BABYMETAL

<アイドルとロックサウンドの融合>BABYMETALなど楽曲派アイドルの最先鋒から考える日本の音楽

1: 2017/04/15(土) 12:59:36.16 _USER9
 4人組アイドルグループのsora tob sakanaが11日に、ミニアルバム『cocoon ep』を発売した。90年代後半から00年代にかけて興隆した、ポストロックとエレクトロニカを基調としたサウンドに、4人のあどけなくも真っ直ぐな声が加わり、新たな世界観を生み出している。アイドルと本格的なロック、電子音楽を組み合わせるというスタイルは、BABYMETALなどでみられるように今や日本の代表的な音楽スタイルとして確立されつつある。彼女達もまたその流れに乗りつつある。

 sora tob sakanaは2014年7月に結成。風間玲マライカ(15)、神崎風花(15)、寺口夏花(16)、山崎愛(13)の4人から成なるアイドルグループで、2015年10月に1stシングル「夜空を全部」を、2016年7月にはセルフタイトルの1stアルバム『sora tob sakana』をそれぞれリリースした。音楽プロデューサーは、日本のオルタナティブロックバンド「ハイスイノナサ」や、「siraph」などのメンバーでもある照井順政が務めている。

 『sora tob sakana』には鍵盤ハーモニカ奏者で、トラックメイカーの池永正二によるエレクトロ・ダブ・バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」でドラマーを務めるGOTOなどのゲストミュージシャンが参加し、音楽関係者の間でも話題となったという。

 今作は、ポストロックとエレクトロニカを基調にした曲調で、物語性の強い6曲を収録。また、ロックバンド「cinema staff」の久野洋平(Dr)が参加している楽曲「ribbon」を再録。より彼女たちの方向性をはっきりと打ち出し、メインストリームのミュージシャンが参加したという点で、その音楽的意義は極めて大きいものとなっているようだ。

 アイドルとロックサウンドの融合と言えば、世界を席巻中の、アイドルとへヴィメタルの融合を体現したBABYMETALが一番に思い浮かぶであろう。

彼女たちが昨年4月にリリースした2ndアルバム『METAL RESISTANCE』は全米総合アルバムチャート(Billboard 200)で39位を記録。日本人としては1963年の坂本九さんのアルバム『Sukiyaki and Other Japanese Hits』の14位以来、実に53年ぶりにTOP40入りを果たすなどその人気ぶりは凄まじいものがある。

 BABYMETALのプロデューサーであるKOBAMETAL氏は、DJでプロデューサーの中田ヤスタカが手掛け、テクノとアイドルを組み合わせたPerfumeの成功例を目の当たりにし、彼女たちの路線を決めたという。

 照井は2015年4月に、あるインタビューでsora tob sakanaについて「かなり戦略的に考えています。アイドルが飽和している状況のなかで、普通にいい曲を作っても響かないですから」とサウンドへの意識についてはっきりと戦略的な意図を持ち込んでいると断言している。

 昨今では彼の言うようにアイドルが飽和しているといわれているなかで、“楽曲派アイドル”と呼ばれるサウンド面に重点を置くアイドル達が注目されつつあるという。ラウドロックやノイズミュージックを取り入れている、ゆくえしれずつれづれや、パンクを歌うBiSH、sora tob sakanaと同じくポストロック系のamiinAなど、ここ数年で急速にこの界隈は盛り上がりつつある。

 中田ヤスタカのような90年代に流行したテクノを聴いて育った世代が、00年代に音楽の第一線に躍り出たように、00年代にポストロックやエレクトロニカに強い影響を受けたサウンドメイカーがこれからまた新しい価値観を想像していくのかもしれない。(文=松尾模糊)

MusicVoice 4/12(水) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00010008-musicv-musi

続きを読む

BABYMETAL、7月から「5大キツネ祭り」 性別・年齢・白塗り限定公演も

1: 2017/04/02(日) 07:49:57.11 _USER9
2017-04-02 05:30

 3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが1日、東京・目黒鹿鳴館でイベントを開催し、7月から国内ツアー『5大キツネ祭り in JAPAN』(3都市全9公演)をスタートさせることを発表した。

 今回のツアーは、「黒」「赤」「金」「銀」「白」の色ごとにテーマを設け、「黒キツネ祭り」は男性限定、「赤~」は女性限定、「金~」は10代限定、「銀~」は小学生以下および60歳以上限定シート設置公演、「白~」はコープスペイント(白塗りメイク)限定のライブとなっている。

 チケットはファンクラブ会員限定で先行受付中。一般発売は5月27日からスタートする。

■BABYMETAL 5大キツネ祭り in JAPAN
7月18日(火):東京・赤坂BLITZ【黒キツネ祭り】
 METAL HEAD(男性)限定 1Fスタンディングのみ
7月19日(水):東京・赤坂BLITZ【赤キツネ祭り】
 MEGITSUNE(女性)限定 1Fスタンディングのみ
7月20日(木):東京・赤坂BLITZ【金キツネ祭り】
 GOLDEN EGG(10代)限定 1Fスタンディングのみ
7月25日(火):東京・Zepp DiverCity【銀キツネ祭り】
 ROYAL FOX SEAT(60歳以上、小学生限定=2階席)
 MOSH’SH PIT(中学生以上の男女=1Fスタンディング)
7月26日(水):東京・Zepp DiverCity【白キツネ祭り】
 CORPSEPAINT(白塗り)限定 1Fスタンディングのみ
8月8日(火):愛知・Zepp Nagoya【銀キツネ祭り】
 ROYAL FOX SEAT(60歳以上、小学生限定=2階席)
 MOSH’SH PIT(中学生以上の男女=1Fスタンディング)
8月9日(水):愛知・Zepp Nagoya【白キツネ祭り】
 CORPSEPAINT(白塗り)限定 1Fスタンディングのみ
8月29日(火):大阪・Zepp Osaka Bayside【銀キツネ祭り】
 ROYAL FOX SEAT(60歳以上、小学生限定=2階席)
 MOSH’SH PIT(中学生以上の男女=1Fスタンディング)
8月30日(水):大阪・Zepp Osaka Bayside【白キツネ祭り】
 CORPSEPAINT(白塗り)限定 1Fスタンディングのみ


no title

http://www.oricon.co.jp/news/2088515/full/

続きを読む

BABYMETALがデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する「AMD Award」優秀賞受賞、MIKIKOは審査員特別賞

1: 2017/03/14(火) 07:13:08.21 _USER9
http://natalie.mu/music/news/224407

2017年3月13日 18:58
no title

no title

no title

no title

no title

no title


BABYMETALがデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'16 / 第22回AMD Award」にて、優秀賞を獲得した。

これは本日3月13日に東京・明治記念館 富士の間にて行われた「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'16 / 第22回AMD Award」の表彰式にて明らかになったもの。
BABYMETALはイギリスのThe SSE Arena, Wembley(ウェンブリーアリーナ)で日本人初の単独公演を行ったほか、
世界各地で単独ライブを開催するなど「エンターテインメントビジネスの輸出」という点で大成功を収めたことが高く評価された。

表彰式にはスケジュールの都合で登壇できなかったBABYMETALに代わり、プロデューサーKOBAMETALが登場。KOBAMETALが記念モノリスを受け取ったあと、
MCがBABYMETALからの「今回はこのような賞にBABYMETALを選出いただきありがとうございました。
これからもBABYMETALはMETAL RESISTANCEの名の下に、国を超え、世代を超え、BABYMETALを通じて世界がつながり、
ひとつになることを目指し活動を続けてまいります」というメッセージを代読した。

またBABYMETALやPerfumeの振り付け、ライブ演出をはじめ、2016年8月に行われた「リオオリンピック2016」の閉会式の引き継ぎ式における総合演出と演舞振り付け、
昨年大ブームとなった“恋ダンス”も手がけたコレオグラファーのMIKIKOは審査員特別賞を受賞。彼女は「私は表現してくれる相手とスタッフに恵まれておりまして、
Perfumeもそうですが、BABYMETALは小さな体で世界に立ち向かっている姿勢に背中を押されます。
『逃げ恥』の恋ダンスはキャストの皆さんもそうですけど、関わっている皆様が情熱的で心が動かされました」とコメントした。

そのほか「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'16 / 第22回AMD Award」では「君の名は。」「この世界の片隅に」「シン・ゴジラ」といった日本映画や
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」など全12作品が優秀賞を受賞。
その中から古坂大魔王がプロデュースした「PPAP」はAMD理事長賞、中村獅童と初音ミク出演の最新テクノロジーと歌舞伎がコラボした舞台
「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」は大賞を受賞した。
プロデューサーである古坂大魔王の“代理人”として登壇したピコ太郎は「PPAP」をパフォーマンス。賞状とモノリスを受け取り、
「本当に世界中の方が観てくれていて、フランスに行ったときにも『Hey! PPAP!』なんて言われて。一番感動したのがカンボジアの動画。
電気のない地域の子供たちが、真っ暗な中で踊っているのを観て、愛とか魂とかそういうのが入ってる気がしたんです。
愛にはデジタルもアナログもない。これからも愛を持って、曲と皆さんと妻を愛していきたいです。ありが玉置成実でした」と感謝の言葉を述べた。


http://natalie.mu/media/1703/0313/amd/extra/news_xlarge_DSC_0927.jpg
http://natalie.mu/media/1703/0313/amd/extra/news_xlarge_DSC_0952.jpg

続きを読む

【朗報】BABYMETAL、KOЯN北米ツアー参加へ

1: 2017/03/07(火) 04:25:29.35 _USER9
 3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが、米バンド・KOЯN(コーン)が6月に開催するUSツアー5公演にサポートゲストとして出演することが現地時間6日(日本時間7日)、発表された。

 BABYMETALは、スリップノットのコリィ・テイラー(Vo)率いるバンド、ストーン・サワーら3組のアーティストと共にツアーに参加。6月18日のアルバカーキ・イスレタ円形劇場を皮切りに、6月25日ボイシ・センチュリーリンク アリーナまで5公演に帯同すする予定。

 昨年12月にレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーにスペシャルゲストとして参加したBABYMETALは、今年に入ってからもメタリカのソウル公演、ガンズ・アンド・ローゼズのジャパンツアーに出演。4月からは再びレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUSツアーに帯同することも決定しており、海外の大物アーティストと相次いで競演している。

■『KOЯN US TOUR』スケジュール
6月18日(日):ニューメキシコ州アルバカーキ/イスレタ円形劇場
6月20日(火):カリフォルニア州チュラビスタ/スリープ・トレイン・アンフィシアター
6月21日(水):カリフォルニア州イングルウッド/ザ・フォーラム
6月22日(木):カリフォルニア州マウンテンビュー/ショアライン・アンフィシアター
6月25日(日):アイダホ州ボイシ/センチュリーリンクアリーナ

オリコン 3/7(火) 3:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000353-oric-ent
no title

続きを読む

BABYMETAL、4・11全国映画館で“ワールドプレミア” フィルムツアーも決定

1: 2017/03/01(水) 18:03:44.72 _USER9
 3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが、昨年9月に開催した自身初の東京ドーム2days公演を映像化したBlu-ray/DVD『LIVE AT TOKYO DOME』(4月12日発売)のリリースを記念し、4月11日に全国の映画館18ヶ所で一夜限りのプレミア上映を行うことが決定した。あわせて、過去のライブ映像作品を全国5大都市の映画館で上映するフィルムフェスツアーを4月1日からスタートさせることも発表となった。

 BABYMETALは、昨年9月19・20日に東京ドーム公演を開催。初日はアルバム『METAL RESISTANCE』(昨年4月発売)収録曲を中心に構成した「RED NIGHT」、2日目はこれまでのライブをセルフオマージュした「BLACK NIGHT」と、両日セットリストのかぶりなし、MCなし、アンコールなしと洗練されたステージで2日間計11万人を熱狂させた。4月11日の“ワールドプレミア”では、「RED NIGHT」(87分)と「BLACK NIGHT」(82分)が上映される。

 各劇場では当日限定グッズとして「FILM FESタオル」を発売。Blu-ray/DVDの先行販売も行われ、『LIVE AT TOKYO DOME』を購入者には先着で「BABYMETAL“LIVE AT TOKYO DOME”スピンドルバッグ」がプレゼントされる。

 また、全国5大都市の映画館でこれまで発表してきたライブ映像作品を上映するフィルムフェスツアー『BABYMETAL FILM FES TOUR -METAL RESISTANCE APOCALYPSE-』が決定。メタルレジスタンス第1章『LIVE~LEGEND I、D、Z APOCALYPSE』シリーズから第4章『LIVE AT WEMBLEY』までの計15作品を各地域で順次公開する。上映予定作品には、WEBメンバーサイト「THE ONE」限定販売で、一般発売されていない映像作品も盛り込まれている。

(中略)

 当時ライブ会場で完売した幻のアイテムの中から、今回のイベントのためにリニューアルした「復刻TEE」が、上映日限定、上映劇場限定、数量限定で発売されることも決定。他にもメンバーコメントで活動の軌跡をたどるオリジナルパンフレット、地域限定販売となる5大都市限定グッズも発売予定。

■『BABYMETAL FILM FES TOUR -METAL RESISTANCE APOCALYPSE?』
http://liveviewing.jp/babymetal_filmfes/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000351-oric-ent

続きを読む

“第2のBABYMETAL” メイドコスプレ「BAND-MAID」爆誕wwwwwww

1: 2017/02/18(土) 08:00:09.11 _USER9
 ロックの本場・英国のヒットチャートで15位に入ったかと思えば、レディー・ガガの前座も務めた。昨年、海外で大ブレイクした10代の美少女バンド「BABYMETAL」。彼女たちに続き、海外から注目されているのが、メイドコスプレの5人組「BAND-MAID」だという。

 ***
no title

侮れない5人組

「BAND-MAID」は、2013年にボーカル兼ギターの小鳩ミク(年齢非公開)を中心に結成された。

「熊本から上京して3年間、秋葉原のメイド喫茶で働いていましたっぽ」

 摩訶不思議な言葉を操るのは小鳩本人だ。曰く“私(の苗字)は鳩が付くので、語尾にぽを付けるんだっぽ”とのこと。バンド結成の経緯は、

「動画サイトで、ギターのKANAMIを見つけて、“バンドを組まないっ?”て連絡を取ったっぽ。彼女が連れてきたのが、ドラムのAKANEとベースのMISA。その後、彩姫が加入してツインボーカルになったっぽ」

 デーモン閣下率いる「聖飢魔II」は、ライブを“ミサ”と呼んでいる。彼女たちの場合は、

「ライブは“お給仕”で、ファンは“ご主人様、お嬢様”と呼んでいますっぽ。バンドのコンセプトは、可愛いメイドたちがハードなロックを演奏するというギャップ。お給仕中でも、それを意識して演奏しているっぽ」

 そのギャップが世に受け入れられるきっかけとなったのは、2014年8月にリリースした「Thrill」だった。YouTubeにアップされたミュージックビデオの再生回数は、現在400万回を突破。コメント欄の約9割が英語だという。

■大御所とも共演

 結果、海外からのオファーが殺到し、昨年10月から8カ国9カ所のワールドツアーを敢行した。

「国によってノリ方は全然違いましたっぽ。メキシコのワンマンお給仕では、開演前から1000人を超えるご主人様、お嬢様が“バンドメイド、バンドメイド”ってコールしてくれて。それ以外にも日本語で“スバラシイ”とか、“カワイイ”ってね。盛り上がりが凄かったっぽ」

 国内でも、昨年11月11日に両国国技館で開かれた「THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016」に参加。エリック・クラプトンと並ぶ世界三大ギタリストのジェフ・ベックやジミー・ペイジら大御所ミュージシャンともステージを共にして、新人賞にあたる“Japan Next Generation賞”を受賞した。

 すでに、海外のファンの間からは“第2のBABYMETAL”との呼び声も高い。

「自分たちは、そんなに意識していないですっぽ。海外のご主人様、お嬢様の皆さん方は、BABYMETALを好きな方も多くて、同じように応援して下さるっぽ」

 デビュー当初は、“お給仕”に来たご主人様やお嬢様が3人だったこともあったという。だが、

「昨年のお給仕は100本くらい。もともとBAND-MAIDは、世界征服が目標。まだどこも征服できていないので、まずは、日本を征服できるように頑張る。今年は酉年で、小鳩の年だから、クンッと、ピュッと思いっ切り跳ねたいなって思いますっぽ」

 う~ん。おじさんたちには理解不能な小鳩ワールド。だが、着実に、世界中でファンが増えていることだけは確かなようだっぽ。

ワイド特集「女という商売」より

週刊新潮
2017年2月16日梅見月増大号 掲載
http://www.dailyshincho.jp/article/2017/02180559/?all=1

続きを読む

BABYMETAL、東京ドーム2daysを完全収録した映像作品をリリース

1: 2017/01/23(月) 18:30:18.89 _USER9
 BABYMETALが、昨年開催した自身初の東京ドーム公演2デイズの模様を完全収録した映像作品『LIVE AT TOKYO DOME』を4月12日にリリースする。

 2016年9月19日、20日の2日間に渡って東京ドームで行われ、自身最大規模となる11 万人を動員した【BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT】。日本人アーティスト史上初のイギリス・ウェンブリーアリーナでのワンマンライブから始まったメタルレジスタンス第4章の締めくくりとなった同公演では、2ndアルバム『METAL RESISTANCE』を中心に展開された初日<RED NIGHT>と、これまでのライブをセルフオマージュし更なる進化を予感させた2日目<BLACK NIGHT>と、いずれもセットリストの被りは1曲もなく、MCもアンコールもない過去最高に洗練されたパフォーマンスを披露した。

 Blu-rayはアナログジャケットサイズ仕様の初回盤と通常盤の2形態となる。また、メンバーズサイト<THE ONE>会員限定となる限定盤『LIVE AT TOKYO DOME - THE ONE LIMITED EDITION -』はBlu-rayに加え、同内容のライブ音源を収録した4枚組CDと写真集、オリジナルグッズが同梱された完全版となっており、23日正午から予約販売が開始される。

 なお、この会員限定盤の購入者を対象にエクスクルーシヴイベントへの招待企画も行われる。また、BABYMETALは現在、GUNS N' ROSESのジャパンツアーにスペシャルアクトとして出演しており、4月からはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUSツアーへの帯同も決定している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)


http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/46621/2
no title

続きを読む

BABYMETAL、憧れのメタリカと夢の競演!

1: 2017/01/13(金) 18:49:39.91 _USER9
 BABYMETALが、現地時間2017年1月11日に行われたメタリカ【WorldWired Tour 2017】の韓国・ソウル公演にスペシャルゲストとして出演した。

 【SUMMER SONIC】やイギリスの【READING & LEEDS FESTIVAL】などで競演し、尊敬するアーティストとしてメタリカの名前を挙げることも多かったBABYMETAL。この日ついに憧れのメタルマスターとの夢の競演が実現した。「BABYMETAL DEATH」から始まったBABYMETALのステージ。演奏が進むにつれて会場の熱気も高まり、曲中には英語で会場を煽りながら盛り上げると、観客も大きな歓声で応える。シンプルなステージながらBABYMETALらしい力強いパフォーマンスで、「KARATE」や「Road of Resistance」など全6曲を披露した。

 なお、BABYMETALは、1月21日より始まるガンズ・アンド・ローゼズのジャパンツアー4公演にスペシャルゲストとして出演する。また、4月12日からはUKツアーでスペシャルコラボレーションを披露したことも記憶に新しいレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUSツアー10公演にも出演することが決定している。

 また、2016年9月に開催された東京ドーム公演の模様を、映像・音源・写真で完全収録したスペシャルパッケージ『LIVE AT TOKYO DOME - THE ONE LIMITED EDITION -』が、WEBメンバーズサイト<THE ONE>登録メンバーを対象に先行発売されることも決定した。1月23日よりアスマートにて予約販売開始となる。

Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)


http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/46282/2
no title

no title

no title

no title

no title


Metallica: Thank You Seoul! (January 11, 2017)
https://youtu.be/nKICSZzZF2o


続きを読む

宇多田ヒカル、星野源、RADWIMPS、嵐、BABYMETAL…2016年彩った5作をプレイバック

1: 2016/12/27(火) 16:33:07.55 _USER9
アリシア・キーズ『ヒアー』、ボン・イヴェール『22、ア・ミリオン』をはじめ、数多くの傑作がリリースされた2016年のポップミュージック・シーンですが、ここ日本においても今年は20年に一度といっても過言でないほどの豊作の年でした。そこで今回は2016年を彩った話題作をプレイバックしたいと思います!

2016年の日本に音楽シーンにおける最大のトピックは、やはり宇多田ヒカルのカムバックだろう。前作『HEART STATION』以来、約8年半ぶりのフルアルバム『Fantome』。本人出演のCMソングに起用された「道」、椎名林檎とのデュエットが実現した「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」などアルバムに収録された新曲もすっかり浸透し、「完全にレベルが違う」「天賦の才能がさらに進化」と圧倒的な評価を獲得した。“幻”“気配”というタイトル通り、本作には目に見えないもの、存在しないものに対する思いが込められているわけだが、聴けば聴くほど“大切なものの不在”がじんわりと沁みてきて、悲しみと救いに同時に包まれるような感覚になるのだ。2017年はぜひライブを観たい。

ブラックミュージック、ブルース、ジャズに影響を受けながら、独自のポップスを形成してきた日本の音楽シーン。その延長線上にある、いちばん新しいスタイルが星野源の『YELLOW DANCER』だった。ブルーノ・マーズ、アラバマ・シェイクスといったアーティストとの親和性を感じさせるサウンドメイクに歌謡の伝統を受け継ぐ歌を乗せたこのアルバムによって、彼はセールス、クオリティ、評価のすべてにおいてに日本のトップ・アーティストになった……と思っていたら、2016年後半に「逃げ恥」と「恋ダンス」でとんでもないブームを作り上げてしまったのだった。音楽シーンを超えて、日本有数のエンターテイナーになった星野源。ほとんど全裸で舞台(『ウーマンリブ先生』)に立っていた10年前が懐かしい。

続きは以下
http://realsound.jp/2016/12/post-10739.html

続きを読む

BABYMETAL、ついにレッチリとステージで共演!海外メディア「怖いほどブリリアント」

1: 2016/12/17(土) 00:30:02.70 _USER9
■BABYMETAL、レッチリと共演

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーにオープニング・アクトとして同行していたBABYMETALが、水曜日(12月14日)マンチェスターで開かれた公演で、彼らと共演した。

◆BABYMETAL画像
no title


BABYMETALは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのパフォーマンス7曲目でステージに登場し、彼らと「Nobody Weird Like Me」をパフォーマンスしたそうだ。BABYMETALが同行したレッチリのUKツアーは12月5日にスタートし、水曜日のマンチェスター公演は6公演目だったが、彼らが共演するのはこれが初めてだった。翌日、同じくマンチェスターで開かれた最終公演では見られず、同ツアーで初にして唯一の競演となった。

Liveforlivemusic.comは、これを「怖いほどブリリアント」と評した。

BABYMETALは、次は2017年1月11日、メタリカのソウル公演のオープニング・アクトを務める。こちらでの共演も期待されている。

1.Intro Jam
2.Around the World
3.Otherside
4.Snow ((Hey Oh))
5.Dark Necessities
6.The Adventures of Rain Dance Maggie
7.Nobody Weird Like Me(with BABYMETAL)
8.Go Robot
9.Californication
10.Sick Love
11.Don't Forget Me
12.Aeroplane
13.Higher Ground(Stevie Wonder cover)
14.I Could Have Lied
15.By the Way
Encore:
16.Goodbye Angels
17.Give It Away

barks 2016-12-17 00:16:44
https://www.barks.jp/news/?id=1000136194

132: 2016/12/17(土) 02:14:32.97
>>1
アンソニー~

続きを読む

【完全レポ】 BABYMETAL と Red Hot Chili Peppers が競演! O2 アリーナ2days、その全てを観た!

1: 2016/12/12(月) 18:29:14.47 _USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00152788-rorock-musi

【完全レポ】BABYMETALとレッチリが競演! O2 アリーナ2days、その全てを観た!
RO69(アールオーロック) 12/12(月) 18:10配信

BABYMETALが、現地時間の今月5日、6日にイギリス・ロンドンのTHE O2(O2 アリーナ)で行われたレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーにスペシャルゲストとして出演した。
RO69ではその模様をロングレポートでお届けする。

-------------------------------

BABYMETALのイギリス公演といえば、ウェンブリーアリーナでの単独公演の大成功もまだまだ記憶に新しいところだが、彼女たちはさらなるチャレンジを決断した。
今度はレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーに帯同し、スペシャルゲストとしてライブをするという、予測不能かつかなりアウェイな環境へ、まるで導かれるように足を踏み入れていったのだ。
もちろん不安も怖れもあったはずだ。でも、彼女たちは迷わず進む。その姿を、今どうしてもこの目に焼き付けておきたいと思った。
というわけで、ツアー初日と2日目の公演を観るべく、ロンドンへと向かったのである。

ロンドンでの知名度もかなり高くなってきたとはいえ、さすがにレッチリファンが手放しでBABYMETALを歓迎するということはないだろうなと思いつつ、初日、O2アリーナに向かう。
彼女たちのパフォーマンスがレッチリファンにも届くだろうかと、客席で勝手にそわそわしている間にライブはスタート。神バンドの演奏に歓声があがって、少しほっとする。
そして挨拶代わりの“BABYMETAL DEATH”。全員、これっぽっちもひるんでいない。いつも通りキレキレの堂々たるパフォーマンスだ。SU-METALの歌声も素晴らしく伸びやか。
“メギツネ”では、じっと見入っているオーディエンスを煽りまくる度胸も見せつけ、クラップを促すとアリーナではたくさんの手が上がる。
この日、SU-METALの《なめたらいかんぜよ》は、恐ろしいほどの覚悟と本気に満ちていて、まるで自分たちを奮い立たせるかのような強さがあった。
初日のプレッシャーを自らのパフォーマンスではね退け、その熱量が会場に伝わっていくことで、オーディエンスの反応もどんどん大きくなっていく。
終わってみれば、アリーナは多くの人で埋まり、誰もがステージに惜しみない拍手を送っていた。

おそらく彼女たちはこの日のライブで、ステージ上で心を動かすアクションがあるからこそ、観客のリアクションがあるのだという、とてもとても当たり前なリレーションシップを再び実感したのではないかと思う。
それは直接的な語りかけや煽りに限った話ではなく、パフォーマンスに宿る熱量という部分でも。
スクリーンで映像を流したり、凝ったステージ演出があるわけではなく、ただひたすら自分たちのパフォーマンスだけでオーディエンスを惹きつけるためには、
アクションとリアクションという、そのシンプルな力学のみが有効なのだということを肌で感じたに違いない。

それを悟った2日目のライブは、驚くほどこちらの感情を揺さぶるものに変化していた。“Catch me if you can”では、コール&レスポンスを促し、“メギツネ”での「JUMP!」の煽りは明確で、アリーナ中が大きく波打つほど。
SU-METALの《なめたらいかんぜよ》は、この日は完全にオーディエンスに向けて不敵に放たれ、思わず身震いするほどの迫力を感じた。ラスト、“ギミチョコ!!”では、
3人がそれぞれに観客を煽り、YUIMETALとMOAMETALのダンスも、どこまでも振り切れていった。いつものBABYMETALからはみ出すことを1ミリも怖れないエモーショナルなパフォーマンス。
圧巻のステージングで完全に観客の心をつかんだ瞬間だった。「SEE YOU!」の決め台詞も最高に清々しく響き、彼女たちは堂々とした足取りでステージを去っていく。
その姿がとても頼もしく、眩しい。
そして彼女たちのチャレンジは続く。来年1月にはなんと、メタリカの韓国公演に出演するというニュースが流れてきた。BABYMETALの物語は、まだほんの序章に過ぎないのかもしれない。
決して安全な道に逃げることなく、リスクを引き受けて未知の世界の扉を開けた者だけにもたらされる宝物。
彼女たちが自らの手でそれをつかみ取って行く過程を、私たちは今まさに目撃しているところなのだろう。
ちなみに、今回のこのロンドン公演のレポートは、また別の切り口で『ROCKIN’ON JAPAN』2月号にも書かせてもらう予定です。機会があれば、そちらもぜひ。(杉浦美恵)

18: 2016/12/12(月) 18:54:22.57
>>1
PHOTOS: BABYMETAL, O2 ARENA, LONDON, 05/12/2016
http://www.electricbloomwebzine.com/2016/12/photos-babymetal-o2-arena-london.html

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

【BABYMETAL】結成時、ヘヴィ・メタルの音楽や容姿が怖かったと語る…今ではバンドやファンの温かみに触れ恐怖心無くなる

no title
1: 2016/10/31(月) 17:03:18.96 _USER9
BABYMETALのメンバーは、グループを結成する前はヘヴィ・メタルが「怖かった」と語っている。

BABYMETALは今年4月にセカンド・アルバム『METAL RESISTANCE』をリリースしており、
その後、ドラマチックなウェンブリー・アリーナでの公演を行っている。

YUIMETALは『ケラング!』誌にかつてのヘヴィ・メタルとの関わりについて語り、
「ヘヴィ・メタルの音楽やメタル・バンドの見た目が怖かった」と明かしている。

しかし、ヘヴィ・メタルのミュージシャンやファンたちと会うことで、やさしい人々だと気づき、怖さはなくなったという。

BABYMETALは先日アニメーションと実写を融合させた映像作品に乗り出すことを発表している。

インタヴューの他の部分ではSU-METALがフェスティバルや自分たちのライヴの前に最も不安になることを明かしている。

BABYMETALは12月に行われるホット・チリ・ペッパーズのUKツアーにスペシャル・ゲストとして出演することが決定している。

UKツアーの日程は以下の通り。

12月5日(月)イギリス・ロンドン / THE O2
12月6日(火)イギリス・ロンドン / THE O2
12月8日(木)スコットランド・グラスゴー / THE SSE HYDRO
12月10日(土)イギリス・バーミンガム / GENTING ARENA
12月11日(日)イギリス・バーミンガム / GENTING ARENA
12月14日(水)イギリス・マンチェスター / MANCHESTER ARENA
12月15日(木)イギリス・マンチェスター / MANCHESTER ARENA


http://nme-jp.com/news/28643/

続きを読む

【朗報】BABYMETALの東京ドーム単独公演2DAYS、WOWOWで放送

1: 2016/10/27(木) 00:38:34.44 _USER9
BABYMETALの東京・東京ドーム単独公演
「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND
-METAL RESISTANCE- RED NIGHT & BLACK
NIGHT」が、12月18日(日)にWOWOWにてオ
ンエアされる。

東京ドーム公演は、BABYMETALにとって3度目
となるワールドツアーのファイナルとして9月
19、20日に行われた。2日間合計で約11万人の観
客を動員したこの公演のうち、番組では初日
「RED NIGHT」の模様を放送。彼女たちの代表
曲ともいえる「Road of Resistance」でスター
トし、キラーチューンの「ギミチョコ!!」や
「KARATE」「THE ONE -English ver.-」など
が披露されたライブの模様をたっぷりと紹介す
る。

なお1日目とまったく異なる内容が繰り広げられ
た2日目「BLACK NIGHT」の模様は2017年1月
に放送予定。

WOWOW「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE-」
2016年12月18日(日)21:00~

音楽ナタリー 10月26日 23時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00000122-natalien-musi
no title

続きを読む

日本でのBABYMETALの評価低すぎwwwwwww

babymetal_logo
1: 2016/10/09(日) 01:13:33.45 ID:1248/bac0
悲しい

続きを読む

【初体験】BABYMETALがキッカケでギターを始めた

hqdefault
1: 2016/09/30(金) 21:35:48.02 ID:vtoaVkbS
実際やってみると、クソむずいな
左手の指が痛いわ

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=