プロ

リンゴ・スターの新アルバムにポール・マッカートニーが参加、最新2ショット写真を公開

1: 2017/02/20(月) 22:37:55.40 _USER9
2017/02/20 20:59

リンゴ・スター(Ringo Starr)の新アルバムにポール・マッカートニー(Paul McCartney)が参加。リンゴは自身のツイッターにスタジオで撮影したポールとの2ショット写真を「来てくれて、そして素晴らしいベースを弾いてくれてありがとう。愛してるよ、ピース&ラヴ」のコメントとともに公開しています。米ビルボード誌によれば、リンゴの広報担当者が、ポールがリンゴの新アルバムに参加していることを認めているとのこと。またリンゴの新作にはジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)も参加しているようで、リンゴ、ポール、ジョーの3ショット写真も公開されています

Thanks for coming over man and playing Great bass. I love you man peace and love. pic.twitter.com/Z5kpyLLlkO
#RingoStarr (@ringostarrmusic) 2017年2月20日
no title

https://twitter.com/ringostarrmusic/status/833502973204459520

And look out Joe W. came out to play what a day I'm having peace and love. pic.twitter.com/8xQt2j5OLn
#RingoStarr (@ringostarrmusic) 2017年2月20日
http://pbs.twimg.com/media/C5E0SN_VUAAKfm_.jpg:l
https://twitter.com/ringostarrmusic/status/833504899073662976


http://amass.jp/85002/

3: 2017/02/20(月) 22:43:48.35
>>1
で、誰? この爺さん達

69: 2017/02/21(火) 08:07:06.75
>>3
よく見ろ片方はおばさんだぞ

続きを読む

小沢健二がニューシングルを急遽リリース Mステ出演や新聞広告、PV公開も

1: 2017/02/20(月) 22:51:51.25 _USER9
2017/02/20 22:20

小沢健二のニューシングル『流動体について c/w 神秘的』が、明日2月21日から販売されることがわかった。

小沢のオフィシャルサイト「ひふみよ」では『流動体について c/w 神秘的』に関して、「録音していた時に考えていたのは、『みんな』のことです。ツアーで、客席から、ステージから、もらった曲だと思っています」と記している。曲中にはギターソロも聴くことができるという。

シングルのリリースに加えて、2月21日に朝日新聞の朝刊に企画広告「言葉は都市を変えてゆく」を掲載することを発表。「愉しい広告」になるという同広告は、小沢のオフィシャルサイトにもアップされる予定だ。

また2月24日にテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』に出演することも報告。番組中では2曲を披露するという。そのほか、いくつかの音楽番組に出演予定とのこと。

ユニバーサルミュージックの特設サイトが2月21日朝にオープン予定。小沢がこれまで発表した楽曲のPVを限定視聴することが可能だという。

さらに『流動体について c/w 神秘的』のティザー映像がYouTubeで公開。動画の説明文には2月22日発売と記されている。なお同映像は、音楽ナタリーによる小沢健二と大山卓也によるチャット企画「小沢健二AMA 私の並行世界」内で小沢から発表された。


no title

http://www.cinra.net/news/20170220-ozawakenji


∥動画∥
・小沢健二 - 流動体について(Teaser Version) [OzawaKenjiVEVO]
https://www.youtube.com/watch?v=hkMVXiKQNM8


続きを読む

<CHEMISTRY>YouTube公式チャンネル開設! MV33本&5年半ぶり新曲も

img20061016_2_p
1: 2017/02/14(火) 16:19:42.13 _USER9
約5年ぶりに再始動する男性デュオ・CHEMISTRYが、YouTubeに公式チャンネルを開設した。2001年3月のデビューシングル「PIECES OF A DREAM」から2011年11月発売の「eternal smile」まで、一挙33本のミュージックビデオ(MV)が公開された。

 また、CHEMISTRYとして約5年半ぶりにレコーディングし、再始動をテーマに書き下ろされた新曲「ユメノツヅキ」のMVを、今月21日に同チャンネルで公開することも明らかになった。

 プロデュースと作詞を手がけたのは、CHEMISTRYの“生みの親”である音楽プロデューサーの松尾潔氏。公式SNSにはレコーディングのオフショットが公開され、 CHEMISTRYと松尾の3ショット写真が大きな話題を呼んでいる。

 2012年4月から活動を休止していたCHEMISTRYは、2月28日、3月1日に東京国際フォーラム ホールAで行われるワンマンライブで再始動する。ライブは2日間とも発売開始15分で完売した。

■CHEMISTRYオフィシャルYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/chemistrySMEJ

<公開楽曲>
「PIECES OF A DREAM」
「Point of No Return」
「You Go Your Way」
「君をさがしてた」
「FLOATIN’」
「It Takes Two」
「SOLID DREAM」
「My Gift to You」
「アシタヘカエル」
「YOUR NAME NEVER GONE」
「So in Vain」
「Long Long Way」
「白の吐息」
「キミがいる」
「Wings of Words」
「almost in love」
「約束の場所」
「遠影feat.John Legend」
「Top of the World」
「空の奇跡」
「This Night」
「最期の川」
「輝く夜」
「Life goes on~side K~」
「恋する雪 愛する空」
「a Place for Us」
「あの日・・・feat.童子-T」
「Period」
「Shawty」
「Keep Your Love」
「a better tomorrow」
「Independence」
「eternal smile」

オリコン 2/14(火) 12:34配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000326-oric-ent

51: 2017/02/14(火) 18:07:18.82
>>1
3曲目までしか知らない

続きを読む

電気グルーヴ、全編ハワイ撮影の新曲PVを公開 新アルバム収録曲

1: 2017/02/13(月) 20:42:19.95 _USER9
http://www.cinra.net/news/20170213-denkigroove
2017/02/13 17:14

電気グルーヴの新曲“トロピカル・ラヴ(Video Edit)”のPVが、本日2月13日に公開された。

約4年ぶりのフルアルバムとなる『TROPICAL LOVE』を3月1日にリリースする電気グルーヴ。
全10曲を収録し、DVDが付属する初回限定盤、マグネットやステッカーなどが同梱される完全生産限定盤、通常盤、完全生産限定LP盤の4形態が用意される。

同作のリードトラックとなる“トロピカル・ラヴ(Video Edit)”のPVでは、監督を田中秀幸が務め、全編にわたってハワイで撮影が行なわれた。

なお『TROPICAL LOVE』のリリースを記念するワンマンツアー『TROPICAL LOVE TOUR』が3月からスタート。
札幌、名古屋、大阪、福岡、岡山、東京を巡る。チケットは現在販売中だ。

電気グルーヴ 『トロピカル・ラヴ(Video Edit)』
https://youtu.be/Si3YUuo2PwA



no title

no title

続きを読む

【爆誕】TM NETWORK、「Get Wild」だけで33曲のアルバム発売予定wwwwwwwww

1: 2017/02/10(金) 05:09:05.72 _USER9
オリコン 2/10(金) 5:00

 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登からなる音楽ユニット・TM NETWORKが、代表曲「Get Wild」(1987年4月8日発売)の発売30周年を記念し、同曲だけ33曲(予定)を収録した『GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム(仮)』を4月5日にリリースすることが明らかになった。

 名作アニメ『シティーハンター』初期(87年4月~88年3月)のエンディングテーマとしても有名な同曲は、87年4月にオリジナル版をリリース。以降、何度もリアレンジされ、ライブでもさまざまなバージョンを披露してきた。

 発売30周年を機に、ソニー、よしもとアール・アンド・シー、エイベックスで発売されてきた「Get Wild」を集約。今回発表されたバージョンのほか、他アーティストが手がけたカバーやリミックスなども網羅し、「Get Wild」だけ33曲(予定)をCD3枚組に収録する。

 1曲でこれほど多くのバージョンが存在する名曲「Get Wild」。聴き比べしてみては?

■『GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム(仮)』収録予定曲
・Get Wild(1987/4/8)
・Get Wild(“FANKS CRY-MAX”Ver.)(1987/6/24 日本武道館)
・GET WILD’89(1989/4/15)
・Get Wild(“COLOSSEUM I”Ver.)(1989/8/29 横浜アリーナ)
・Get Wild(“RHYTHM RED TMN TOUR”Ver.)(1991/2/22 仙台イズミティー)
・Get Wild(“tour TMN EXPO ARENA FINAL”Ver.)(1992/4/12 横浜アリーナ)
・Get Wild(techno overdub mix)(1993/8/21)
・GET WILD’89(“TMN final live LAST GROOVE 5.18”Ver.)(1994/5/18 東京ドーム)
・GET WILD DECADE RUN(1999/7/22)
・GET WILD(LIVE EPIC25 ver.)(2003/8/20)
・Get Wild(Double Decade)(2004/4 横浜アリーナ)
・Get Wild(Double Decade)(2004/6/24 日本武道館)
・Get Wild(REMASTER ver.)(2007 日本武道館)
・Get Wild(Incbation Period ver.)(2012/4/25 日本武道館)
・Get Wild(FINAL MISSION -START investigation- ver.)(2013/7/21 さいたまSA)
・Get Wild 2014(2014/4/22)
・Get Wild(the beginning of the end ver.)
・Get Wild(QUIT30 HUGE DATA ver.)
・Get Wild(30th FINAL ver.)
・Get Wild 2015 -HUGE DATA-(2015/3/21)
※このほかカバー楽曲、リミックス楽曲を含め全33曲収録予定


・TM NETWORK
no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000300-oric-ent.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000300-oric-ent

続きを読む

【画像あり】天才ギター少女 『Li-sa-X』、全世界119カ国デビュー!

1: 2017/02/08(水) 15:09:53.95 _USER9
天才ギター少女として、世界中のギターマニアから多大な注目を集めてきたりーさーXが、遂にアルバム・デビューを果たすこととなった。

小学生ながらレーサーXやドリーム・シアターの難曲をプレイする動画をアップし、世界規模で絶賛の嵐を巻き起こしている彼女だが、既に世界各国にファンが存在することと言語の壁が無いインスト楽曲であることから、12歳の誕生日となる2月8日に、アルバム・リリースに先行してタイトル曲「セレンディピティ」が、北米・中南米・ヨーロッパ・オセアニア・中東・アフリカを含む全世界119カ国での同時先行配信となった。iTunesでは2月8日よりアルバムを先行予約するとその場で「セレンディピティ」がダウンロードできる。

まだ12歳になったばかりの彼女だが、下記コメントもびっくりするほど大人の発言。プレイのみならず、その精神性も大人顔負けの逸材と言えそうだ。

   ◆   ◆   ◆

『セレンディピティ』とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。 また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。
私は赤ちゃんの頃から、パパがギターを弾いているのを見てきました。すごく格好良くて、おもちゃと同じようにパパのお古を使って一緒に遊んでいました。ある日YouTubeでギターを演奏するポール・ギルバートさんを見て、私もビデオで撮ってほしいとママにお願いしました。7歳の時に投稿したMR.BIGの『GREEN-TINTED SIXTIES MIND』から始まり、いくつか動画を投稿してきましたが、まだまだへたっぴなその演奏に多くの励ましのコメントをいただき、嬉しくて、ギターの練習にどんどんのめり込んでいきました。そして8歳の時にチャレンジしたポール・ギルバートさんの『Scarified』のカヴァー演奏を投稿したことによって、私にとんでもない事件が起こりました。動画を見てくれた方、多くのミュージシャンが私の動画をシェアしてくださり、それをポールさん本人が目にすることになり、私にビデオ・メッセージを送ってくれました。それだけでなくポールさんのギターレッスンに特待生として招待してくれたのです。
それを機に、色々な出会いがあったり、様々なメディアで取り上げていただけるようになりました。 今回このアルバムをリリースさせていただく機会を頂けたのも、そんな素敵な偶然や、思いがけなく出会った幸運によるものと感じています。そんな感謝の気持ちからアルバムタイトルと、オリジナル曲の名前を『セレンディピティ』にしました。

Li-sa-X

   ◆   ◆   ◆

ソース
https://www.barks.jp/news/?id=1000138032
no title

no title

Li-sa-X 『Serendipity』(Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=rse3QpRyni8


続きを読む

サカナクションとかいうわりかし売れてる部類だけどイマイチ知名度が低いバンドwwwwwww

1: 2017/02/07(火) 00:55:01.335
正直よく知らん

続きを読む

【朗報】金爆の新作は「#CDが売れないこんな世の中じゃ」、初夏に“昔の金爆”再現FCツアー

1: 2017/02/05(日) 20:57:28.78 _USER9
ゴールデンボンバーが4月5日にニューシングル「#CDが売れないこんな世の中じゃ」をリリース。
また6月から7月にかけてファンクラブ限定ツアー「MUKASHINO KINBAKU(昔の金爆)」を開催する。

これは本日2月5日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた全国ツアー「ゴールデンボンバー全国ツアー2016-2017
『オールゲイズ 二丁目のユウジ』」の千秋楽で発表されたもの。シングルは1形態のみのリリースとなり、
表題曲のほかにカップリングに「アモーレ」「あったかいよ、ユウジ」と各曲のカラオケバージョンが
収録される。

また「MUKASHINO KINBAKU(昔の金爆)」はツアータイトルが示す通り、「昔のゴールデンボンバーが
やっていたクソみたいなパフォーマンスを余すことなくお見せする、ファンしか楽しくない、ファンでも
時折楽しくない」内容になる予定。6月17日の千葉・市原市市民会館を皮切りに、7月26日の神奈川・
横浜アリーナまで10公演が行われる。これからファンクラブに新規入会した場合も、チケットの予約
申し込みが可能だ。

さらに「オールゲイズ 二丁目のユウジ」に登場したキャラクターやセリフを使ったLINEスタンプも
本日より販売中。ツアーの余韻に浸りたい人はダウンロードしてみよう。

ゴールデンボンバー「#CDが売れないこんな世の中じゃ」収録曲

01. #CDが売れないこんな世の中じゃ
02. アモーレ
03. あったかいよ、ユウジ
04. #CDが売れないこんな世の中じゃ(オリジナル・カラオケ)
05. アモーレ(オリジナル・カラオケ)
06. あったかいよ、ユウジ(オリジナル・カラオケ)

MUKASHINO KINBAKU(昔の金爆)

2017年6月17日(土)千葉県 市原市市民会館
2017年6月20日(火)大阪府 フェスティバルホール
2017年6月23日(金)新潟県 新潟県民会館
2017年6月27日(火)宮城県 仙台サンプラザホール
2017年6月30日(金)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2017年7月9日(日)北海道 ニトリ文化ホール
2017年7月15日(土)広島県 広島文化学園HBGホール
2017年7月21日(金)福岡県 福岡サンパレスホテル&ホール
2017年7月25日(火)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月26日(水)神奈川県 横浜アリーナ

http://natalie.mu/music/news/219575
no title

続きを読む

小室哲哉の3年ぶりのソロアルバムwwwwwww

1: 2017/01/31(火) 17:41:30.66 _USER9
http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/31/148973.html
2017年1月31日(火) 00時46分

no title

小室哲哉の約3年ぶりのソロアルバム『Tetsuya Komuro JOBS#1』のジャケット写真および収録内容の全貌が解禁された。

 近年のソロワークを中心に、神田沙也加(TRUSTRICK)やtofubeatsとコラボした「#RUN」、音楽番組を発端にヒャダインと共作した「22世紀への架け橋」、
高田賢三氏の新たなブランドTVCMソングでシンガーソングライターの大森靖子とコラボした「rever」、さらにつんく♂・May J.と世界に向けて作り上げ今回アルバム用にリアレンジされた「Have Dreams! tk piano mix」が収録。
それ以外も番組テーマソング等多数収録される他、2017年初頭にロンドンへ渡り制作された最新曲含め新曲7曲、最新リアレンジ4曲含む二枚組全15曲が収録される。

また100ページを超すフォトブックには、全収録楽曲の解説やアルバム制作秘話、さらには今後の活動を示唆するインタビューを含む約2万字が収められている他、
ここ数年の番組出演時やイベント等で各地を訪れた際のオフショット写真が400点以上掲載されている。

 発売は3月1日。<初回生産限定>2CD+DVD+ブックレットが6,800円(税別)、<通常>2CD onlyが3,800円(税別)。

収録内容:
・CD 1
M01: Can You Celebrate? Art Mix
M02: RAISE UR HAND
M03: Have Dreams! tk piano mix / Tetsuya Komuro × Tsunku♂ feat. May J.
M04: #RUN / 小室哲哉 feat. 神田沙也加(TRUSTRICK) & tofubeats
M05: maze
M06: HERE WITHOUT YOU
M07: rêver / feat. 大森靖子
M08: a new lease on life
M09: BLUE OCEAN
・CD 2
M01: one more run for Paralympic Games
M02: Song for ALPINE SKI WORLD CUP 2016
M03: STILL BREATHING
M04: Sound of Scalar Fields additional piano mix
M05: 22世紀への架け橋 / 小室哲哉vsヒャダイン
M06: NOW1#2017
・DVD
01: amplification
02: amplification (VJ version)
・ブックレット
内容:インタビュー&PHOTO(104ページ)

続きを読む

宮本浩次、エレファントカシマシ30年活動を4週に渡り語り倒す!

ph_01
1: 2017/01/28(土) 19:57:08.11 _USER9
エレファントカシマシの宮本浩次が、FM COCOLO『SPARXグループ RADIO EUTOPIA』の2月マンスリーゲストとして出演する。

宮本は、バンドの今の状態や30年の音楽活動を振り返ったデビュー話や各メンバーへの思い、制作活動、ライブについてなど4週に渡り語る。

番組情報は以下の通り。

●番組情報
FM COCOLO『SPARXグループ RADIO EUTOPIA』
放送日:毎週土曜日19:00~20:00
DJ:加藤美樹
https://cocolo.jp/service/homepage/index/6190 
放送日:2017年2月4日土)・2017年2月11日土)・2017年2月18日土)・2017年2月25日土)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170128-00155391-rorock-musi

続きを読む

マイケル・ジャクソン「Bad」のショートフィルム 全編18分ヴァージョンがYouTubeでオフィシャル公開

1: 2017/01/28(土) 05:16:45.19 _USER9
2017/01/28 03:45

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が1987年に公開した「Bad」のショートフィルム。
これまでYouTubeでは約4分の短縮ヴァージョンのみがオフィシャル公開されていましたが、新たにマイケルのYouTubeチャンネル(michaeljacksonVEVO)にてショートフィルム全編18分ヴァージョンがオフィシャル・アーカイブ公開されています。


・Michael Jackson - Bad
no title

http://amass.jp/84025/


∥動画∥
Michael Jackson - Bad (Official Video) [michaeljacksonVEVO]
https://www.youtube.com/watch?v=Sd4SJVsTulc


2: 2017/01/28(土) 05:19:58.06
お前が、そう望むのならそれが正解さ。
戦いにはある種の純粋さがある。
だがな、忘れるな。
戦いが終われば、いつもと変わらぬ退屈な日々が戻ってくる。
そのとき、お前には帰るべきところがあると忘れないようにするのだな。
今は先へ進むがいい。
答えは与えられるものではなく、作り出すものだ。

続きを読む

【動画あり】Suchmosが気になってるならこれも聴いてみる?

1: 2017/01/28(土) 08:55:46.22 _USER9
Suchmosが1月25日にリリースしたニューアルバム『THE KIDS』。キッズもオトナも色めき立つ重要作がついに放たれましたが、ここでは彼らのルーツとなった音楽を探っていきたいと思います。

◆ジャミロクワイ

Suchmosのルーツと言えば、まずはこちら、今年5年ぶりの来日公演が話題になっているジャミロクワイ。Suchmosはデビュー時からジャミロクワイの影響を口にし、しばしば“和製ジャミロクワイ”と称されていました。

ジャミロクワイは、イギリスのクラブシーンから生まれたアシッドジャズの代表格バンド。アシッドジャズは、ジャズやファンク、ソウルなどの要素を織り交ぜた踊れる音楽として、90年代に一大ムーブメントを巻き起こしました。

フロントに立つジェイ・ケイ(vo)のファッションも目を惹きました。ストリートファッションとしてアディダスのジャージを着こなすスタイルを、SuchmosのYONCE(vo)が取り入れています。90年代もそれをマネする男子が後をたちませんでしたが、「これから部活?」と言いたくなる人が続出。YONCEがキマっているのは、あのスラッとしたルックスだからこそでしょう。

◆ニルヴァーナ

新作『THE KIDS』は、以前に増してロック的な要素を強めた作風でもあります。ガリッと荒削りなギターの音色が現れるところにはニルヴァーナの影響を感じます。

ニルヴァーナは、90年代前半に時代を席巻したグランジロックブームの火付け役となったバンド。グランジは、“薄汚い”という意味の“GRUNGY”が語源です。

アウトサイダーな佇まいでありながら、危ういほどピュアで無防備な一面も感じさせたカート・コヴァーン(vo)は、まさにカリスマという言葉がふさわしい人でした。カートは27歳の若さで非業の死を遂げましたが、ニルヴァーナの歪んだギターサウンドは、今も血を沸騰させるような生々しさがあります。

◆マルーン5

そして、Sucumosが活動初期から横浜スタジアムでのライブを視野に入れて活動しているのは、ファンのよく知るところ。そこで次は、2000年代に入りブレイクした米国バンド、マルーン5。まさにスタジアム級の会場を埋める人気バンドです。

コールドプレイなどセレブ感のあるバンドは他にもいますが、マルーン5は特に女子ウケの高い、華のあるバンドと言えるでしょう。

初期曲「This Love」のミュージックビデオでは美人な彼女とベッドでイチャイチャしまくり。でもそれがいやらしすぎず、適度にしゃれた雰囲気があり、口当たりの良いポップなロックサウンドと相まって自然なモテ感を出していました。

男だけの内輪ノリだけでなく、女子の視線もちゃんと意識してスマートにふるまうスタイルを、Suchmosも意識しているように感じます。

◆ディアンジェロ

モテはモテでも、さらなる大人のセクシーさを醸しているのが、ディアンジェロ。70年代のソウルをヒップホップ的な感覚で再現したネオソウルと呼ばれるムーヴメントの代表格アーティストです。

ディアンジェロは完璧主義者として知られ、これまで発表したオリジナルアルバムはたった3枚。しかし、革新性の高い作品で世界中のミュージシャンに多大な影響を与えています。

これまでに築かれてきた音楽に敬意を払いながら、新しい時代の感覚で最先端のサウンドを生み出すディアンジェロのスタイルは、Suchmosに大きく影響しているようです。

そして何より、ディアンジェロの音楽には、内側から溢れ出るような大人の色気があります。Suchmosは、その薫り高い大人のムードを果敢に狙っているように思います。

>>2につづく

ソース
https://www.m-on-music.jp/0000182855/
no title

Suchmos "A.G.I.T." (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=Ula15c4UN4s


続きを読む

TM NETWORK「Get Wild」発売30周年記念12インチ・アナログレコードがリリース決定

1: 2017/01/27(金) 21:20:22.36 _USER9
2017/01/27 19:04

TM NETWORKの「Get Wild」が発売30周年を記念して12インチ・アナログレコードでリリース。同曲の代表的4ヴァージョンを収めた作品で、全曲オリジナル・トラックダウン・マスター音源を使用。なかでも「Get Wild ‘89」は今回の制作で発見されたオリジナル・アナログテープ(リミックスを担当した「PWL」のロゴが入ったテープ)の音源をオリジナル盤以来28年ぶりに使用、最良の音に重点を置いています。4月12日発売。完全生産限定盤
●『Get Wild【完全生産限定盤】』
2017/04/12発売
MHJL-15 ¥3,780(税込)

[Tracklist]
1. Get Wild
2. GET WILD '89
3. GET WILD (techno overdub mix)
4. Get Wild (オリジナル・カラオケ)


・TM NETWORK / Get Wild [EP]
no title

http://amass.jp/84001/

続きを読む

坂本龍一「作曲家のオリジナリティなんてせいぜい1、2%」

1: 2017/01/26(木) 23:51:18.80 0
坂本 作曲の95%は、過去の遺産を糧にしています。作曲家自身の“発明”は、せいぜい1、2%程度で、最大でも5%といったところ。
作曲の大部分は過去の作品の引用です。

だから、音楽にかんする知識がなかったら、作曲なんかできるはずがない。言葉を知らなければ小説を書けないのとおなじです。
ボーっとしているだけで何かがわいてくるということは幻想です。

世界を大きく変えるほどの、たとえばバッハやドビュッシーなみの天才は、それこそ300年にひとり出るか出ないかというところでしょう。

ビートルズの音楽だって、引用です。
黒人音楽、ミュージカルやポピュラー系の音楽、ロックンロール、さまざまな要素がうまくミックスされている。
それをキレイにスタイリングしたのが、プロデューサーのジョージ・マーティンだったということです。

ぼくはビートルズには、オリジナリティよりも、豊かな蓄積をかんじます。
学問は作曲に役立たない

それから、学問と作曲は、まったくちがうものです。
音楽の学問というものもありますが、じっさいに作曲するときには役に立たない。

学問としての音楽は、定義づけだったり、ネーミングだったり、ジャンル分けだったり……音楽を理解するための方法なんです。
最初にそれをやった人ではなく、あとの人が“あとづけ”として体系化したものだから、いざ作曲に用いようとしても、役立たないことのほうが多いのです。

http://openers.jp/article/4368

続きを読む

「いろんなところを飛び回るぜ!」 星野源、5月から初全国アリーナツアー!

1: 2017/01/25(水) 07:20:12.87 _USER9
星野源が5月より初の全国アリーナツアー「星野源 LIVE TOUR 2017『Continues』」を開催する。

ツアーの開催については、昨日1月24日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで行われた単独公演「星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』」の2日目の公演で星野が自ら発表。彼はファンに向かって「あと4カ月でまた会えます! いろんなところを飛び回るぜ!」とうれしそうに口にした。

ツアーは5月21、22日の福岡・マリンメッセ福岡2DAYSを皮切りに、8月25、26日の愛知・日本ガイシホールまで9会場計18公演が行われる。チケットは4月15日に一斉発売開始。これに先駆けて星野のオフィシャルイヤーブック「YELLOW MAGAZINE 2016-2017」購入者が利用できるWebサービス「YELLOW PASS」では、2月17日18:00~27日18:00にチケットの先行予約申し込みを受け付ける。


星野源 LIVE TOUR 2017「Continues」
2017年5月21日(日)福岡県 マリンメッセ福岡
2017年5月22日(月)福岡県 マリンメッセ福岡
2017年5月27日(土)兵庫県 ワールド記念ホール
2017年5月28日(日)兵庫県 ワールド記念ホール
2017年6月10日(土)徳島県 アスティとくしま
2017年6月11日(日)徳島県 アスティとくしま
2017年6月17日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年6月18日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年6月30日(金)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2017年7月1日(土)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
2017年7月8日(土)北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2017年7月9日(日)北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2017年7月22日(土)大阪府 大阪城ホール
2017年7月23日(日)大阪府 大阪城ホール
2017年8月5日(土)神奈川県 横浜アリーナ
2017年8月6日(日)神奈川県 横浜アリーナ
2017年8月25日(金)愛知県 日本ガイシホール
2017年8月26日(土)愛知県 日本ガイシホール

ソース
http://natalie.mu/music/news/218150
星野源「星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』」の様子。
no title

no title

no title

no title

続きを読む
最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析
media=