変わった

【ボカロ】高校の音楽教科書に「初音ミク」掲載

1: 2016/05/25(水) 21:22:25.85 _USER
http://web.r25.jp/web/cnt/00/177/291/98d5d89eb2069b662569558968aed043.jpg

サウンドクリエイターで、「初音ミク V3」公式デモ曲の作詞・作曲・編曲を手がけたきくお氏が Twitterで、「初音ミク」とともに高校1年生の教科書に掲載されたことを報告。ユーザーの間で話題になっている。

掲載されたのは教育芸術社が発行する平成29年度用の教科書「高校生の音楽1」。
初音ミクは「『サウンド』と『ヴォーカル』をテーマに、特徴的な作品とアーティストを紹介する」というコーナーで、高校生にも身近な“最近のポピュラー音楽”としてSEKAI NO OWARIとともに登場。
歌声合成技術の開発により、実際に人間の歌声を録音しなくても、パソコンだけで音楽を制作できるようになった例として、きくお feat. 初音ミクの「Six Greetings」が取り上げられているのだ。

no title


これについてきくお氏が、「わたくし、初音ミクと一緒に 来年の高校一年の音楽の教科書に載りました」とツイート。
ボーカロイドや初音ミクが一部の熱狂的なファンだけのものでなく、教科書に掲載されるという事態に、Twitter上には、

「ついにミクさんが学校の教科書に載るようになったのか
前はボカロ→オタク→キモい!みたいな風潮だったのに時代は変わった」
「ミクさんやボカロPさんが音楽の教科書に載るのか...
ボカロやDTMを全面に出した音楽が一ジャンルとして世間に認められつつあるということでしょうか」

と、初音ミクやDTM(デスクトップミュージック)に対する社会の捉え方が変わったことを実感する声があがるほか、

「Mステで二宮がKEMUさんの曲紹介するわ来年の高1の音楽の教科書にきくおさん&初音ミクが載るわニコニコ内では有名ボカロp新曲ラッシュだわ本当今年可笑しい」
「今どきの中学生は、歴史と理科をボカロ曲で覚えられる参考書が売ってるし、
今どきの高校生は音楽の教科書にミクが載ってるし……
何でもうちょっとだけ遅く生まれなかった……あるいは、もうちょっと早く、時代が追い付いてくれなかったのか」

など、芸能人がボカロ作品をテレビで紹介したり、『ボカロ曲で覚える中学歴史』『~中学理科』(ともに学研プラス)と題した参考書が発売されたりしていることも含め、いよいよ到来した“ボカロメジャー時代”を認識する人もいる。

高校の音楽の授業で、ボカロ曲を実際に作ってみることが当たり前、という時代も近い?

http://r25.jp/topic/00050815/


きくお Twitter
no title

続きを読む

購入から約9年でギターの音が変化したんだがwwwwww

031511
1: 2016/03/13(日) 10:39:40.212
急に鳴るようになった

続きを読む

音楽業界の崩壊って2000年辺りから始まったよな?

01093
1: 2016/01/09(土) 19:18:50.19 0.net
当時は世紀の変わり目だったからそういった独特な高揚感みたいなのがそう感じさせただけかと思ってたけど
今から思い返してみたらやっぱり違うんだよ。
あの頃はシングルもまだバカ売れしてたしオリコンチャートも賑わってたけど
2000~01年辺りでそれまでの音楽業界とは何か違った雰囲気になったというか
音楽界の空気が変わったというか上手く言えないんだが何だろう・・・何かが変わったと言うか・・・
今思えば邦楽崩壊のカウントダウンはあそこから始まっていたんじゃないかとさえ思う。
あの当時をリアルタイムで経験した人でこれに共感してくれる人って他にいないかな?

続きを読む

初期とは音楽性が全く変わったミュージシャンをガンガン挙げろ!!

1: 2015/12/30(水)13:43:52 ID:S1L
マッドカプセルマーケッツ

続きを読む

秋元康「小室哲哉が出てきて音楽業界が変わった」

11062
1: 2015/11/06(金) 15:06:49.74 .net
そんなに衝撃だったのか

続きを読む

オーディオ雑誌「WesternDigitalの赤いHDDを使ったら、音質が変わった!」 → バカ売れwwwww

10241
1: 2015/10/21(水) 22:28:13.67 BE:288887143-PLT(42051) ポイント特典
今回はNASに搭載するHDDの人気モデルを、水冷関連やNAS、
ネットワークオーディオに強いオリオスペックに聞いてみた。

 トップスリーはウエスタンデジタルのNAS向けHDD「WD Red」が独占している。
そこでNAS向けHDDの動向をオリオスペックで聞いてみた。

1位 Western Digital「WD10EFRX」(WD Redシリーズ)
(3.5インチ、1TB) 1万1664円
2位 Western Digital「WD20EFRX」(WD Redシリーズ)
(3.5インチ、2TB) 1万4904円
3位 Western Digital「WD30EFRX」(WD Redシリーズ)
(3.5インチ、3TB) 1万8144円
4位 HGST「0S03667」(Deskstar NASシリーズ)
(3.5インチ、4TB) 2万6784円
5位 Seagate「ST1000NM0033」(Capacity3.5シリーズ)
(3.5インチ、1TB) 1万7064円

 「『WD Red』シリーズは、価格と各社NASで動作チェックが行なわれているなどの
信頼性とのバランスが良いので、やっぱり人気がありますね。当店で購入される方は、
ネットワークオーディオ向けとして利用する人が多いので、容量的には1TBや2TBモデルが売れ筋です。
WD Redで音が変わった旨のレビューがオーディオ雑誌などに載ることも結構あるので、
指名買いの方も多いです。」

全文 http://ascii.jp/elem/000/001/068/1068610/

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=