スピーカー

【製品】フェンダー、ギターアンプに見えるBluetoothスピーカー。スイッチ類にもこだわり

1: 2017/07/19(水) 13:36:32.84 _USER
 フェンダーミュージックは、ギターアンプのようなデザインのBluetoothスピーカー2機種を7月24日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「MONTEREY-BLACK」が44,800円前後、「NEWPORT-BLACK」が24,800円前後。
no title


 「MONTEREY」は、同社68’Customアンプシリーズのデザインにインスパイアされたデザインで、ドライバユニット保護用グリルから、Witch-hatノブ、パワースイッチ、製品ラベルなどに、そうした要素が込められている。特定のギターアンプのデザインを再現したものではなく、また、ギターアンプとしての機能は無い。
no title


 「NEWPORT」も、南カリフォルニアのフェンダー本社の製品開発チームがデザイン・設計に携わり、同社ギターアンプの系譜に合わせてデザイン。Witch-hatノブやパワースイッチなど、細部までこだわっている。

 さらに、電源を入れた時や、Bluetoothのペアリングをした時にはギターのサウンドが鳴るようになっている。

どちらもBluetooth 4.2に準拠し、コーデックはaptX、AAC、SBCに対応。プロファイルは、MONTEREYがA2DPに対応。NEWPORTはマイクも搭載しており、HSP、HFP、A2DPをサポートする。

 両モデルとも、ステレオミニのアナログ音声入力を備え、Bluetooth非対応の機器とも接続可能。MONTEREYはRCAのアナログ入力も備えている。

ユニットの構成は、MONTEREYがウーファ×2基、ツイータ×2基、NEWPORTがフルレンジ×2基、ツイータ×1基。最大出力と再生周波数帯域は、MONTEREYが120Wで20Hz~20kHz、NEWPORTが30Wで80Hz~20kHz。

 NEWPORTはバッテリも搭載しており、3時間の充電で最大12時間の再生が可能。バッテリ容量は5,200mAhで、スマートフォンなどの他の機器をスピーカーから充電する事もできる。

 外形寸法と重量は、MONTEREYが340×132×242mm(幅×奥行き×高さ)で6.8kg、NEWPORTが183×75×133mm(同)で、1.5kg。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1070992.html

続きを読む

【スマートスピーカー】LINE、「スマホの次」模索…AIスピーカー「Wave」の先行体験版を原価割れの1万円で販売

1: 2017/07/16(日) 21:05:37.28 _USER
[東京 14日 ロイター] - LINE(3938.T)は「スマートフォンの次」を見据え、人工知能(AI)プラットフォームを搭載したスマートスピーカーの予約販売を14日に始めた。
インターネットへの「入り口」をスマホ以外に展開し、業容の拡大を目指す。だが、この分野は競争が激しいうえに、先行投資への懸念もくすぶる。

日米での上場から1年が経過したが、市場の業績に対する反応は鈍く、早くも岐路に立たされているとの指摘も出ている。

<ポスト・スマホ>

LINEは14日、スマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」の予約販売を始めた。
ウェーブはクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を搭載、音声操作で「LINE MUSIC」が提供する約4000万曲の楽曲を再生したり、ニュースや天気などの情報を聞いたりできるのが特徴だ。

LINEがクラウドAIプラットフォームに注力するのは「スマートフォンの次」をにらんでいるためだ。
すべてのものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)の時代には、インターネットへの入り口はスマホやパソコンだけにとどまらない。

「ポストスマートフォン時代の中核サービスとしてクローバの開発を進めている」──。LINEの出澤剛社長は6月15日、都内で開催した事業戦略説明会でこう強調した。
パソコンからスマホへの移行では、対応が遅れたIT企業は急速に競争力を失っていった。
「スマホシフトの際に、脱落した会社を数多く見てきた。その意味で、危機感はすごくある」(関係者)という。

LINEが描くシナリオ通りに進めば、これまでスマホに閉じていたLINEのプラットフォームは、AIスピーカーで自宅に入り込み、トヨタ自動車(7203.T)との提携で自動車にも拡大。
ファミリーマートと伊藤忠商事(8001.T)との提携でコンビニエンスストアでも活用されることになる。

出澤社長は「いままで以上にすべてがLINEでつながる世界を作る」と意気込んだ。関係者によると、ウェーブの製造原価は約1万3000円。
それを、14日に予約を始めた先行体験版では原価割れの1万円で販売する。


<中略>


<説明不足>

LINEはこの1年間、シェアがトップの日本、台湾、タイで足固めをするとともに、将来に向けた種まきを続けてきた。

だが、市場から聞こえてくるのは、先行投資への不安だ。「目指す方向性は間違っていないと思うが、投資に見合ったリターンが得られるかどうかは不透明」(外資系証券)。たとえばAIスピーカーは参入が相次いでおり、競争激化は避けられそうにない。

上場後からこれまで決算発表は4回あったが、上場直後を除く3回は発表翌日に株価が急落。市場の期待に応えられずに、失望売りを誘うというのが四半期ごとの風物詩となっている。

同社はモバイルアプリケーション市場について、不確実性が大きいとして業績予想を開示していない。注力している「LINEモバイル」事業も契約者数など基本的な数値を開示しておらず、投資家はその成長性を見極められずにいる。

こうした後ろ向きの情報開示姿勢も、四半期ごとに期待と失望を繰り返す背景にある。

三木証券・投資情報部課長、北澤淳氏はLINEの株価について「海外事業や日本のマネタイズに関する部分が期待に追いついていない」との見方を示した。期待と現実のかい離は説明不足から生じる。
投資家の不安を払しょくするには、「期待」を裏付ける成長に向けた具体的な道筋について、より丁寧に説明していくしかない。


全文はリンク先で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN19Z0Y8

続きを読む

パソコンスピーカー届いた(´・ω・`) ※画像あり

1: 2017/07/13(木) 13:32:40.499 ID:XpVF0zP50
no title

1500円なり(´・ω・`)ロックにいくぜーー!アニソンだけど

続きを読む

アンプとスピーカー届いたので設置する ※画像あり

1: 2017/07/09(日)12:53:44 ID:OtL
楽しみ

続きを読む

ソニーのこのスピーカーで久々に音楽聞いてるんだけど音良すぎワロタwwwwww

1: 2017/06/28(水) 20:28:39.618 ID:dFsaOgeM0
no title


もう何年も前の機種で今でてる四角いのはもっと音いいの知ってる
でも俺にはこれで充分すごいんや…いい低音出るんや…

続きを読む

【AI】LINE、スマートスピーカー「WAVE」発表

1: 2017/06/15(木) 18:25:23.14 _USER
no title

LINEは15日、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」と、対応のスマートスピーカー「WAVE」を初披露した。価格は15,000円で、今秋発売する。機能限定の先行販売版は、1万円で夏に販売する。

 Clovaは、同社が「スマートフォン以降のAI時代」を目指して、展開するクラウドAIプラットフォーム。Clovaの中核は、「Clova Interface」と「Clova Brain」の2つで構成。「Clova Interface」は人の耳と口にあたり、「Clova Voice」は、音声認識/音声合成などを行なう。目にあたる「Clova Vision」は、画像認識や顔認識などの感覚機器に相当するという。

 頭脳となるシステム「Clova Brain」は、NLU(自然言語理解)や、Dialog Managerなどで構成される「Clova Conversation」を中心に、自然な言語翻訳処理を行なうNMT(Neural Machine Translation)、ドキュメントやコンテンツなどを推薦するRecommendation Engineなどで構成。「使えば使うほど、ユーザーに最適化されていく」という。

 Clovaの第1弾となるWAVEはBluetooth/無線LANスピーカーで、クラウドAIを用いて、ユーザーと対話しながら、操作できる。2.5インチ20Wウーファと、1.5Wツィータを搭載。4,000万曲から好きな曲を再生できるという。無線LANはIEEE 802.11b/g/n対応。

プロセッサはQualcomm APQ8009 1.3GHz。音声認識用にコネクサントのマイクを4基内蔵している。「5m離れた距離からも正確に会話を認識できる」という。2,000以上のテレビのコントロールにも対応。エアコンのコントロールも今後対応するなど、スマートホーム機能を強化する。LINEニュースの読み上げや、LINEの通知やコミュニケーション、スケジュール管理などにも利用できる。

 さらに、LINEのキャラクターを使った「CHAMP」などスマートスピーカーのバリエーション展開も予定し、冬に発売予定。加えて、ディスプレイ付きの「FACE」も発売する。加えて、ウェアラブル向けのClova展開も予定しているという。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1065500.html

続きを読む

【悲報】Appleさんが満を持して発表したスピーカー「HomePod」話題にならないwwwwww

kf_siri_04
1: 2017/06/06(火) 19:38:00.91 ID:AOT7n+uo00606
悲しいなあ

続きを読む

家のスピーカーがBluetoothで勝手にどこかに接続されて大音量でアニソン流されてたんだけど!!!

1: 2017/05/26(金) 17:04:26.755 ID:d8AQYP050
これ逆探知できる?

続きを読む

お前らのスピーカーWW

1: 2017/05/24(水) 19:13:26.036
WW

15: 2017/05/24(水) 19:31:33.912

続きを読む

Ankerのbluetoothスピーカーが買って一週間もしない内に壊れた・・・

1: 2017/05/09(火) 21:10:26.06 0
amazonのあの評価の高さうさんくせえな
no title

続きを読む

アップルが新型スピーカー発表 人工知能を備える可能性

amazon-tap-amazon-echo-dot-e1474686211328
1: 2017/05/02(火) 08:51:48.19 _USER9
米IT関連メディアは1日、アップルが6月に開く開発者向け年次会議で、人工知能を備えた新型スピーカーを発表する可能性があると報じた。
アジアの部品供給網に詳しいアナリストの話としている。

スピーカーは、アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」に搭載している音声ガイド「シリ」のような人工知能を備えるという。
音声による指示で音楽を鳴らしたり、簡単な質問に答えたりすることができるとみられる。

同様の製品はアマゾン・コムやグーグルが既に米国で販売し、人気が出つつあるが、アップルとしては初となる。(共同)

配信日 2017年5月2日 07時59分

毎日新聞 ニュースサイトで読む
https://mainichi.jp/articles/20170502/k00/00e/020/128000c

続きを読む

【画像あり】じいちゃんちのでっかいスピーカーでEDM聴くの楽し過ぎワロタwwwwww

1: 2017/03/12(日) 16:27:16.229 ID:tocXkiwY0
俺もいつかこんなスピーカー買いたい

続きを読む

今年はプリングルズのワイヤレススピーカーが絶対貰えるぞ! くいまくれー!!

1: 2017/03/01(水) 11:25:00.61 ● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
一作年より行っているプリングルズスピーカーキャンペーン。応募数も数万件とかなりの数で過去2回相当な人気を
博したスピーカーが絶対貰える企画。

例の様に今年も行うぞ! 今年も例の如くスピーカーなのだが、今年はなんとBluetooth接続のワイヤレススピーカーになった。
有線、無線のどちらでも接続可能。

プリングルズの空き缶に入れて使うようになっており、音が中で反響する仕組みとなっている。対象製品の中蓋を
19枚集め下記応募先に送ると、1、2ヶ月でスピーカーが送られてくるぞ。
今年から中蓋は10枚ではなく19枚になったのでご注意。

編集部では先行してスピーカーを頂いたので早速使ってみた。iPhoneなどBluetooth対応機器との接続は簡単で、
スピーカーのスイッチを「BT」にするとBluetoothの接続画面に「Pringles」という項目が出てくる。
あとはそこをタップして選択するだけだ。パスワードも何も必要ないぞ。

Bluetooth以外に今までのように有線での接続も可能で付属のコードをAUX側の穴に差し込み、デバイスと接続すれば音が出るぞ。
下記に動画を公開しておいたのでご覧いただきたい。

あと「プリングルス」ではなく「プリングルズ」なのでご注意。

http://gogotsu.com/archives/26714
no title

no title

no title

no title

https://youtu.be/JcTHXH1Fhoo


続きを読む

【画像】ポルシェの部品を使ったサウンドバー発売 38万円wwwwwww

1: 2017/02/01(水) 21:57:58.12 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ポルシェ ジャパンは、ポルシェ ドライバーズセレクション マスターピースの新製品として、2.1バーチャルサラウンドシステム「911サウンドバー」を2月10日より発売する。

ポルシェ ドライバーズセレクション マスターピースは、ポルシェのオリジナル部品を実際に使用し、その優れたデザイン性を共有するというコンセプトから作り出した製品。
911サウンドバーは、『911GT3』に実際に搭載されているメインサイレンサーとエンドパイプを使用した2.1バーチャルサラウンドシステムにより、自宅にて究極的なサウンドと全知覚にアピールするポルシェ体験が可能となる。

新製品はスマートフォン用のBluetoothインターフェースを装備。サイズは74×28×32cmで重量は19kg。価格は38万3400円。

http://response.jp/article/2017/02/01/289832.html
no title

no title

続きを読む

【画像】超ハイエンドオーディオメーカー、マランツのスピーカー買たったwwwwww

1: 2017/01/08(日) 11:48:26.296 ID:VbH22st1a
no title

音やんべええwwwwwwwwwwwwww低音すげえええええええwwwwwwwwwwwwwwwwブルブル来るブルブルwwwwwwwwwww

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=