星野源

星野源「恋」MV、YouTube再生数が1億回を突破

1: 2017/02/11(土) 12:10:44.83 _USER9
昨年放送のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(新垣結衣主演)の“恋ダンス”でブームを巻き起こした星野源の楽曲「恋」のミュージックビデオ(MV)が、10日までにYouTubeでの再生回数1億回を突破したことがわかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000305-oric-ent

2: 2017/02/11(土) 12:11:30.19
ガッキーすげー

続きを読む

「いろんなところを飛び回るぜ!」 星野源、5月から初全国アリーナツアー!

1: 2017/01/25(水) 07:20:12.87 _USER9
星野源が5月より初の全国アリーナツアー「星野源 LIVE TOUR 2017『Continues』」を開催する。

ツアーの開催については、昨日1月24日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで行われた単独公演「星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』」の2日目の公演で星野が自ら発表。彼はファンに向かって「あと4カ月でまた会えます! いろんなところを飛び回るぜ!」とうれしそうに口にした。

ツアーは5月21、22日の福岡・マリンメッセ福岡2DAYSを皮切りに、8月25、26日の愛知・日本ガイシホールまで9会場計18公演が行われる。チケットは4月15日に一斉発売開始。これに先駆けて星野のオフィシャルイヤーブック「YELLOW MAGAZINE 2016-2017」購入者が利用できるWebサービス「YELLOW PASS」では、2月17日18:00~27日18:00にチケットの先行予約申し込みを受け付ける。


星野源 LIVE TOUR 2017「Continues」
2017年5月21日(日)福岡県 マリンメッセ福岡
2017年5月22日(月)福岡県 マリンメッセ福岡
2017年5月27日(土)兵庫県 ワールド記念ホール
2017年5月28日(日)兵庫県 ワールド記念ホール
2017年6月10日(土)徳島県 アスティとくしま
2017年6月11日(日)徳島県 アスティとくしま
2017年6月17日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年6月18日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年6月30日(金)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2017年7月1日(土)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2017年7月8日(土)北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2017年7月9日(日)北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2017年7月22日(土)大阪府 大阪城ホール
2017年7月23日(日)大阪府 大阪城ホール
2017年8月5日(土)神奈川県 横浜アリーナ
2017年8月6日(日)神奈川県 横浜アリーナ
2017年8月25日(金)愛知県 日本ガイシホール
2017年8月26日(土)愛知県 日本ガイシホール

ソース
http://natalie.mu/music/news/218150
星野源「星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』」の様子。
no title

no title

no title

no title

続きを読む

星野源、「オールナイトニッポン」50周年記念ジングル制作

1: 2017/01/04(水) 04:14:24.71 _USER9
星野源がニッポン放送「オールナイトニッポン」の50周年記念ジングルを制作したことが発表された。

現在「オールナイトニッポン」の月曜日のパーソナリティを務めている星野。彼が手がけたジングルは昨日1月2日深夜よりオンエア中で、アップテンポやスローテンポのもの、ファンク調やメタルテイストのバージョンなど、さまざまなパターンが用意されている。ジングルは「オールナイトニッポン」の番組内で聴くことができるのでチェックしてみよう。

ソース
http://natalie.mu/music/news/215505

続きを読む

宇多田ヒカル、星野源、RADWIMPS、嵐、BABYMETAL…2016年彩った5作をプレイバック

1: 2016/12/27(火) 16:33:07.55 _USER9
アリシア・キーズ『ヒアー』、ボン・イヴェール『22、ア・ミリオン』をはじめ、数多くの傑作がリリースされた2016年のポップミュージック・シーンですが、ここ日本においても今年は20年に一度といっても過言でないほどの豊作の年でした。そこで今回は2016年を彩った話題作をプレイバックしたいと思います!

2016年の日本に音楽シーンにおける最大のトピックは、やはり宇多田ヒカルのカムバックだろう。前作『HEART STATION』以来、約8年半ぶりのフルアルバム『Fantome』。本人出演のCMソングに起用された「道」、椎名林檎とのデュエットが実現した「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」などアルバムに収録された新曲もすっかり浸透し、「完全にレベルが違う」「天賦の才能がさらに進化」と圧倒的な評価を獲得した。“幻”“気配”というタイトル通り、本作には目に見えないもの、存在しないものに対する思いが込められているわけだが、聴けば聴くほど“大切なものの不在”がじんわりと沁みてきて、悲しみと救いに同時に包まれるような感覚になるのだ。2017年はぜひライブを観たい。

ブラックミュージック、ブルース、ジャズに影響を受けながら、独自のポップスを形成してきた日本の音楽シーン。その延長線上にある、いちばん新しいスタイルが星野源の『YELLOW DANCER』だった。ブルーノ・マーズ、アラバマ・シェイクスといったアーティストとの親和性を感じさせるサウンドメイクに歌謡の伝統を受け継ぐ歌を乗せたこのアルバムによって、彼はセールス、クオリティ、評価のすべてにおいてに日本のトップ・アーティストになった……と思っていたら、2016年後半に「逃げ恥」と「恋ダンス」でとんでもないブームを作り上げてしまったのだった。音楽シーンを超えて、日本有数のエンターテイナーになった星野源。ほとんど全裸で舞台(『ウーマンリブ先生』)に立っていた10年前が懐かしい。

続きは以下
http://realsound.jp/2016/12/post-10739.html

続きを読む

星野源はなぜ“踊る”のか?

elevenplay01_1013
1: 2016/12/22(木) 09:18:27.29 _USER9
 最近の星野源は、よく踊る。

 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングの「恋ダンス」はもちろんのこと、自身が出演する「ウコンの力」のCM、『YELLOW DANCER』収録曲や「夢の外へ」「化物」のMV、そしてライブでも、星野源は踊っている。曲を作って歌って踊るーー今の星野源にとって、その3つの要素が音楽表現の軸となっている。

星野源「恋」(MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=jhOVibLEDhA



「恋」をはじめ、星野源のほとんどのダンスの振付を担当しているのは、PerfumeやBABYMETAL、そして今年8月に行われたリオオリンピック閉会式の『トーキョーショー』総合演出も手がけたコリオグラファーMIKIKO。3人組であるPerfumeとBABYMETALは、それぞれの動きはもちろん、3人の一糸乱れぬフォーメーションが、パフォーマンスの見どころとなっている。

 ダンス・ユニットがアートフォームとしての美しさを追求する一方、星野源が踊るダンスには、また違った魅力がある。もちろん、彼の動きにはキレがあるし、MIKIKO率いるダンスカンパニー・ELEVENPLAYの女性ダンサーも、指の先まで神経が行き届き、大胆さと繊細さが行き来するようなメリハリの効いた動きは完璧だ。しかし、星野源のダンスを見て沸き上がってくるのは、見とれてしまうような圧倒感ではなく、むしろ「自分も踊りたくなる」という、親しみやすさではないだろうか。

 「恋ダンス」は、上半身のチャーミングな動きと足元の簡単なステップで成り立っている。星野源やガッキーの様子からは踊ることの楽しさが溢れていて、TVの前でつい手の動きを真似したくなるようなキャッチーさがあるのだ。<夫婦を超えてゆけ/二人を超えてゆけ/一人を超えてゆけ>という、「恋」において最重要フレーズと言える部分も、指の動きによってしっかりと可視化されている。そして、彼らが踊るのは、非日常の特別なシーンではなく、“部屋”という日々暮らしを営んでいる場所。「SUN」のMVも前半では同じく部屋が、「時よ」のMVは駅のホームがそれぞれダンスの舞台となっていて、どちらも生活の一部がダンスホールとして演出されているのだ。星野源は、ダンスを特別なものとしてではなく、「誰もが、どんな場所でもできるもの」として、自らも踊ってみせた。

星野源「SUN」(MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=7gcCRAl58u4



星野源「時よ」(MUSIC VIDEO & Album Trailer)
https://www.youtube.com/watch?v=LGG8grKZhxY



星野源はミュージシャン活動と同時に、2000年過ぎから松尾スズキ主宰の「大人計画」に所属し、演劇人としても活躍してきた。当時は舞台を中心に、今年に入ってからはNHK大河ドラマ『真田丸』に出演し、『逃げ恥』では主演を務めた。演者としてもキャリアが長く、その実力も高く評価されている。今回の『逃げ恥』の津崎平匡役は、星野源の飾り気のない自然体な容姿と、コミカルな仕草や表情とが相まって、この3カ月間にわたってお茶の間を騒がせてきた。「演じる」という身体表現をもともと持っていたからこそ、星野源が音楽と共に踊るようになったのは、自然な流れだったように思う。

星野源が踊るときの基本スタイルは、セットアップのスーツだ。それは、彼がかねてから好きだったというクレイジーキャッツへの敬意も込めてのことだろう。クレイジーキャッツが1950~60年代にかけて音楽と演芸を同時に極めていたように、2016年の今、星野源はエンターテインメントの全方位において、その才能を発揮する存在となった。曲を作って、歌って、踊る。演じる。本を書く。バラエティ番組でトークをする。笑いをとる。こんなにもオールマイティにすべてをこなすアーティストは、これまでなかなかいなかった。

 昨年12月にリリースした『YELLOW DANCER』は、オリコンの週間アルバムランキングで1位をとり、売り上げは35万枚を超える大ヒットとなった。そしてその約1年後の今、「恋ダンス」の一大ブームが沸き起こっている。インタビューの中で、星野源は『YELLOW DANCER』の反響を受け、「自分の音楽趣味や自分が追求していたことを、ようやく受け入れてもらえたような感覚がある」と語っている(参考:星野源が語る“イエローミュージック”の新展開「自分が突き動かされる曲をつくりたい」)。自らが目指す理想像と、大衆が求める理想像が限りなく一致するという、とても健全な環境に身を置きながら、星野源は、2016年の終わりに新たなポップスター像を見せてくれた。

(文=若田悠希)

ソース
http://realsound.jp/2016/12/post-10644.html

続きを読む

【ビルボード】星野源「恋」、21.7万枚セールスの関ジャニを抑え、5冠で4度目のJAPAN HOT100総合首位獲得!

1: 2016/12/14(水) 16:16:13.31 _USER9
星野源「恋」の勢いが止まらない。今週はラジオ、ダウンロード、ストリーミング、Twitter、動画再生の5指標で1位を獲得、シングル・セールスも13位、ルックアップ2位と、全指標で高ポイントを維持し、一方の21.7万枚セールスによってシングルとルックアップで1位となった関ジャニ∞[エイト]「NOROSHI」もこの勢いを止めることが出来なかった。「恋」のTweet数は135,941ツイート、動画再生回数は11,422,650回と、両指標ともに2位以下に大差をつけての1位で、ラジオは先週4位から順位を上げて9週ぶりの1位返咲きとなっており、正に異例といえる大ヒットとなっている。

 先週からApple Music、AWA、LINE MUSICの実数の合算を開始したストリーミング指標。今週は星野源「恋」1位、上白石萌音「なんでもないや」2位、清水翔太「My Boo」3位となっており、特に映画『君の名は』の海外でのヒットを受ける形で、RADWIMPSとともに「なんでもないや」がデジタル関連指標での順位を上げる展開となっており、こちらも「前前前世」同様ロング・ヒットを続けている。

 Billboard JAPANイヤーエンド・チャート以外にも多くの年間ランキングが発表された週となったが、それらに上位に食い込んで注目されたSMAP「世界に一つだけの花」は、引き続きTwitterの3位以外にも、シングル・セールスでHi-STANDARD「You Can't Hurry Love」に次いで4位となっており、今年1年を通し上位を維持していて、こちらは2003年リリース以来の10年以上越しのリバイバル・ヒットとして、注目すべき動きといえるだろう。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「恋」星野源
2位「NOROSHI」関ジャニ∞[エイト]
3位「Coming Over」EXO
4位「二人セゾン」欅坂46
5位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
6位「世界に一つだけの花」SMAP
7位「You Can't Hurry Love」Hi-STANDARD
8位「前前前世」RADWIMPS
9位「ハッピーエンド」back number
10位「なんでもないや」RADWIMPS
11位「サヨナラの意味」乃木坂46
12位「FLY HIGH」B.A.P
13位「Dear Bride」西野カナ
14位「君への手紙」桑田佳祐
15位「Welcome to TOKYO」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
16位「にっかり妖かし数え唄」にっかり青江(間島淳司)と幽霊退治戦隊
17位「reunion」back numberと秦基博と小林武史
18位「夢のありか」ナオト・インティライミ
19位「STAY TUNE」Suchmos
20位「サマカニ!!」川島瑞樹(東山奈央),日野茜(赤崎千夏),堀裕子(鈴木絵理),上田鈴帆(春野ななみ),難波笑美(伊達朱里紗)

Bllboard Japan 12/14(水) 14:20配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00045390-exp-musi

続きを読む

【心配】星野源 過労による体調不良 音楽特番を欠席

1: 2016/11/29(火) 09:28:38.46 ID:CAP_USER9
歌手で俳優の星野源(36)が過労による体調不良のため、29日の日本テレビ「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2016」(後7・00)への出演を辞退することになった。
同日、自身のツイッターや番組公式サイトで発表された。

「過労による体調不良により、本日出演予定の『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2016』への星野源の出演を急きょ辞退することとなりました」と報告し
「楽しみにして下さっていたファンの皆様、ご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません」と謝罪。
「当日の判断で申し訳ありませんが、ご理解いただけますと幸いです」と呼び掛けた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12345905/
2016年11月29日 9時15分 スポニチアネックス

202: 2016/11/29(火) 11:02:08.51
>>1
虚弱体質かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

227: 2016/11/29(火) 11:17:18.85
>>1
またかよ

ラジオの時は同じ事務所のPerfumeに緊急代役やってもらって助かったが
あまり仕事に穴を開け過ぎると深刻な病気が理由でもマスコミに敬遠されるようになりそう

それもある程度は覚悟しての欠席なんだろうから仕方ないけどね

続きを読む

『逃げ恥』新垣結衣&星野源が踊る「恋ダンス」フルverが公開2日で280万再生突破!

w700_5648f33e26cfcabe723c80fad517d9a4b72c48cdb168c8c8
1: 2016/10/16(日) 11:55:01.96 _USER9
RO69(アールオーロック) 10月15日 20時41分配信

TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で、星野源が歌う主題歌“恋”にあわせ、
新垣結衣をはじめとするキャストが踊るエンディングシーンのフルバージョンが、
公開からわずか2日で280万再生を突破した。

「恋ダンス」の動画はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=qvgA332_A9E



なお、同ドラマは2014年4月に始まった「火曜ドラマ」としては初の平均視聴率
10.2%という2ケタでスタートした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00149997-rorock-musi

続きを読む

なぜ人気なのか理解できない三大音楽家「ナオト・インティライミ」「星野源」

1: 2016/10/12(水) 09:55:07.413
あとひとりは?

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=