12293
1: 2015/12/29(火) 10:36:20.48 _USER.net
http://ascii.jp/elem/000/001/097/1097764/

 いつか音楽について書こうと思っていたのだが、なかなか考えがまとまらず、と言うか、
どこから手をつければいいのか見当がつかず、常に気になりながらもほかのネタを書くことで音楽の話題
に触れることをできるだけ回避してきた。
 ところが担当編集者から「なぜ音楽はこれほどまでに無料が当たり前になってしまったんですかね?」
という問い掛けがあり、いよいよ書こうと思うにいたったわけである。
 まぁ、音楽を嫌いという人はほとんどいないと思うけれども、筆者も若い頃からかなり幅広いジャンルの
音楽は雑多に聴き込んできた自負があり、一時期DJの真似事もしていたこともあった。
相当量のCDとアナログレコードも所有していた。ところが、数年前からなんとなくモノに囲まれた生活が息苦しくなり、
徐々にCDを処分し、ついには今年の夏の引っ越しを契機にレコードもすべて売り払ってしまった。
もはや自宅には物体としての音源はない。

 これがあくまでも個人的な気分の変化なのか、どこかで時代の空気を反映したものなのかはわからない。
しかし、別に音楽がうとましくなったわけではないし、仕事をするときにはYouTubeでいつもなにかしらの
音楽を聴いているわけで、ことさら「音楽のない生活」を目指しているわけでもない。
 ただ、もう物体としての音源を所有したいとは思わないのだ。結果として、音楽だけをじっくり鑑賞するという
時間は確かに減った。おそらく、自分のライフスタイルの中における音楽の役割や価値が変容してしまったのだろう。
 “購入した音楽を聴取する機会の減少”を私的な問題として片付けられないのは、ネット上にいくらでも転がっている
音楽業界の売り上げ不振にまつわるデータを見れば明らかである。CDをはじめとする音楽ソフトの
総売り上げは1998年の約6075億円をピークに下落し続けている。2000年代の中盤から後半にかけて
ダウンロード販売による数字が若干増加したため、一瞬、減少傾向に歯止めがかかったかのように見えたものの、
以降、再び低迷に転じ、2014年にはついに音楽ソフトとダウンロード販売を合わせた総売り上げは
最盛期の半分=3000億円以下にまで凋落している。

したがって「音楽はもうCDではなく楽曲ごとに購入する」という時代もすでに終焉に向かっており
(実際、ダウンロード販売の売り上げも2009年の約910億円を頂点として2014年には約437億円まで下落している)、
もはや音楽ビジネスは底の見えない深淵への降下を続けている。時折「アナログレコードが復権の兆し」
というような記事を見かけたりするけれども、とてもではないが音楽業界全体の不振をカバーするまでには到底いたっていない。

 そうなると、最後の頼みの綱は定額配信サービスということになる。現在、国内で展開されている
「Apple Music」「AWA」「LINE MUSIC」「Google Play Music」のほかにも、1年以上(もっとか!?)
「準備中」となっている世界最大手の「Spotify」もいずれは日本上陸を果たすのだろう。
ドイツの「SoundCloud」、さらには「YouTube」までもが定額配信サービスへの参入を目論んでいるというウワサもある。
 では、国内における定額配信サービスの状況はどうなのか? ざっとネットを調べても、
各社の明確な契約者数に関する公表データは見当たらない。おそらく数字が出てこないというのは
押して知るべしということだろう。いくら売れなくなったとは言っても「CDがこんなに売れるのは日本くらいなもの」
という意見もあるくらいだから、定額配信サービスが国内で定着するか否かに関しては決して
楽観はできないというのが正直なところ。
 ちなみに、Spotifyの全世界におけるユーザー数は約7500万人(有料会員は約2000万人)、
Apple Musicは約1500万人(有料会員は約650万人)と言われている。
しかし、定額配信サービス先進国の米国においてすらアーティストからの報酬に対する懸念や
不満が少なからず表明されており、音楽業界全体が新しいサービスによって活路を見出して万々歳……
というわけではないということは心に留めておくべきだ。


 いずれにしても、“音楽をお金を払って聴取する”という一見不動とも思える基本原理が、
どうやら根幹から動揺しているらしいというのが最も注目すべき点である。
音楽は聴く、しかし、購入はしない……。まさに筆者自身がこれであり、大学で接する学生たちも同様だ。
 今回と次回は「なぜこれほどまでに音楽は無料が当たり前になってしまったのか?」について考えてみたいと思う。
「これだけレンタルもあるわけだから」とか「だって、YouTubeで十分だからさ」とか、
巷間よく指摘される至極ごもっともなことではなく、「音楽と私たちとの関係の変化」についてちょっと変わった
角度から掘り下げてみたい。
 おそらく音楽が売れなくなった理由は無数にあって、それをこの連載ですべて指摘/検証するわけにはいかない。
従って筆者が考えるいくつかの糸口だけを扱うことになるが、ひとまず考察の俎上にのせたいと思っているのは次のことだ。

①「音楽の生産/消費のされ方は時代によって劇的に変化している」ということ。
②「テクノロジー(特に録音技術)によって音楽はときに可能性を開かれ、ときに可能性を閉ざされてきた」ということ。
③「音楽に対する報酬という観念自体が実はかなりいい加減なものである」。
つまり「音楽ビジネスという商業活動はまことに危うい経済基盤の上に成り立っている」ということ。
 最終的な結論などは出るはずもないが、まずは上記の問題を端緒に論を進めたい。
 とりあえず、本連載のタイトルである「デジタルカルチャー」という視点から比較的わかりやすい論点を提示すると、
アナログレコードからCD、CDから楽曲ごとのダウンロード販売に移行する際、
楽曲制作者の世界観を至上の価値としてリスペクトする感覚は徐々に希薄になり、現在ではほぼ解体されたと言っていいだろう。

 アナログレコードは基本的に「アルバム」という全体性が想定されている。
ときにはA面/B面それぞれの世界観までもが設定され、30×30cmを超えるLPのジャケットは
そのアルバム内の楽曲群が表現するイメージの「重要な視覚的表徴」として機能していた。
 LPサイズのアナログレコードを聴くということは、両面合わせて約1時間、
そのアーティストが創出した美的な音響空間に身を委ねる行為だったと言える。
 それがCDになった時点でA面とB面という概念は消失し、さらにはデジタル音源ゆえの
曲の先送り/後戻りの簡便さ、イコライザーをはじめとするプレーヤーの機能の多様化によって、
ユーザーによる楽曲制作者の意図の改変はアナログ時代よりも容易になった。
音楽が楽曲ごとにバラ売りされる時代に突入して以降は、もはやLP時代のような作家性に対する過度な尊敬はない。

 音楽におけるアナログメディアの基本原理は「パッケージ化」であり、それに対し、
デジタルメディアがもたらした基本原理は「モジュール化」である。
 これを「アーティストが作り出す世界観の悲しむべき崩壊」と見るか、
「個々の楽曲がアルバムのくびきから解放されて自由を獲得した」と見るか、それは人それぞれだろう。
 しかしデジタルカルチャーの多くは、誰かがパッケージ化したものをユーザーがモジュール化し、
二次創作的に再編制/再構築することによって生まれる。
 現在では音楽はもはや楽曲という単位からさらにモジュール化し、フレーズが誰かの創作のパーツになることも珍しくない
。そういう意味では、音楽はデジタル化以前からシングルレコードという様態やサンプリングという手法などによって、
自らの内にモジュール化への胎動を育んできた言える。ともかく、ここに最初の「作家や作品に対する相応の対価」
という感覚の喪失が予兆されているのだろう。
 もはや、音楽聴取の主権は完全にリスナーが掌握している

(続きはサイトで)

4: 2015/12/29(火) 10:38:52.37
>>1
> 音楽は無料が当たり前
???

102: 2015/12/29(火) 12:24:38.91
>>4
同意

21: 2015/12/29(火) 11:01:17.30
>>1
ライブに価値があるというのは一理ある

25: 2015/12/29(火) 11:04:54.24
>>1
ジュークボックス 街頭蓄音器 街頭ラジオ

そこも含めてもう一回書きなおし。

30: 2015/12/29(火) 11:10:51.09
>>1はパガニーニの逸話も知らないアホウか

3: 2015/12/29(火) 10:38:43.49
聞く価値がない音楽しか作れない無能が増えたから

5: 2015/12/29(火) 10:39:53.62
広告付ければ無料ではないな
新聞も同じ、ビジネスモデルが変わっただけ

6: 2015/12/29(火) 10:42:49.57
アプリで垂れ流しはするけどyoutubeで音楽は聴かないなあ

225: 2015/12/29(火) 15:03:34.88
>>6
でも最初のきっかけはyoutubeにあるやつを紹介されてみたいなのになってない?
ときによってはそこから関連動画で広がっていったり

7: 2015/12/29(火) 10:45:32.11
昔は録音に価値があったけど
今はライブのほうが価値があるんだよ

時代が変わったんだよ

10: 2015/12/29(火) 10:48:58.35
なんでもかんでも目新しいだけの安っぽいものが大量生産されてる時代に
1曲いくらの商売が維持できるはずがない。

11: 2015/12/29(火) 10:49:44.23
CDのプラケースとちっこいジャケは本当にいらないな
今年唯一金出したのはitunes storeで買った坂本真綾の「まだうごく」250円だけだわ

13: 2015/12/29(火) 10:51:07.89
こう考えてはどうだろう。
なぜ、いままで音楽が有料だったのか?

14: 2015/12/29(火) 10:51:25.64
今の大河ドラマが大河じゃない理由

15: 2015/12/29(火) 10:52:25.73
買う金がないから

16: 2015/12/29(火) 10:52:40.19
音楽が無料になった原因を作ったのがソニーミュージックだと思うよ。
それまではラジオで曲を流すならレコード会社に金払えというモデルだったのに
ある時ソニーミュージックがプロモーションとして無償でラジオ局に曲を提供しはじめたんだ。

200: 2015/12/29(火) 14:23:00.27
>>16
プロモーションと購買の垣根がなくなっちゃった

音源を購入するという行為は自分の聴きたいときに聴くためなのに
今や好きな時にプロモーションのためにアップロードされた楽曲を視聴することができる
より自由な視聴を求める場合には購入が必要だがハードルは高くなった

今や音楽購入に金を出すのは寄付行為だ

320: 2015/12/29(火) 19:31:22.81
>>16
いや昔はレコード会社が金払ってたんだが?

17: 2015/12/29(火) 10:54:20.00
いつから有料になっちまったんだ
江戸時代くらいかw

18: 2015/12/29(火) 10:58:34.74
元々日本は高すぎただけ

19: 2015/12/29(火) 10:59:00.76
もうライブで稼げない奴は歌手やミュージシャンと名乗るな。

20: 2015/12/29(火) 10:59:10.77
その金が課金ゲーとかに回ってるんだろw

22: 2015/12/29(火) 11:03:07.64
ビートルズのCDは2800円くらいだったのに、配信だと1200円か
ぼりすぎだよ

33: 2015/12/29(火) 11:14:42.43
>>22
定額ならほぼタダ

23: 2015/12/29(火) 11:03:50.79
後の方を読んでもコンサートについてはちょろっとしか言及がないな

世界の数多のオーケストラ員にせよジャズミュージシャンにせよ歌手のバックバンドにせよ、
プロ音楽家としての総数は売れ線歌手やバンドより古今ぜんぜん多いわけだが、
そいつらはレコードやCDの印税で食ってきたのか

音楽業界の浮沈=音盤の売り上げオンリーの議論

ならばそもそもAKBとジャニ以外、飯が食えている音楽家は日本にすでにいなくなっているはずなのだが

26: 2015/12/29(火) 11:05:14.84
カ〇ラックが儲けてるから

27: 2015/12/29(火) 11:06:58.93
テレビラジオから録音したりダビングしたり
そして気に入ったら買うのが多かったんじゃないのか
テレビと同じでコンテンツが糞だから売れないんだろ

28: 2015/12/29(火) 11:09:03.16
LPジャケットのころは、音楽を買うという以上のものがあったな

29: 2015/12/29(火) 11:09:46.39
経済の原則から言うと、無限にコピーできるものの価値は0に収束する。
つまり音楽の本質的な価値は0。
著作権法等でコピーを規制して、価値を保とうとしたところで本質的な価値との
差分は消費者が高いと感じるわけだ。

368: 2015/12/29(火) 22:19:37.50
>>29
芥川、太宰などなど
本はタダで読めるけどそこそこ売れてるじゃん
再販制度のおかげとは思えないが

31: 2015/12/29(火) 11:12:05.33
ユーチューブのせい

32: 2015/12/29(火) 11:12:41.51
音楽って無料で入手できるの?知らなかった。

34: 2015/12/29(火) 11:15:23.69
データ化して配信できるようになった事で、仕入とか製造原価の比例費分とかが、
ゼロか無視できるレベルまで小さくなったから。

ただ、買う側も、1曲あたり単価は払っていなくても、月額利用料みたいな形で、
固定的な負担はしていたりする。