1: 2017/07/05(水) 00:47:00.502 ID:31yLWUR20
前々から中古とかで揃えていったけど、どうかな?

3: 2017/07/05(水) 00:47:25.773
いいね

4: 2017/07/05(水) 00:47:40.407
(どうでも)いいね

5: 2017/07/05(水) 00:48:23.055 ID:31yLWUR20
取り敢えず、オーディオの方を簡単にまとめてみた
まあ、見ればバブル期のオーディオで構成されているのが分かると思う

【ラジオチューナー】
SONY ST-S222ESX
・86年に発売された入門機だが、基本的な性能は押さえられているので割りかし良い感じ
(定価:3万7000円)

【CDプレーヤー】
SONY CDP-510
・86年に発売された入門機で、性能はESXシリーズなどの上位機に比べると貧弱だが軽く楽しむ分には問題ない
(定価:4万9800円)

【カセットデッキ】
SONY TC-WR750
・87年に発売されたダブルデッキで、オートリバースやブランクスキップなどの機能が備わった使えるデッキ
(定価:5万9800円)

【AVセレクター】
SONY AVH-910
・87年に発売されたセレクターでサラウンド機能が付いた奴だったりする
でも、情報が殆どないので詳しい事は分からない

【アクティブスピーカー】
SONY SRS-200
・87年か88年に発売されたアクティブスピーカーだが、ウーファーが付いている上に分離出来る奴だったりするので気に入っている

no title

続きを読む