山田孝之

山田孝之、フジファブリックの新曲にボーカルとして参加wwwwww

1: 2016/12/27(火) 18:04:23.16 _USER9
http://www.oricon.co.jp/news/2083717/full/
2016-12-27 17:00

 ロックバンド・フジファブリックの新曲「カンヌの休日 feat. 山田孝之」が、来年1月6日よりテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送開始されるドキュメンタリードラマ
『山田孝之のカンヌ映画祭』(毎週金曜 深0:52~1:23)のオープニングテーマに決定した。
曲タイトルからも明らかなように、主演俳優の山田孝之がボーカルで参加。フジファブリックの山内総一郎(Vo&G)と共に歌声を披露する。

同番組は、世界最高峰のカンヌ国際映画祭で「賞をとりたい」と言い出した山田が、映画監督の山下敦弘氏と映画制作に奔走するドキュメンタリードラマ。
オープニングテーマは山下監督と、もう一人の監督・松江哲明氏のリクエストにフジファブリックが応える形で制作された。

 何より注目は、カンヌ映画祭で賞を取った映画のタイトルで構成された歌詞。映画好きの人なら歓笑するに違いない。
疾走感にあふれ力強くパンチのあるサウンドは、番組の中で周りも気にせず猪突猛進に目的に向かって進んでいく山田の姿とリンクしている。

 来年2月15日発売のCDは、オープニングテーマのほか、叙情的なミディアムバラード「Here」と、「カンヌの休日」のフジファブリックバージョン、インストゥルメンタルの4曲入りで、
初回生産限定盤には「カンヌの休日 feat. 山田孝之」のミュージックビデオが付く。

 フジファブリックといえば、2009年に亡くなったメンバーの志村正彦さんが遺した「夜明けのBEAT」が、
2010年に同局系で放送されたドラマ『モテキ』の主題歌に起用されたこともあり、今回のコラボレーションも話題になりそうだ。

no title

続きを読む

赤西仁&山田孝之「JINTAKA」、まったく話題にならずに早くも解散宣言wwwwwww

1: 2016/10/04(火) 23:47:46.42 _USER9
オリコン 10月4日(火)20時44分配信

 歌手・赤西仁と俳優・山田孝之によるユニット「JINTAKA」が3日、
東京・豊洲PITでデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」(9月21日発売)の
リリース記念イベントを行い、1日2公演計5000人にデビュー曲を初披露
するとともに、まさかの解散宣言で場内は騒然となった。

 10代からの友人だった2人がユニット「JINTAKA」を結成したのは、赤西が
4月1日のエイプリルフールにスタジオで山田と2人で向かい合って歌う写真に
『本日発売 デビューシングル「Choo Choo SHITAIN」』のキャプションを添えて
インスタグラムに投稿したことがきっかけ。大きな反響を呼び、“ウソから出たマコト”で
現実となった。

 イベントは、デビュー曲「Choo Choo SHITAIN」の生パフォーマンスからスタート。
最初はDJブースでパフォーマンスしていたが、曲の後半ではステージ前方に出てきて
観客をあおり、ラストは2人の顔が急接近し、大盛り上がりとなった。

 トークコーナーでは赤西が「意外にもこういうステージで歌ったのは初めてなんだよね」と
話すと「そうですよ」と山田。赤西は「俳優だからとかシンガーだからとかではなくて、
歌いたければ歌えばいいし、演じたければ演じればいいし、エンターテインメントの
世界でやっているんだから、エンターテイナーであるべきだってことで一致したよね」と裏話を明かした。

 今後の展開に期待がふくらんだところで、「JINTAKAの今後の予定は?」と
質問されると、赤西は「えーと、解散します」とまさかの解散宣言。会場内から悲鳴のような
声が起こるなか、赤西は「2枚目のシングルどうするって時に、意見の違いもあって、
方向性の違いで解散したいと思いました」と説明した。

 この発言を受け、山田は「僕は続けたくて、“次のシングルはバラードがいい”って
言ったんですが、仁が“ロックがいい”って言って、意見の違いが出るってことは、
あってなかったってことだから、解散するしかないのかなって…」と“泣き”の演技で
ファンに胸中を訴えかけた。

 続けて「解散って重い言葉でとらえがちですが、前向きな解散ってことで」と赤西。
「JINTAKAは解散だけどね…」と山田が言えば、「俺らは先を見ているし」と赤西が続け、
今後に含みを持たせる言葉も飛びだした。

 10月8日に東京・代々木第一体育館で開催される『GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER』が、
JINTAKAのラストステージとなりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000362-oric-ent
画像
no title

no title

no title

no title

続きを読む

【動画】山田孝之、CMでの力強い歌声に反響の声続々「めちゃくちゃ上手い」

1: 名無しさん 2014/09/22(月) 14:30:05.24 ID:???0.net
【モデルプレス】俳優の山田孝之が披露した力強い歌声に、大きな反響が寄せられている。

山田は15日よりオンエアされているメンズシャンプー「MARO(マーロ)」の新CMに出演。
CM内で披露している力強い美声に、「めちゃくちゃ上手い!!」「さすがミュージカル舞台経験者!
歌も素晴らしい!」など絶賛の声が多く上がっている。

◆まるでミュージカル?抜群の存在感と歌唱力

今回山田が出演したのは、3D立毛ボリュームアップシリーズの「下敷きミュージカル」篇と、
薬用デオスカルプシリーズの「ポンプミュージカル」篇の2種類で、どちらもミュージカル
仕立ての一風変わったもの。

「下敷きミュージカル」篇は、グレーのスーツに身を包んだ山田が、勢いよくとある会議室の扉を開ける
カットからスタート。そこには、「髪を立たせるには下敷き!」と世の中に提唱し、一生懸命に下敷きで
髪を立たせている社員たちの姿が。

山田はそんな彼らに「髪が立つ 髪が立つ 昔下敷き 今シャンプー♪」と力強い歌声で革新的な
アイデアを提案する。

橋爪社長をはじめ社員たちは、半信半疑ながらも、下敷きを投げ捨て山田が勧めるシャンプーを
試すことに。すると、髪がふわっと立ち上がり、一気にボリュームアップ。そのままシャンプーを
片手に携え、颯爽と会議室を後にするという内容で、一度で実感できる驚異のボリュームアップ力を
アピールしている。

一方、「ポンプミュージカル」篇の舞台は、頭皮のアブラをポンプで吸い上げようとサラリーマンたちで溢れるエレベーターの中。

その中心で、「頭皮のアブラを ポンプで吸い上げる そうじゃなくて そこはシャンプー♪」と
高らかに歌い上げる山田が手に持つシャンプーに、サラリーマンたちの視線は釘づけ。

一斉にシャンプーを試し、頭皮アブラと男臭も一度でスッキリする爽快な洗い上がりに満足した
面々は、笑顔でエレベーターから出ていくという内容だ。

◆スタッフも絶賛、撮影時のエピソード

最大の魅力はやはり山田の自前の歌声。これまであまり歌声を披露することがなかった
山田だが、録音現場ではスタッフ一同その高い歌唱力に驚き、思わず聞き入ってしまったという。

山田もミュージカルのような同CMについて、「CMの撮影なのに舞台に立っているような
気分になったりして、刺激的な現場でした」とコメント。登場シーンを自ら提案したり、
全身の動きや表情など細かい部分まで監督と話し合って完成したといい、山田の役者としての
高い実力が発揮された仕上がりとなっている。

また、髪の毛を下敷きで立てたり、ポンプで吸うために濡らしたり、シャンプーで洗ったりと
髪型を何度も変えなければならなかったという大変な撮影も、出演者は皆楽しんでいたよう。
「下敷きミュージカル」篇で山田と共演した俳優の橋爪功も「こんなにバカげたことを
いい歳をした大人が一生懸命やっているのがいいよね!」と和気あいあいとした現場の様子を振り返った。

思わず笑ってしまうシュールなストーリーと、楽しげに同商品の魅力を歌い上げる山田の表情に注目だ。

http://mdpr.jp/news/detail/1417278
「下敷きミュージカル」篇の登場シーンで高らかに歌う山田孝之【モデルプレス】
no title


http://www.youtube.com/watch?v=vdl9e1-ooiw



http://www.youtube.com/watch?v=AnvnqF2eFMA


続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=