レッチリ

ユニクロ「UT」にメタリカ、エアロ、レッチリ、ピストルズからキャピトル名盤まで登場

1: 2017/04/06(木) 17:35:06.95 _USER9
https://www.barks.jp/news/?id=1000140574
2017-04-06 17:21:08

ユニクロのTシャツブランド「UT」の2017年春夏コレクションに、高木完が監修を務める「DAYS OF SONGS」が登場した。
音楽をフィーチャーした同ラインからは、「キャピトル 75th」「ロック スクワッド」の2コレクションの販売がスタートしている。

「キャピトル 75th」は米キャピトルレコードの75周年を祝したコレクションで、同社からリリースされたマイルス・デイヴィス、ジーン・ヴィンセント、ビーチ・ボーイズ、ザ・ビートルズUS盤の代表作から厳選されたデザインを展開。
また、ウィメンズのロックTシャツコレクション「ロック スクワッド」では、エアロスミス、メタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、セックス・ピストルズの4バンドをフィーチャーし、
ビッグシルエットやノースリーブなども取り揃えたラインナップが展開される。
こだわりのボディとアーティストたちの世界観がマッチした、デイリーウェアにも取り入れて楽しみたい音楽ラインとなっている。

■ユニクロ「UT」DAYS OF SONGS 詳細
Days of Songs - Capitol 75th (各1,500円+税)
Days of Songs - Rock Squad (各1,500円+税)
2017年3月27日(月)より販売
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

BABYMETAL、ついにレッチリとステージで共演!海外メディア「怖いほどブリリアント」

1: 2016/12/17(土) 00:30:02.70 _USER9
■BABYMETAL、レッチリと共演

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーにオープニング・アクトとして同行していたBABYMETALが、水曜日(12月14日)マンチェスターで開かれた公演で、彼らと共演した。

◆BABYMETAL画像
no title


BABYMETALは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのパフォーマンス7曲目でステージに登場し、彼らと「Nobody Weird Like Me」をパフォーマンスしたそうだ。BABYMETALが同行したレッチリのUKツアーは12月5日にスタートし、水曜日のマンチェスター公演は6公演目だったが、彼らが共演するのはこれが初めてだった。翌日、同じくマンチェスターで開かれた最終公演では見られず、同ツアーで初にして唯一の競演となった。

Liveforlivemusic.comは、これを「怖いほどブリリアント」と評した。

BABYMETALは、次は2017年1月11日、メタリカのソウル公演のオープニング・アクトを務める。こちらでの共演も期待されている。

1.Intro Jam
2.Around the World
3.Otherside
4.Snow ((Hey Oh))
5.Dark Necessities
6.The Adventures of Rain Dance Maggie
7.Nobody Weird Like Me(with BABYMETAL)
8.Go Robot
9.Californication
10.Sick Love
11.Don't Forget Me
12.Aeroplane
13.Higher Ground(Stevie Wonder cover)
14.I Could Have Lied
15.By the Way
Encore:
16.Goodbye Angels
17.Give It Away

barks 2016-12-17 00:16:44
https://www.barks.jp/news/?id=1000136194

132: 2016/12/17(土) 02:14:32.97
>>1
アンソニー~

続きを読む

【比較動画】レッチリが「あるヒット曲でジミヘンの曲の一部を拝借した」と認める

10428678_10153197707863919_8440541270769613822_n
1: 2016/11/08(火) 17:27:53.46 _USER9
ロック界の帝王レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下レッチリ)は、2016年夏に開催されたフジロック・
フェスティバルで最終日のトリを務め、日本中をアツ~くロックさせていた。
日本でも絶大な人気を誇る彼らだが、「あるヒット曲で、ジミ・ヘンドリックス(以下ジミヘン)の曲を
一部を拝借した」と認めて話題になっているのだ。さて、ファンの皆さんは、一体どの曲のことだか
検討がつくだろうか!?

・レッチリのドラマーが大ヒット曲の秘話について語る!
米カリフォルニア州サンディエゴのラジオ局「Rock 105.3」の番組に、レッチリのドラマー、チャド・
スミスが出演してインタビューに応えた時のこと。
番組のDJが、レッチリのドキュメンタリー映画『Funky Monks』で、チャドがレッド・ツェッペリンの曲
「Dazed and Confused」を聞きながら、エアドラムをしていたシーンについて述べた。

・「ブレイキング・ザ・ガール」はジミヘンの曲の一部を拝借!!
その際にDJが、アルバム『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』の収録曲「ブレイキング・
ザ・ガール」に、ツェッペリンの影響を感じると指摘したのである。
するとチャドが、「それはツェッペリンではなく、ジミヘンの曲『マニック・デプレッション』とミッチ・
ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの元ドラマー)だよ」と答え、アッサリとジミヘンの
曲の一部を拝借したことを認めたのである!!

・2曲の類似点が分かる!?
そこで、筆者は2曲を聞き比べてみたのだが、曲自体が似ている訳ではないし、自分がミュージシャン
ではないので、ドラムのパートを聞いてもイマイチ類似点がつかめない。
時として、「〇〇の曲が、●●にソックリだ!」なんて言われることがあるが、類似点を指摘された側は、
大抵その事実を認めない。そう考えたら、チャドが「ジミヘンの曲のドラムパートを拝借した」と堂々と
認めるとは、かなり珍しいことだと言えそうだ。

読者の皆さんは、「ブレイキング・ザ・ガール」を聞いて、ドラムパートの類似点を聞き取れただろうか!? 
この世界には膨大な数の曲が存在しているだけに、意図せずとも、どこかで耳にしたフレーズや
ギターリフなどが、自分が作る曲に影響することがあってもおかしくはなさそうだ。

以下、ソース
http://rocketnews24.com/2016/11/07/820566/

Red Hot Chili Peppers - Breaking The Girl [Official Music Video]
https://www.youtube.com/watch?v=iyu04pqC8lE



The Jimi Hendrix Experience - Manic Depression
https://vimeo.com/167620642

続きを読む

【驚愕】BABYMETAL レッチリことRed Hot ChiliPeppersと一緒にUKツアーへwwwwwwwwwww

1: 2016/08/26(金) 18:18:34.60 0
AXS_UK / @AXS_UK 2016/8/26(金) 18:07
Red Hot @ChiliPeppers are heading out on a UK Tour with Special Guests @BABYMETAL_JAPAN !
http://www.axs.com/uk/series/3212/red-hot-chili-peppers-uk-tour-tickets
no title


まじで着々と世界レベル突き進んでるな

続きを読む

【悲報】レッチリ、空港でメタリカと間違えられるもサインに応じるwwwwww

1: 2016/07/11(月) 16:41:56.67 _USER9
no title


 レッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバーが、ベラルーシの空港で税関職員にメタリカと間違われるハプニングが起きたようだ。
気の良いレッチリのメンバー達は、間違いであることを指摘してからメタリカのグッズにサインしたという。

 2009年にメタリカがロックの殿堂入りした際にプレゼンターを務めたフリーは、「ベラルーシの空港で税関職員の事務所に連れていかれて、メタリカのCDと写真の山にサインを頼まれた。
俺たちはメタリカじゃないと説明したんだが、それでもどうしてもサインしろって言うんだ。
彼らには権力があるからね。メタリカは大好きだけど、俺はロバート・トゥルージロ(メタリカのベーシスト)じゃない」などとインスタグラムで報告。
サインをする様子を写した写真も投稿している。

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズは6月に最新アルバム『ザ・ゲッタウェイ』をリリースしており、現在は夏のフェスティバルをサーキット中だ。
7月9日のロシアはモスクワでの【Park Live Festival】に続き、現地時間10日にはスコットランドはパースシャーでの【T in the Park】に出演する。

no title


http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/39724/2

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=