融合

<アイドルとロックサウンドの融合>BABYMETALなど楽曲派アイドルの最先鋒から考える日本の音楽

1: 2017/04/15(土) 12:59:36.16 _USER9
 4人組アイドルグループのsora tob sakanaが11日に、ミニアルバム『cocoon ep』を発売した。90年代後半から00年代にかけて興隆した、ポストロックとエレクトロニカを基調としたサウンドに、4人のあどけなくも真っ直ぐな声が加わり、新たな世界観を生み出している。アイドルと本格的なロック、電子音楽を組み合わせるというスタイルは、BABYMETALなどでみられるように今や日本の代表的な音楽スタイルとして確立されつつある。彼女達もまたその流れに乗りつつある。

 sora tob sakanaは2014年7月に結成。風間玲マライカ(15)、神崎風花(15)、寺口夏花(16)、山崎愛(13)の4人から成なるアイドルグループで、2015年10月に1stシングル「夜空を全部」を、2016年7月にはセルフタイトルの1stアルバム『sora tob sakana』をそれぞれリリースした。音楽プロデューサーは、日本のオルタナティブロックバンド「ハイスイノナサ」や、「siraph」などのメンバーでもある照井順政が務めている。

 『sora tob sakana』には鍵盤ハーモニカ奏者で、トラックメイカーの池永正二によるエレクトロ・ダブ・バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」でドラマーを務めるGOTOなどのゲストミュージシャンが参加し、音楽関係者の間でも話題となったという。

 今作は、ポストロックとエレクトロニカを基調にした曲調で、物語性の強い6曲を収録。また、ロックバンド「cinema staff」の久野洋平(Dr)が参加している楽曲「ribbon」を再録。より彼女たちの方向性をはっきりと打ち出し、メインストリームのミュージシャンが参加したという点で、その音楽的意義は極めて大きいものとなっているようだ。

 アイドルとロックサウンドの融合と言えば、世界を席巻中の、アイドルとへヴィメタルの融合を体現したBABYMETALが一番に思い浮かぶであろう。

彼女たちが昨年4月にリリースした2ndアルバム『METAL RESISTANCE』は全米総合アルバムチャート(Billboard 200)で39位を記録。日本人としては1963年の坂本九さんのアルバム『Sukiyaki and Other Japanese Hits』の14位以来、実に53年ぶりにTOP40入りを果たすなどその人気ぶりは凄まじいものがある。

 BABYMETALのプロデューサーであるKOBAMETAL氏は、DJでプロデューサーの中田ヤスタカが手掛け、テクノとアイドルを組み合わせたPerfumeの成功例を目の当たりにし、彼女たちの路線を決めたという。

 照井は2015年4月に、あるインタビューでsora tob sakanaについて「かなり戦略的に考えています。アイドルが飽和している状況のなかで、普通にいい曲を作っても響かないですから」とサウンドへの意識についてはっきりと戦略的な意図を持ち込んでいると断言している。

 昨今では彼の言うようにアイドルが飽和しているといわれているなかで、“楽曲派アイドル”と呼ばれるサウンド面に重点を置くアイドル達が注目されつつあるという。ラウドロックやノイズミュージックを取り入れている、ゆくえしれずつれづれや、パンクを歌うBiSH、sora tob sakanaと同じくポストロック系のamiinAなど、ここ数年で急速にこの界隈は盛り上がりつつある。

 中田ヤスタカのような90年代に流行したテクノを聴いて育った世代が、00年代に音楽の第一線に躍り出たように、00年代にポストロックやエレクトロニカに強い影響を受けたサウンドメイカーがこれからまた新しい価値観を想像していくのかもしれない。(文=松尾模糊)

MusicVoice 4/12(水) 19:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00010008-musicv-musi

続きを読む

ヒップホップとロックの融合がもてはやされる日本の音楽・・・

news_header_FullSizeRender-2
1: 2016/12/02(金) 09:33:08.91 ID:YFNZWTZ10
遅れすぎやろ

続きを読む

ソニー、LED電球とBluetoothスピーカーを融合するwwwwwwwwww

1: 2016/10/07(金) 10:43:54.85 _USER
LED電球とBluetoothスピーカーの融合。そんな斜め上の発想からソニーが生み出した
LED電球スピーカーの新モデル「LSPX-103E26」(実売価格2万5000円前後)が、好調な売れ行きを見せている。
2016年夏には一時売り切れ状態になっていたほどの人気ぶりだ。

 一般的なAV製品とはかなり毛色の異なる製品ながら、なぜここまで人気になったのだろうか?

 LSPX-103E26は、「明かりと音楽が一緒になった新体験を提供する」というコンセプトで開発された前モデ
ル「LSPX-100E26J」の後継機。空間が持つ価値を生かしながら新しい体験を生み出すソニー
「Life Space UX」シリーズの製品で、ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」
ソニーの『画期的』小型プロジェクターを使ってみた」)やグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」なども同シリーズの
製品となっている。
 最大の特徴は、一般的な電球と同じE26口金(市販の変換コネクターを使えばE17口金にも装着可能)のソケットに取り付けて照明として
利用できるとともに、そのままBluetoothスピーカーとして音楽も楽しめるということ。通常のLED電球とほぼ同等のサイズ感やデザインを踏襲しつつ、
新モデルではさまざまな改良を施し、明るさと音質を向上した。

 新機能として、LEDの光の色を自由に変更できるカラー点灯機能、ウェイクアップタイマー機能、スマホの着信お知らせ機能、
2台利用で音がステレオになるモードなどに対応。前モデルを改良しただけでなく、幅広い新機能を追加しているのがポイントだ。


(続きはサイトで)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/100300601/?ref=nbptrn_top_new
no title

続きを読む

【動画あり】メタルには限界などない!メタルは何とでも融合できる究極の音楽である!

05053
1: 2015/05/04(月) 09:58:43.46 ●.net BE:493881441-PLT(17072) ポイント特典
メタラーはとどまることを知らない。
彼らの手に掛かれば、伝統的な民族楽器であっても最先端のロック・ミュージックを奏でるアイテムへと変貌する。
今回は、母国を愛してやまないメタラーたちが生み出した、現代と歴史を融合させた唯一無二のサウンドを紹介。メタルには限界などない!

ボサノヴァとメタルの融合を実現させ、自らを“ボッサ・メタル”と謳っているのは、2002年にブラジルで結成されたバンド、フアスカ。
サンバやボサノヴァといったブラジルの伝統的な音楽にメタルの側面からアプローチする実験を行うために結成された同バンドだったが、今ではブラジルの人気者の座を獲得した。
ちなみに、ボーカルの名前はハファエル・モロミザト。なんと沖縄系ブラジル人なのである。
https://www.youtube.com/watch?v=4EXnbUjCvwM



MTVの放送をきっかけに世界中で話題を呼んだのは、フラメンコとメタルを融合させたフラメタル。
名前を見ただけで異色な組み合わせに気づく人もいるが、それだけではない。
メタルを愛するアメリカ随一のフラメンコ・ギタリストであるベン・ウッズとイギリスの人気バンド、
ホワイトスネイクのベーシストだったユライア・ダフィーがメンバーに入っているという豪華さもこのバンドの特徴である。
だがいちばんのポイントは、バンドの中にスペイン人がいないことだ!
https://www.youtube.com/watch?v=5DmV08SOL4Q



メタル王国・フィンランドのへヴィメタル・バンド、アポカリプティカは、チェリスト3人とドラマーひとりの4人で構成されている。
メンバーは全員、フィンランドにある世界的な音楽名門校シベリウス音楽院の出身であり、かなりの演奏力を誇っている。
メンバーの中にはボーカルがいないため、アルバムにはスリップノットのコリィ・テイラーやラムシュタインのティル・リンデマン、
元セパルトゥラのマックス・カヴァレラなど、世界を代表するメタル・ボーカリストたちが参加している。
ちなみに、2007年に発売されたアルバムにはギタリストの布袋寅泰がゲストとして登場。
楽曲「Grace」のミュージック・ビデオには、悪に支配された地球で正義のために戦う戦士役で出演しており、日本のファン必見の映像になっている。
https://www.youtube.com/watch?v=g3CylcAJo9A



http://www.m-on.press/music/0000008943

24: 2015/05/04(月) 14:04:44.40 et
>>1
視聴してみたが中々良いじゃないか

続きを読む

ピアノと電子音が融合した曲教えてくれ

1: 名無しさん 2014/04/27(日)11:19:03 ID:A0AbwT8mV
ピアノの旋律がきれいなの聞きたい
クラシックはなしで

http://www.youtube.com/watch?v=DDIDLSz_W8c&feature=player_detailpage



ちょっと違うけどこんなの

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=