【イヤホン】shure買ったんだけど耳につけるの二種類あるんだけどこれどういう意味があんの???

1: 2017/02/22(水) 14:39:31.010 ID:1039bb5j0
何が違うの?

続きを読む

【製品】耳をふさがずに音楽を楽しめる画期的なイヤフォンが誕生

1: 2017/02/12(日) 20:19:27.20 _USER
http://ascii.jp/elem/000/001/431/1431822/
no title

no title

ambie株式会社は2月9日、耳をふさがずに音楽を楽しめる新感覚のイヤフォン「ambie sound earcuffs」(アンビー・サウンド・イヤカフ)を発売した。

ひとりだけの世界から、リスナーを解放するイヤフォン
 従来のイヤフォンは耳の穴に入れて使うが、アクセサリのイヤカフのように耳の縁に装着して使う。音楽を聴いている最中でも、
周囲の音が聞こえるので、音楽を聴きながら会話したり、電話やアラームなど周囲の物音にも反応できる。
音楽を聴きながらデスクワークに集中していたら、内線がなっているのに気づかなかったといった失敗を防げる製品だ。

本体は約5gと軽量。耳を密閉しないためケーブルのタッチノイズなども感じにくい。ソニーの音響技術を活かした
高感度ドライバーユニットを使用している。ambieは、ベンチャーキャピタルのWiLとソニービデオ&サウンドプロダクツが共同出資して1月11日に作った会社だ。

価格は5940円。5色のカラバリが用意されている。販売はambieの自社ウェブサイトのほか、ロンハーマン、
蔦屋家電、la kagu、チャーリーバイスなど、コンセプト家電を扱っている店舗が中心となる。

2月9日に都内で開催された発表会もなかなか独創的なものだった。

 開会後、しばらくして記者に本体が配布され、スマホに接続して聴いてくださいと試聴タイムに。
普通だと「シーン」と静まり返った室内で、5分ぐらい難しい顔をした記者が音を聴き始めるのだが、ambieは音楽を聴きながらでも、説明を聞くことが可能。
 というわけで音楽を聴きながら、リラックスしながら聞いてくださいと発表会が進んでいく。こういう趣向はなかなか斬新だ。

装着方法は独特だ。音を聴くと、左右から後方に広がるような独特の開放感、音場感がある。耳の穴に入れないため、
音がぼやけるのではないかという心配もあるのだが、思った以上に情報量が多くしっかりとした音が鳴る。

 気になるのは音漏れだが、まったくないとは言えないが、先端のノズルを耳の穴のほうにきちんと向けると、
周囲の人には、鳴っているとはほとんど感じない程度だ。満員電車での利用はともかく、オフィスの自席程度であれば差支えないのではないのでは。

続きを読む

オーディオマニアの耳ってそんなに凄いのか?wwwwww

1: 2016/01/22(金) 22:52:41.40 BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
オヤイデは、スウェーデンEntreq(エントレック)のグランドボックスの新製品として、「Minimus」と
「Silver Minimus」を29日より発売する。アースケーブルでオーディオ機器と繋いで、電磁波の
不要輻射を低減するもので、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はMinimusが
50,000円前後、Silver Minimusが78,000円前後。特約店とオヤイデ電気の直売のみで販売する。

no title


背面のアースケーブル用端子とオーディオ機器のシャーシなどをアースケーブルで繋ぎ、グランド
電位を安定させて接続した機器の音質改善を図る。Entreqは、これまでに大型のグランドボックス
として「Tellus」(15万円前後)と最上位モデル「Silver Tellus」(34万円前後)を発売しており、
Minimus/Silver Minimusはヘッドフォンアンプやコンパクトなコンポなど、デスクトップオーディオ向け
という位置づけ。

no title


2製品の違いは内容物の分量。どちらも金、銀、銅、亜鉛、マグネシウムなどの金属と、誘電性の
鉱物の混合物(ミネラルミックス)を内蔵。Silver MinimusはMinimusに比べて銀を30%多く含むという。
いずれも電子回路は内蔵していない。

背面にターミナル×1を備え、2台のAV機器と接続可能。付属の1.8mアースケーブル(銀メッキ銅線)を
AV機器のシャーシのネジやアース端子に接続し、機器のグランドをグランドボックスに落とすことで
電磁波の不要輻射を抑え、機器のグランド電位の安定化も図るという。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160122_740267.html

続きを読む

【画像あり】耳を塞がないバンド型ヘッドホン登場! なにこれカッコイイ

1: 2015/10/20(火) 11:40:12.54 ●.net BE:887141976-PLT(16000) ポイント特典
ヘッドホンやイヤホンをいえば耳を塞ぐというのが大前提だったが、そんな概念を覆すような凄いヘッドホンが登場。
『BATBAND』という製品でKickstarterで資金調達を行っている。
目標金額15万ドルだったのに対して61万ドルも集まるという凄さ。149ドル以上支援するとこの『BATBAND』が貰えるというのだ。
もちろん日本への配送も可能で+15ドルとなる。
記者もこの『BATBAND』に早速資金提供。製品の配送は来年の4月を予定しているという。

このヘッドホンは骨伝導を使い音を伝えるもの。外部に音が聞こえづらい通常のヘッドホンと異なり、
外で使う際に音がシャットダウンされないので安全性にも優れている。なによりその見た目。
とてもヘッドホンとは思えないスッキリデザイン。カチューシャになってしまいそうだ。
実際にはカチューシャのように装着するのではなく頭の後ろにつけるようだ。

頭にスッと装着。見た目でわかるようにワイヤレスなのでBluetoothで接続することになる。
充電はUSBで行い、一度の充電で通話なら8時間、音楽なら6時間持つという。

『BATBAND』の左右にはそれぞれの機能を果たすボタンが付いており、左には電源のオン、オフ、通話などのボタン、
右にはボリューム調整や音楽巻き戻しなどが出来るスライドがついている。

見た目こそシンプルだが実にハイテクノロジーなヘッドホン。家に届くのは来年の4月ともう少し先だが届いたらレビューしたいと思う。

http://gogotsu.com/archives/12220
no title

no title

no title

続きを読む

【朗報】耳をふさがないイヤホンが発売

1: 2015/10/18(日) 20:06:12.91 ●.net BE:843246759-2BP(1000)
耳が“ふさがれない”イヤホン
2015年10月18日 11時31分

電車での通勤やランニングなど、移動しながらでも音楽を聴けるのがイヤホンのメリット。また、純粋に音楽を楽しむことに加えて、周囲の雑音が耳に入りにくくなるので、集中したいときに愛用している人も多いでしょう。

でも、耳をふさいで他の音をカットする」というイヤホンのメリットが、逆にデメリットになってしまうこともあります。
例えば、ジョギングするとき周囲の音がまったく聞こえないと、自動車や自転車の接近に気がつくのに遅れてしまい危険です。

そんな場面で活躍するのがシャープの『オープンイヤホン RG-H100』です。見た目は普通のネックバンド型イヤホンに見えますが、音が出るユニット部分が耳に密着せず、
耳との間に隙間があるのがポイント。この隙間のおかげで、イヤホンで音楽を聴きながら、周囲の音も耳に入ってきやすいのです。

隙間があることから周囲への音漏れが心配になりますが、このイヤホンは部品や構造を工夫することによって、音が一定の方向にだけ伝わりやすくしており、見た目から心配するほどには音漏れがしないのが特徴。

運動時に音楽があると捗るけど、同時に耳をふさいでしまうことに不安を感じていた人は少なくないはず。そんな経験のある方は、お試しあれ。
no title

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10720825/

続きを読む

カナル型のイヤホン耳に挿せるやつ・・・

08121
1: 2015/08/09(日) 00:53:20.001 et
羨ましいわ

ワイヤレスイヤホン欲しいのにカナル型が入らないっていうか平面じゃないと不愉快で付けれない

続きを読む

耳にぞわぞわっとくるような音楽を聴きたい

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/06(火)20:13:40 ID:MW7VEHRFe
立体音響っていうのかな
こうゆうのもっと聴いてみたい

続きを読む

イヤホンで音楽聞いてると音が耳につんざくときがあるんだが

1106_01
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05 03:48:34 ID:Dx/rxw/n0
ツとシとかチとか大きい声で歌われると
耳にキーって響く
うまく説明できないが

安いイヤホン使ってるせいか?

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=