ハイレゾオーディオ

ハイレゾオーディオにした結果wwwwwwwwwwww

1: 2017/07/08(土) 14:56:37.438 ID:AMjhrRlW0
思ったほど違いなくてワロタ

続きを読む

ハイレゾオーディオ、徐々に浸透 音源はアニソンが人気

121102
1: 名無しさん 2014/12/09(火) 01:51:22.74 ID:???0.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141208-00000086-san-bus_all
CDよりも高音質な音源「ハイレゾ」関連の商品が市場に本格投入されてから約1年がたち、実質的に初めての年末商戦を迎えた。
再生機やヘッドホンは低価格化が進み、対応した楽曲ソフトも一部の愛好家向けのクラシックやジャズからアニメソング、
演歌にも広がるなど一般的な消費者に浸透しつつあり、家電量販店の売り場をにぎわしている。(織田淳嗣)

 ■あふれる臨場感
 ハイレゾとはハイレゾリューション(高解像度)の略。ソニーによると、ある曲を収録するとき、
CDでは1秒あたりの音を4万4100個に刻んだものをつなぎあわせ、音の強弱を2の16乗
(6万5536=16ビット)のレベルでつけている。デジタル化にはこうした「刻む」処理が必要で、原音に比べてCDの音は粗くなるという。

 これに対しハイレゾはさらに細かく、1秒あたりの音を19万2千個に刻んでつなげ、
音の強弱は2の24乗(1677万7216=24ビット)のレベルでつけている。データの量はCDの約6・5倍で、
原音により近い音を再生できる。

 記者(織田)がハイレゾ対応の楽曲を試聴すると、たとえばシンバルの音が揺れながら減衰していく様子や、
たたき方による音の変化が生々しく伝わってきた。目の前で演奏が行われているような臨場感がある。

 USBメモリータイプなどプレーヤーの多くは数年前まで記憶容量が小さく、持ち運びできる音源のほとんどが
「MP3」と呼ばれる形式でCDよりもさらに圧縮されており、臨場感に乏しかった。ここ最近のメモリー容量の増加、
低価格化、圧縮技術の発達がハイレゾ音源の持ち運びを可能にした。
(続きはURL)

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=