/21)
※このほかカバー楽曲、リミックス楽曲を含め全33曲収録予定


・TM NETWORK
no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000300-oric-ent.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000300-oric-ent

続きを読む

TM NETWORK「Get Wild」発売30周年記念12インチ・アナログレコードがリリース決定

1: 2017/01/27(金) 21:20:22.36 _USER9
2017/01/27 19:04

TM NETWORKの「Get Wild」が発売30周年を記念して12インチ・アナログレコードでリリース。同曲の代表的4ヴァージョンを収めた作品で、全曲オリジナル・トラックダウン・マスター音源を使用。なかでも「Get Wild ‘89」は今回の制作で発見されたオリジナル・アナログテープ(リミックスを担当した「PWL」のロゴが入ったテープ)の音源をオリジナル盤以来28年ぶりに使用、最良の音に重点を置いています。4月12日発売。完全生産限定盤
●『Get Wild【完全生産限定盤】』
2017/04/12発売
MHJL-15 ¥3,780(税込)

[Tracklist]
1. Get Wild
2. GET WILD '89
3. GET WILD (techno overdub mix)
4. Get Wild (オリジナル・カラオケ)


・TM NETWORK / Get Wild [EP]
no title

http://amass.jp/84001/

続きを読む

【動画】30周年を迎えたTM NETWORKのライブが最先端wwwwww

1: 以下、DAW速報がお送りします 2015/02/16(月) 06:01:06.03 ID:???*.net
日本の音楽シーンに燦然と輝くスーパーグループTM NETWORK。
結成をした1984年から30年の月日が流れた。常に最先端であり、未知の音を提供し、
挑戦し続けてきたTM NETWORK。そんな彼らの30周年を祝う記念すべき公演
「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」が15日についに終演を迎えた。

この公演は、「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」の追加SP公演の位置づけとなり、
2月7日、8日にはさいたまスーパーアリーナにて超満員のFANKS(TM NETWORKファン)を楽しませた。

暗転すると、ステージ後方に敷かれた巨大な幕に、イギリスの街角の一風景が映し出され、
そこに3人の“潜伏者”と思わしき若者が現れる。1人が紙袋から「TM NETWORK」と書かれた
バトンをステージに向かい放つ。

放たれたバトンは登場した宇都宮隆の手に渡る、宇都宮はまたそれをステージ下手へと放った。
さらに暗転し、ステージ上に小室哲哉、木根尚登、宇都宮の三人が揃い『SEVEN DAYS WAR』から
荘厳に幕が明けていく。早くもこの感動的な空気の流れに、場内からは大合唱が起こる。

息つく暇もなく『Birth』、木根の鮮やかなアコースティックギターのカッティングに導かれ
『LOUD』を力強く展開していく。木根がギターをかきむしれば、宇都宮は名指揮者のように
客席をコンダクト。宇都宮の一挙手一投足に反応するようにFANKSも声を張り上げる。
ただ一人、この熱い空間の中、小室はクールに音を構築していた。

スクリーンに1人の女性が映し出される。“潜伏者”の一人と語る彼女のモノローグから、
壮大なる組曲「CAROL」が“2015”を冠し、装いも新たな姿で展開されていく。

(中略)

彼らが地球での活動が始まり長い月日が経った。音の流行は移り変われど、未だに彼らには
誰も追いついていないことを確信させた。『In The Forest』『Carol (Carol's theme II)』をFANKSも
世界観に浸るように静かに聴き入る。その後に、始まる『Just One Victory』で勢いは再び爆発。
右に左にと駆け回る宇都宮は高々と天に向かい人差し指を突き上げ、場内中も彼と共に天を刺し、
勝利の凱歌を響かせた。

『STILL LOVE HER』で三度の大合唱が巻き起こり、静寂の後、センターにスポットライトが注がれ、
そこに立つは木根。ここで彼が初めてメインボーカルを務めた『Looking At You』を披露。
流麗なアコギの音と木根の優しい声が場内を包むと、スローな楽曲ながらこの日1、2を争うほどの
大歓声が巻き起こる。

>>2以降につづく)

(ライブレポ/田口俊輔、写真/ Yukitaka Amemiya)
http://news.dwango.jp/index.php?itemid=16983
2015/02/15/

・「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」
no title

no title

no title

no title

続きを読む

【画像アリ】TM NETWORK、木根尚登がサングラスを外した結果 → ご覧くださいwwwwww

021407
1: 以下、DAW速報がお送りします 2015/02/11(水) 14:08:49.53 ID:???*.net
ソース サンスポ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150211-00000511-sanspo-ent
 TM NETWORKの木根尚登(57)が10日深夜放送のテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」に出演。
サングラスを外した素顔を公開した。

 どんな時もサングラスをかけているという木根は「好きでかけているわけじゃなくて、
本当は辞めたくてしょうがない」とテロップで告白。
司会を務めるSMAPの中居正広(42)から「見せてもらえますか?」と問われると、
木根は迷ったように「1回、見てもらおうかな」と回答。過去に、
眼鏡をかけた姿やサングラスを外しビジュアル系のメイクで変身など披露したことは何度かあるが、
サングラスを外し素顔を公開するのはめずらしい。

 中居から「木根さ~ん」と呼びかけられ、素顔を公開した木根に益若つばさらゲストや会場からは「かわいい」と好反応。
これに中居は「これはサングラスしないとダメだわ。だって漫画家ですもん」とし、
さらに劇団ひとりは「見たくない。やめて」と拒否反応。「人のよさそうなおじさんだった」とがっかりした様子で、
木根の「いつ取ろうか迷っている」という言葉をさえぎるように「もう取らないでください。もうGet Wild聴けなくなる」とキッパリ。

 サングラスを外した姿を公開した木根は「恥ずかしい」と話しながらも、念願がかない笑顔。
木根はデビュー時に音楽スタッフからイメージ戦略として丸刈りを言い渡されたが、
拒否したところサングラスをかけることになったことを明かすと、
常にサングラスをかけているため視力は低下。ライブ中は熱気でサングラスが曇るため、
曇り止めを常備しているなど苦労話を披露した。一方で、
「(サングラスを)かけると仕事モードになる」と気持ちの切り替えができるという効果も紹介した。

画像
no title

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=