ボーカル/歌関連

バンドのボーカルって何気にメンバーで一番大変じゃね?

1: 2017/02/16(木) 15:40:05.356 ID:A6kqJbgu0
活動が活発なバンドだと大体周一でライブやって、およそ1回のライブで2時間半以上は歌いまくって、
その前日にリハーサルで数時間歌ってライブ後の打ち上げで酒飲んで、その合間にボイトレも通って、
ってやってるとどうやって喉壊さずにいられるのか不思議でならんのだけどなんで?

続きを読む

完璧にミックスボイス出せるんだけど一曲フルで音程取るほど保たなくて90点超えない

1: 2017/01/25(水) 00:13:48.65 ID:NyJVwC3x0
ミックスは自他共に認める、多分ほぼ完璧にできてる
ヘッドなのかミックスなのか音域はもうわからんがミックスの感じで高音出せば
愛をこめて花束を、を元キーで届く

抑揚とやらが重要だと聞いて意識すると音程正解率が低いんだけど
どうしたら高得点取れるようになるの?

続きを読む

気味の悪いハイトーンボーカルの曲教えてください!!

1: 2017/01/15(日) 23:29:54.676 ID:s9QepI760
邦楽の男ボーカルでお願い

続きを読む

そろそろ男性シンガーソングライターのブームが来てもいい頃だと思う

1: 2017/01/08(日) 20:56:44.160 ID:6LcTwCwB0
ちょっと前のギタ女ブームみたいな感じまでには持っていきたいね

続きを読む

歌が上手い人って声が楽器になってるよな・・・

1: 2016/12/06(火) 09:14:46.081 ID:AC8/idi70
歌が上手い人は声楽器

続きを読む

カラオケで”最初に歌う曲”と”一番得意な曲”を教えてクレメンス

1: 2016/12/10(土)17:56:55
カラオケシーズンやから参考にさせてほしい

続きを読む

「声質はガチで唯一無二やろ」と思うバンドのボーカル

1: 2016/11/12(土) 16:56:06.81
藍坊主のhozzy

2: 2016/11/12(土) 16:56:29.69
ミスチル

3: 2016/11/12(土) 16:56:48.71
BURGERの門田

続きを読む

バンドのボーカルって一番才能も努力もいらないのに一番目立つとかゴミカスかよ

1: 2016/11/11(金) 07:36:18.126
生きてる価値ねえな

続きを読む

人気バンドのボーカル不細工ばかりでワロタwwwwwwww

1: 2016/11/07(月) 23:22:29.087 ID:xhWCyjAH0
ラッド(笑)
バンプ(笑)
ゲス極(笑)
セカオワ(笑)
カナブン(笑)

続きを読む

広瀬香美の「ロマンスの神様」がさらに半音高くなったwwwwww

1: 2016/11/02(水) 16:55:12.84 _USER9
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161102-OHT1T50082.html
2016年11月2日11時24分 スポーツ報知

2日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金・前9時50分)では、「この季節、聞きたい曲」として、広瀬香美(50)の「ロマンスの神様」を紹介した。

 高音で有名な1993年の名曲が、今年、「ロマンスの神様2016」としてリリースされた。
聞き比べて見ると、2016バージョンの方が半音高くなっている。番組では広瀬をインタビュー。
半音上がったことについて「得意だからこそ、どれだけ頑張ったら伸びるか。自分でも限界を知ってみたいということになり、ライブでちょっとずつ、お披露目していた」と広瀬。
2年たってようやく安定して歌えるようになったことで、レコーディングにこぎ着けたという。あとどれぐらい上げられるかという質問には「もう1個も上げられないです。これが私の最高音です」と限界を認めた。

 「カラオケで歌いにくい名曲」と呼ばれる歌がさらに難しくなったことになる。
番組では高音の声優・金田朋子(43)に歌わせてみたが、はちゃめちゃで「高ければいいというわけではない」という結論に終わった。

続きを読む

【朗報】宇多田ヒカルが日本人女性ソロアーティストとして全米で初の快挙を成し遂げる

09303
1: 2016/09/29(木) 23:01:57.55 _USER9
 宇多田ヒカルのニューアルバム『Fantome』が国内外のチャートを賑わせている。

 国内では、iTunesをはじめ、mora、mu-mo、Amazon、ONKYOハイレゾのリアルタイムランキングにおいて5冠を達成。デイリーランキングにおいても全10サイトで1位を獲得した。

 また、iTunesアルバム総合ランキングでは、日本を含む世界31か国(地域)でランクイン。うち25か国(地域)でBEST20入り、18か国(地域)でTOP10入りを果たしている。全米では日本人女性ソロアーティストとして初の6位にランクインし、ヨーロッパでもフィンランドで1位の快挙となった。
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

◎各国(地域)ごとのチャート最高位(2016年9月29日現在)
#1 Japan
#1 Hong Kong
#1 Macau
#1 Philippines
#1 Singapore
#1 Malaysia
#1 Taiwan
#1 Vietnam
#1 Finland
#2 Indonesia / #1 (J-pop)
#2 Thailand / #1 (J-pop)
#4 Bahrain
#4 Hungary
#6 US
#6 Australia
#6 Spain
#8 Sweden
#9 New Zealand
#12 Brazil
#12 Canada
#12 France
#12 India
#14 Netherlands
#16 Norway
#17 United Kingdom

(以下ソースをお読み下さい)
dot 更新 2016/9/29 18:15)
https://dot.asahi.com/billboardnews/2016092900345.html

続きを読む

【速報】BABYMETALが、まさかのアニメ化wwwwwwww

1: 2016/09/29(木) 22:07:46.71 _USER9
メタルダンスユニットBABYMETALのオリジナルアニメーションが、アメリカで製作されるとわかった。

これは現地時間9月28日に、ワーナー・ブラザースアニメーションの代表取締役社長で、ワーナーデジタルシリーズを統括するサム・レジスターが明かしたもの。

実写とアニメを融合した短編シリーズとして進行中の同作は、ワーナー・ブラザースのデジタルスタジオであるブルー・リボン・コンテントが制作を担当。
BABYMETALのプロデューサーであるKOBAMETALことKey Kobayashiも製作に参加する。

本作の舞台は、ヘヴィメタル音楽が危機に陥った魔法の世界。
そこで唯一神の“キツネ様”が、世の中を救うために戦士たちのバンドBABYMETALを結成させる、というストーリーが展開する。
BABYMETALのSU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALは、秘密の入り口を通ってアニメの世界へ入り込む。
劇中には、新しく撮影した彼女たちの実写パフォーマンス映像も使用されるという。

レジスターは「BABYMETALは百聞に一見にしかずのグループ。3人の才能あるティーンエイジのスターが、ポップなボーカルとヘヴィメタル音楽、そしてダンスの振り付けの組み合わせに命を吹き込むんだ。ブルー・リボン・コンテントには彼女たちのファンが大勢いる。このデジタルシリーズによって、アメリカのオーディエンスにBABYMETAL現象をもたらす手助けができることに、とても興奮しているよ」とコメント。

また彼女たちが所属するアミューズの代表取締役社長・畠中達郎は「BABYMETALに興味を持っていただき、ワーナー・ブラザースとブルー・リボン・コンテントに感謝します。サムや彼のチームとともにこのプロジェクトに取り組めることを楽しみにしています。そして皆さんに完成作品を楽しんでいただけるよう願っています」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000032-nataliee-movi
映画ナタリー

BABYMETAL
no title



続きを読む

ベン・E・キングの名曲は「スタンド・バイ・ミー」だけじゃないらしい・・・

1: 2016/09/28(水) 21:11:38.51 _USER9
R&Bレジェンド、ベン・E・キングの輝かしいキャリアにちりばめられた、
忘れられた宝物とも言える名曲を振り返る。

故ベン・E・キングの一般的なイメージといえば、ドリフターズの
「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」と「ラストダンスは私に」、
そして自身のソロヒット曲「スタンド・バイ・ミー」「スパニッシュ・ハーレム」など、
1960年ごろの数曲にいきづいているのだが、これらの曲以外にはあまりピンとこない。

しかし実は彼は、60年代・70年代にまたがって大成功したヒットメーカーであり、
20曲以上のシングルをポップチャートとR&Bチャートに送り込んでいるのだ。
今回はそんな彼の、忘れられた宝石を紹介しよう。


・ドリフターズ「アイ・カウント・ザ・ティアーズ」(1961年)

・「ヤング・ボーイ・ブルース」(1961年)

・「ザ・レコード」(1965年)

・ソウル・クラン「ソウル・ミーティング」(1968年)

・「ティル・アイ・キャント・テイク・イット・エニイモア」(1969年)

・「スーパー・ナチュラル・シング」(1975年)

・アヴェレージ・ホワイト・バンド & ベン・E・キング「恋は幻」(1977年)


※各曲解説は省略
Translation by Kuniaki Takahashi
DOUGLAS WOLK


no title

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160925-00025379-rollingsj-musi

続きを読む

作曲能力高いのになぜか歌下手な人いるよな?wwwwwww

09273
1: 2016/09/27(火) 09:52:56.96 0
小室鉄矢とか

続きを読む

【悲報】ベビメタの高額68000円ギターがバカ売れしてるんたがww

1: 2016/09/24(土) 22:44:24.58 0
ヒロ☆9/25 ましゃ東京ドーム☆ / @MONSIEURTAKEO 2016/9/24(土) 17:11
MINIは1,500本突破したそうです!!ฅ^•ﻌ•^ฅ
凄い驚異的な受注本数DEATH!!

#BABYMETAL
no title

no title

no title

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=