ギネス認定

【朗報】「題名のない音楽会」2500回ギネス認定!

1: 2017/04/23(日) 10:59:06.08 _USER9
テレビ朝日系で1964年から続く音楽番組「題名のない音楽会」(日曜・前9時)。

クラシック界の第一人者だった黛敏郎さんが始め、2009年には「世界一長寿のクラシック音楽番組」としてギネス認定。
今年3月には放送2500回を達成した。題名がないが故の独自の視点、高いクオリティー…。半世紀以上にわたって愛される長寿番組の秘密を探った。

日曜早朝のテレビ朝日。キュウレンジャー、仮面ライダー、プリキュアと子供たち向けの時間帯の後、局で一番の長寿番組「題名のない音楽会」が始まる。

同番組は64年8月、黛さんがオーケストラと異ジャンルの音楽との融合を目指し「ゴールデン・ポップス・コンサート」として東京12チャンネル(現・テレビ東京)で始まった。
その後、同局の経営難により、番組は66年に日本教育テレビ(現・テレビ朝日)へ。

スポンサーの出光興産が番組の趣旨に強く賛同していたことから、司会者・スタッフはそのままという異例の移籍が実現。タイトル「題名―」は黛さんが名付けた。

「あなたは音楽が嫌いですか? 退屈ですか? 難しいですか? 音楽なんかなくたって人生は成立すると考えますか? 
もしあなたがそう思っているなら、あなたはこの番組を見る資格があります。私たちの番組はそうした人たちにささげる番組です」。黛さんが掲げたキャッチフレーズだ。

オーケストラの演奏でクラシックやポップスなど、音楽をさまざまな人に楽しんでもらう。このコンセプトは97年に黛さんが亡くなった後も守られている。

放送回ごとにテーマと曲目を決めて東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などが演奏する。
00年から番組プロデューサーとディレクターも務める鬼久保美帆さん(46)は「『題名のない』というのは、要するにどんなテーマでもやることです」と語る。

番組の放送時間は30分だが、準備は1年以上。データ編集もあり、収録は放送日の1か月前。オーケストラの練習時間を考え、その1か月前には番組用にアレンジされた楽譜を渡す。
さらに大きなホールなどの会場は1年前から押さえ、オーケストラの予約は1年以上前に行う。

テーマを考えるのも年単位。今月9日に放送された「ディズニーを支える作曲家の音楽会」は、15年11月、ディズニーを特集した「プリンセスの音楽会」を放送する際の打ち合わせで
「実は1年半後に映画『美女と野獣』の公開が」という情報が入ったところから始まった。企画は常に10本近くが同時進行している。

打ち合わせは週に1回。約15人のスタッフで行う。「この曲をやろう」「どんな切り口が」「音楽に興味がない人でも分かりやすいか」。
テーマ決めから、企画の進行状況まで2時間かける。鬼久保さんは「テーマ、内容は難しくてもいけないし、簡単すぎても失礼になる」とバランスの難しさを口にする。

演奏も大がかり。1回の放送分で45分を収録。収録日には2回分を撮る。リハーサルは本番の2倍の時間をかけるため、前日から行う。
当日のスタッフは音響や7台分カメラマン、アシスタント、送迎の運転手など100人以上が稼働。弁当は200個発注する。

収録が終わったら編集作業。リハーサルの音と比べて細かい修正を行う。鬼久保さんは「テレビの映像はずっと残る。2回分の編集をするのに丸3日かかる」。どこまでも妥協を許さない。

出光興産という強力なスポンサーがついている。だからこそ高いクオリティーを死守する。鬼久保さんも「そこが命だと思っています」と力を込める。
3月5日にはクラシック音楽番組としては前人未到の2500回を達成した。現時点での目標は「3000回です」(同)。さまざまな人にいい音楽を―。黛さんの魂は受け継がれていく。

スポーツ報知 4/23(日) 10:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000224-sph-ent

写真
no title

続きを読む

【朗報】すぎやまこういち、84歳292日で「最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」としてギネス認定

09072
1: 2016/09/05(月) 12:00:44.83 _USER
現在開発中の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でも作曲を担当しています。
[宮澤諒,ねとらぼ]


 「ドラゴンクエスト」シリーズなどを手掛けてきた作曲家のすぎやまこういちさんが、84歳292日で「The oldest videogame music composer(最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家)」として、ギネス世界記録に認定されました(2016年1月28日時点)。

(写真)
ギネス世界記録に認定されたすぎやまこういちさん

 すぎやまさんは1931年生まれ。大学卒業後、文化放送を経て1958年に開局1年前のフジテレビに入社。ディレクターとして「ザ・ヒットパレード」などの番組を手掛ける傍ら、ガロの「学生街の喫茶店」や
ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」、ヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」といった名曲を生み出しました。
ドラクエシリーズは1986年発売のIから関わり、現在開発中のシリーズ最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でも作曲を担当しています。

 今回のギネス記録は9月8日発売の書籍「ギネス世界記録2017」(角川アスキー総合研究所)に掲載予定。
さらに、ニコニコ生放送では、9月3日に東京芸術劇場コンサートホールで開催された「第30回ファミリークラシックコンサート~ドラゴンクエストの世界~」を1500ポイント(税込1500円)で配信中。
番組では、コンサートの中で行われたギネス世界記録の認定証授与式の様子も見られます。

(写真)
認定証授与のシーン

(写真)
指揮棒を振るすぎやまこういちさん

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/05/news077.html

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=