女性

女性ファンが皆無なバンドといえば?

1: 2017/01/07(土) 13:35:34.81 ID:I/ahVY0J0
エレカシ

続きを読む

【朗報】宇多田ヒカルが日本人女性ソロアーティストとして全米で初の快挙を成し遂げる

09303
1: 2016/09/29(木) 23:01:57.55 _USER9
 宇多田ヒカルのニューアルバム『Fantome』が国内外のチャートを賑わせている。

 国内では、iTunesをはじめ、mora、mu-mo、Amazon、ONKYOハイレゾのリアルタイムランキングにおいて5冠を達成。デイリーランキングにおいても全10サイトで1位を獲得した。

 また、iTunesアルバム総合ランキングでは、日本を含む世界31か国(地域)でランクイン。うち25か国(地域)でBEST20入り、18か国(地域)でTOP10入りを果たしている。全米では日本人女性ソロアーティストとして初の6位にランクインし、ヨーロッパでもフィンランドで1位の快挙となった。
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

◎各国(地域)ごとのチャート最高位(2016年9月29日現在)
#1 Japan
#1 Hong Kong
#1 Macau
#1 Philippines
#1 Singapore
#1 Malaysia
#1 Taiwan
#1 Vietnam
#1 Finland
#2 Indonesia / #1 (J-pop)
#2 Thailand / #1 (J-pop)
#4 Bahrain
#4 Hungary
#6 US
#6 Australia
#6 Spain
#8 Sweden
#9 New Zealand
#12 Brazil
#12 Canada
#12 France
#12 India
#14 Netherlands
#16 Norway
#17 United Kingdom

(以下ソースをお読み下さい)
dot 更新 2016/9/29 18:15)
https://dot.asahi.com/billboardnews/2016092900345.html

続きを読む

西野カナ、アルバムと女性心理を語る 「トリセツ」は“おばあちゃんの教え”から生まれた?

1: 2016/07/24(日) 09:42:59.89 _USER9
アルバム『Just LOVE』がオリコンランキング1位を獲得した西野カナ。
これまでで「いちばん等身大」だという作品について、じっくり語ってもらった。
いまや恋愛ソングのカリスマ的存在となった彼女。人気曲「トリセツ」が生まれた経緯や、
西野カナ流リサーチ術とは? 恋愛ソングを歌い続ける理由についても聞いた。

◆趣味の延長みたいな感じで作った曲がシングルになった

――約2年ぶりのオリジナルアルバム『Just LOVE』が7月13日にリリースされました。

(西野カナ)ちょうど、普段聴く音楽の趣味も変わっていた時期で、
そういう私の“今”がすごく反映されたアルバムになっています。
いつもストックがない状態で曲を作るので、年齢ごとに思うことも変わってきていて。
でも、6枚目にして、いちばん等身大なアルバムが出来たと思います。
サウンドに関しても生音がすごく多くなっていて、その分音数は少なめ。
最後にミックスする段階で加工もほとんどしていなくて、仕上がったものを聴いたときは、
我ながら、「うわっ!聴きやすい!」って思いました(笑)。

――生音で音数が少なめの曲を好むようになったのは、2年前にリリースした
カントリー調の「Darling」が一つの転機? 西野さんは10代から20代前半までは、
“好きな人に会いたい”っていう切なさを切り取ることが多かった印象だけれど、
歌詞的にも、「Darling」でカップルの関係性がぐっと深くなりましたよね。

(西野カナ)そうですね。「Darling」という曲自体、最初はカップリング予定だったんです。
当時はカントリーをよく聴いていたので、趣味の延長みたいな感じで作った曲がシングルになって、
いろんな人から「いいじゃん!」って言ってもらえた。以来、自分の中でのジャンルとして、
これからもっとこういうのを書いていきたいなと思い始めました。

◆おばあちゃんが「夫婦が上手くいくコツは、ものの言い方次第だよ」って

――「好き」「もしも運命の人がいるのなら」に続いて、昨年9月には「トリセツ」をリリース。
この曲は、社会現象になりました。

(西野カナ)「トリセツ」を作るときは、ただ“好きです”とか、“あなたのそばにいたい”
という気持ちを伝えるんじゃなくて、もっと女の子のリアルを表現したいなって思ったんです。
女の子の独り言の中に、ちょっとしたコミカルさや可愛さ、愛情表現としての嫌味っぽい部分とか……。
カップルの会話の中で、“言いたいことを可愛く言う”みたいな歌詞を書けたら面白いな、と思ったんです。
コンセプトが決まったら、男女問わず周りの人に「自分の取扱説明書を書いてください」ってアンケートをとって……。

――歌詞を書くときのために、普段、感じていることをメモしたりはするんですか?

(西野カナ)普通に生活をしながら、道を歩いていて歌詞が浮かぶ、みたいな方もいるかもしれないですけど、
そういう脳みそは私にはないんです(笑)。歌詞は、“さあ書きますよ!”ってなって、はじめて考える。
この次はどんな曲をリリースしようか、こんな曲をやってみたいね、ってことを決めたら、曲を選んで、
その曲のイメージを思い浮かべながら歌詞を書いていきます。
「トリセツ」に関しては、たくさん言葉を乗せたかったので、先に譜割りの細かい曲を作ってもらって。

>>2以降につづく)

no title

http://www.oricon.co.jp/special/49159/

続きを読む

ギターの弾き語りをする女性「ギタ女」が増えている

1: 2015/10/26(月) 09:08:12.96 ID:???*.net
ギターの弾き語りをする女性「ギター女子(ギタ女)」が群馬県内で増えている。
前橋や高崎市内の楽器店ではアコースティックギターを買い求める女性客の姿が目立ち、
路上ライブに立つ女性もいる。
ブームの背景には、ギターを手に自作曲を歌い、芸能界で活躍する女性歌手の存在が
あるとみられ、関係者は「ギタ女をきっかけに、音楽業界が盛り上がれば」と歓迎する

ギターを手に路上ライブを行う「きえ」さん=17日、JR高崎駅西口
no title

http://www.jomo-news.co.jp/ns/7914457876677681/news.html

続きを読む

ヘッドホン着ける女性は「音楽通ぶってる」→怒号wwwwwwww

0618_03
1: ばぐたMK-Ⅸφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/06/16(月)21:17:24 ID:???
???「ゴツい」イメージが強かったヘッドホンが、今女性の間で流行しているらしい。ヘッドホンを愛用している女性に対し、「ヘッドホン女子」という呼称まで生まれている。

???そんなヘッドホン女子がテレビ番組で特集されたのだが、「個性をアピールしている」「音楽通なフリをしている」などと言われ、ネット上では世のヘッドホン女子が「バカにしないで!」と怒りの声を上げている。

■「個性アピール」「一人でも楽しんでるアピール」ができる!?

???「ヘッドホン女子」を取り上げたのは、日本テレビ系の情報番組「ZIP!」内のコーナー「アレナニ?」2014年6月13日放送回でのことだ。

???博報堂ブランドデザイン 若者研究所リーダーの原田曜平さんの解説によると、家電量販店でのヘッドホンの販売状況は、09年度から13年度にかけて数量はさほど変わっていないが、販売額は2割ほど増えている。消費者の「高級ヘッドホン」志向が高まっているそうだ。

???人気の火付け役は「Beats by Dr. Dre」というメーカーで、レディー・ガガさんやジャスティン・ビーバーさん、サッカーのネイマール選手など、海外の有名人が愛用していることで、日本女性の間でもブームになったという。

???ZIP!出演陣の女性にもヘッドホン愛好者は多く、金曜日レギュラーの鈴木杏樹さんは「耳に入れる(イヤホン)よりヘッドホンの方がかわいいなっていうのはあります。あと、楽だし。首にかけたり頭に着けたり」。Beatsのヘッドホンを使っているというZIP!ファミリーの堀田茜さんは「Beatsは他のヘッドホンと比べてデザインがスマートでシンプル。ファッションにこなれ感が出る」と、各々良さを語っていた。

???原田さんは「ヘッドホン女子」について、「私オシャレです」という「個性をアピール」、今時の若者は同調志向が強いが「私一人でも楽しめる強い女の子です」という「一人でも楽しんでるアピール」、また「音楽通なフリができる」という理由でヘッドホンを愛用している、とまとめた。スタジオでは爆笑が起こり、女性陣からは「わかる!わかる!」と賛同されていた。

続く

JCAST
http://www.j-cast.com/s/2014/06/16207762.html

続きを読む

曲を聴くと元気になる女性ボーカル 3位ZARD 2位AKB48 1位は・・・?

0824_01
1: キングコングラリアット(東日本) 2013/08/20 07:44:09 ID:b/uU6Sip0
圧倒的多数で第1位に輝いたのは
《DREAMS COME TRUE》。
ボーカル吉田美和のソウルフルな歌声は、
私たちにパワーを与えてくれます。
今や日本を代表する実力派アーティストの
ドリカムは今年で結成24年目を迎えましたが、
二人がバンドを結成したきっかけは、
ベースの中村正人が一度音楽をあきらめて、
芸能界でマネージャーになろうとしていたのを
阻止するために吉田が提案したことだそうです。
2位は国民的アイドルとして勢いが止まらない
《AKB48》。
画面に向けられるメンバーの飛びっきりの笑顔に
癒されるのは、男性ファンばかりではないでしょう。
《AKB48》の第5回総選挙で1位を獲得した
指原莉乃がセンターを務める
新曲『恋するフォーチュンクッキー』は、
いつも以上に幅広い層に受け入れられそうな、
元気いっぱいのダンスナンバーです。
3位は今の30代前後にとって青春時代の
象徴のような存在の《ZARD》、
4位は特に10代、20代のハートを
がっちりと掴んでいる《西野カナ》が
選ばれました。

1位DREAMS COME TRUE
2位AKB48
3位ZARD
4位西野カナ
5位大黒摩季
6位プリンセスプリンセス
7位AI
8位渡辺美里
9位竹内まりや
10位広瀬香美
11位中島みゆき
12位松任谷由実
13位松田聖子
14位木村カエラ
15位MISIA

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20130819/Goorank_36595.html

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=