10204d
1: 2015/10/15(木) 22:12:11.57 ID:???.net
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5482?page=1
10月8日、日本国内ヘッドフォン販売台数6年連続No.1のオーディオテクニカが2016年に
向けての新製品発表会をおこない、ヘッドフォン、イヤフォン合計9モデルの新製品を発表した。
大画面に映し出されたヘッドフォン製品写真の下には金色に輝くハイレゾ対応機器のロゴが並んだ
オーディオブーム再来の要と言われているハイレゾとは何か。一言でいえばCDよりも音がいいハイレゾリューショーン
高解像度)の音源を意味する。そもそもアナログレコードはレコード盤に刻まれた溝の深さと振幅によって音楽信号
を記録していたため、録音できる周波数帯域に下限も上限もなかったのだが、CDが生まれた時、
アナログ信号をデジタル化する必要が生まれた。そこで再生周波数帯域の上限を人間の耳に聞こえる限界である
20kHzに決め、44.1kHz/16bitという規格が決定された。これによってCDは20kHz以上の高音が入っていないから
、アナログの方が音がいいという論争がなされ、アナログ派とデジタル派の確執が生まれることになる。
 一部のオーディオマニアを除いてCDはその音質より、利便性によって評価され急速に一般家庭に普及、
アナログレコードを駆逐した。利便性の追求はとどまるところを知らず、CDよりもコンパクトで扱いやすいMDが生まれ、
「iPod」の登場により、音楽データはHDDに収納された。さらにケータイの着メロまで音質は劣化してしまったが、
ポータブルミュージックプレーヤーとハイレゾ音源によって再び高音質を取り戻そうとしている。音楽を聴くために
リスニングルームを作ろうとしてた世代に替わって、PCを中心としたデスクトップミュージック世代、
そして通勤通学時や出先でも音楽を楽しみたいポータブルオーディオ世代の台頭により、音楽環境も様変わりしている。
ハイレゾデータはPCに収められ、ポータブルのハイレゾプレーヤーに転送される。デスクトップオーディオの
主役はPCとUSB接続できるUSB/DACである。CDプレーヤーではハイレゾ音源が再生できないため、ハイレゾ対応DACはどうしても必要になる。

 ハイレゾ音源はどこで手に入れるのか、音楽配信サイト「e-onkyo music」などから購入してダウンロードするのが一般的である。
最初はハイレゾに消極的だったソニーはスマホやハイレゾウォークマンなどのハードウエアのハイレゾ対応完成に合わせて
音楽配信サイト「mora」でも大々的にハイレゾ音源の配信を開始した。あとはアップルが参入してくれれば世界的にも
ハイレゾ普及に拍車がかかるに違いない。ソニーは自社製品がハイレゾ対応であることをアピールするために
ハイレゾのロゴマークを作成した。同社のハイレゾ基準は例えばスピーカー、ヘッドフォンであれば
40kHz以上の再生周波数帯域を出力できること。それでは40kHz以下しか再生できないヘッドフォンでは
ハイレゾの高音質が再生できないかと言えば、そんな事はない。

 ハイレゾ音源とハイレゾ対応機器に対する定義は曖昧でオーディオメーカー各社バラバラでいいのか。
そんなもやもやに対する回答が、2014年3月にJEITA(電子情報技術産業協会)発表の「PCM音源におけるハイレゾの呼称について」
の定義付けである。内容はCDのスペック、44.1kHz/16bitを超えるものを全てハイレゾリューション・オーディオと呼ぶことだ。
ここでちょっと面倒なのが、再生周波数帯域を決めるサンプリング周波数44.1kHzだけでなく、
情報量を決める16bitだけが、CDを超えていればいい点で、例えば44.1kHz/24bitもハイレゾ音源となる。
この場合、高域の再生限界はCDと同じ20kHzになるため、必ずしもハイレゾ対応機器が40kHzまで再生できる必要はない。 

 すると同年6月に日本オーディオ協会がハイレゾの定義と同時にオーディオ業界全体で使用できるハイレゾロゴマークを発表した。
日本オーディオ協会は民生用機器では96kHz/24bitに対応したものをハイレゾ対応機器と定義した。
スピーカー・ヘッドフォンの高域再生性能40kHz以上が再生可能であることも組み込まれた。さらに聴感評価という項目も加わった。
これはハイレゾの基準を満たせば高音質とは限らないので、聴感評価委員会で該当製品が認証されていることという条件だ


。しかし、日本オーディオ協会に聴感評価委員会はなく、各社の評価基準に基づくという曖昧模糊としたものなのだ。
音源のハイレゾ基準に関しては、JEITAやレコード会社の判断に準じるという。
この時点でハイレゾの定義はダブルスタンダードになったのだ。また、聴感評価の設定より日本オーディオ協会が
製品スペックと音質は別物という見解をあきらかにした。 

日本オーディオ協会が発表した推奨ロゴマークはソニーが作ったものをそのまま流用したことにも一波乱あった。
このロゴの付与対象はオーディオ協会会員企業の製品であり、協会の定める定義を満たすものとなっている。
つまり海外ハイエンドメーカーの製品は対象外、さらに国内大手メーカーのパナソニックもこれに反発して
独自のハイレゾロゴを作成して使っている。早くもハイレゾロゴのガラパゴス化、形骸化が懸念される。


国内メーカー各社が日本オーディオ協会のロゴを採用するなか、オーディオテクニカもこれに従い、
今回、大々的にハイレゾ対応を訴求してきた。もともとヘッドフォンは振動板の直径が小さいため、
高域特性を伸ばすことは比較的容易で40kHz再生における技術的難易度は低い。あとはコストとの兼ね合いとあって
入門モデル以外は全てハイレゾ対応となった。
 しかし、それだけでなく、同社がアナログオーディオも大切にしていることをアピール。
実はオーディオテクニカはVM型と呼ばれる独自方式のカートリッジ(レコード用の針)を製品化して世界に普及させ、
現在もアナログプレーヤー用カートリッジを生産するメーカーなのである。従ってハイレゾには対応するが、
アナログオーディオも大切にするという立場になる。
話をまとめるとオーディオテクニカのヘッドフォンはハイレゾ音源にもアナログ音源にも対応することになる。
一般的にハイレゾ音源の特徴は、楽器の位置がハッキリ分かる音場感の良さ、ボーカルや楽器の繊細な響きを捉える繊細な表現、
音の粒立ちや歯切れの良さになる。
アナログ音源+アナログ機器の特徴は、厚みがあって音像がクッキリとしていること、女性ボーカルや楽器の音がなめらかであること、
演奏のホットな雰囲気、ボーカルの温かさが伝わることだ。つまりハイレゾ対応をうたえば、
最終的にはbeyerdynamic「T1」やSENNHEISER「HD800」のような音場型ヘッドフォンに到達する。
これに対してアナログ指向なら、DENON「AH-D7100EM」とか、SENNHEISER「HD598」だろうか。
ざっくり言えば、音場感を大切にするなら中高域重視、音の厚みを重視するなら中低域重視になる。

 これに対するオーディオテクニカの回答は、SOLID BASSシリーズで明確に分かる。40kHzも大切だけど、
重低音も大事とばかりに圧倒的な低域表現をウリにして直径53mmの振動板を採用。ハイエンドモデルの「ATH-WS1100」は、
ディープモーション・ハイレゾオーディオドライバーと名付けられたユニットを使って超解像度と重低音を両立させたという。
 まあ、理屈はそうだろうが実際の音はどうなの? と言えば、私が聴いた限りではどのモデルも重低音は出ている。
しかも、ドンシャリにもなる。ドンシャリというのは低音がドン、高音がシャリで中域がヌケてるからダメな音の代表みたいに言われているが、
ハイレゾ感を強調した録音では、ジャンルによってはドンシャリになりやすいのだ。

私の抱いていたオーディオテクニカのイメージは温室育ちの優等生って感じで、中高域は繊細でキレイだが、
煮え切らないところがあるモジモジ君だった。ところが今回は、バシッと一本筋が通って、優等生で応援団団長、
偏差値高くて甲子園決勝進出的に進化していたのだ。スピーカーとヘッドフォンは音の出口なので、
基本はフラットで、アンプやDACの音の個性を反映させる、最終的には録音された音源をそのまま再生されることが望まれる。
 これがハイファイの基本であり、ハイレゾもまたその延長線上にある。音源がドンシャリなら、ヘッドフォンもドンシャリ、
これが正しい姿なのだ。真空管アンプはどんな音源にも真空管的な心地良い響きを付加するため一部に熱狂的なファンがいるが、
これはハイファイとは別のベクトルに突き進んでいると言える。

 結論としてオーディオテクニカのヘッドフォンとイヤフォンは、重低音再生も重視、ハイレゾの特徴を生かす、
音の粒立ちと歯切れの良さを再生でき、際立つような個性は抑えている。ドンシャリが得意だった
ソニーが最近、音場感やなめらかさを追求しているのと好対照で、日本のオーディオがハイレゾによって面白くなってきたことは確かである。

4: 2015/10/15(木) 22:16:24.17 t
やっぱオーディオの記事書いてる奴って一文字いくらの商売だからか、ムダに文章がなげーよな。
機械オタク以外は興味持ってくれねえぞこんなんじゃ

5: 2015/10/15(木) 22:17:04.82 t
レンジが狭い方が心地よい。
アナログとかFMがいい例。

6: 2015/10/15(木) 22:18:11.44 t
小金持ってるじじいの耳には聞こえない高音域w

8: 2015/10/15(木) 22:20:02.70 t
e-onkyo musicって初めて聞いたわ。
HDTracksに決まってるじゃん。

9: 2015/10/15(木) 22:20:08.26 t
渡辺美里か

12: 2015/10/15(木) 22:34:32.04 t
そもそもハイレゾなんて詐欺
ブラインドテストで有意差が出るほど聞き分けられるという結果はあるのか?
無いだろ

13: 2015/10/15(木) 22:35:12.59 t
何度読んでも意味が分からん。
「音は宗教」という言葉は正しいと納得させるためだけの記事。

15: 2015/10/15(木) 22:36:31.89 t
>>13
ピュアオーディオの世界って、そんなもんだよ。

14: 2015/10/15(木) 22:35:22.38 t
最初から終わりが見えているなんて・・・

16: 2015/10/15(木) 22:38:34.79 t
ロックとかポップスだと違いがわからない
オーケストラみたいに生楽器の一群だと結構だれでも違い分かる
周波数よりチャンネルセパレーション能力の違いが大きいみたいだ

17: 2015/10/15(木) 22:41:08.76 t
   
40kHzなんか全く聞こえないだろ
そもそも実際は15kHzでも聞こえるかどうかだぞ

23: 2015/10/15(木) 22:54:35.56 t
>>17
ハイレゾは高域だけの話じゃあ無いぞw
若い人なら、CDの16ビットでの荒い量子化を脳の補完機能で綺麗に聞こえても
老化した脳では脳内補完が追いつかないから、より量子化の細かい24ビットが必要になってくる。

老人が、CDよりレコードが綺麗に聞こえてくるのは、この脳の補完機能が劣化しているからなんだよ

つまり、老人ほどハイレゾが必要と言う理屈

25: 2015/10/15(木) 22:56:09.23 t
>>23
スピーカーやイヤホンであの信号のギザギザまで再生できるの?

26: 2015/10/15(木) 22:57:58.37 t
>>25
何言っているんだよw
スピーカーはアナログだろw

34: 2015/10/15(木) 23:25:57.46 t
>>26
今は完全デジタルのスピーカーもある
no title

35: 2015/10/15(木) 23:32:40.72 t
>>34
空気の振動に変換した時点でアナログなのでは?

50: 2015/10/16(金) 02:15:12.36 t
>>23
何言ってんだコイツwww

32: 2015/10/15(木) 23:23:48.91 t
ハイレゾなんてまやかしww
ハイレゾ「風」な味付けのミックスやり直してるだけww
特にポップスやロックあたり
そこらへんは元々上位数ビットしか使ってないだろ

そもそも今更ハイレゾなんて騒ぐずーっと前からSACDやDVDオーディオのようなデカい器の規格はあった(光ディスクだけど)
ただそれを再生して十分高音質を味わうには高級な再生機器が必要なんだよ

チンケなヘッドホンやイヤホンじゃあ分かりゃしないよ
だからハイレゾ風にミックスし直してハイレゾですよ高音質でしょって言ってるだけ

アナログレコードの再生はもっとシビアで難しくてカネもかかるんだよ

CD規格のままハイレゾ風ミックスで聴かされてもハイレゾに聞こえるからな、間違いないww
あと可聴帯域外の聴高音も意味ないよ
そもそもその帯域を録音できるマイクが無いしw

44: 2015/10/16(金) 00:25:38.53 t
>>32
技術が理解できないアホ

47: 2015/10/16(金) 01:51:47.20 t
>>44
技術が理解できなくて偽科学、偽技術が大好きな人をオーディオマニアって言
うんですよ

36: 2015/10/15(木) 23:39:06.85 t
ハイレゾの究極がアナログです

39: 2015/10/16(金) 00:04:40.66 t
そのうちDSDとハイレゾWAVEの両方をユーザーが聴く時点でミックスするとかなるんだろうね
オンメモリでハイレゾ再生が可能になった事で数百万のCDプレイヤーなんていうものが淘汰された

42: 2015/10/16(金) 00:16:37.12 t
所詮録音は録音でしかない。
再生音声はそれなりで十分。
どんなに頑張っても生演奏には勝てない。
そりゃ、「今聴ける」のは良いけど、そのハイレゾにかけるお金があれば、コンサートに行こうよ

61: 2015/10/16(金) 06:31:45.19 t
>>42
生演奏が存在しない音楽もあるぞ
現代音楽なんかも含めて

62: 2015/10/16(金) 06:42:01.83 t
>>61
生楽器じゃないコンサートこそ録音も再生も無理むり

43: 2015/10/16(金) 00:17:03.41 t
共存どころかアナログ好きはハイレゾ好きで
MP3のような圧縮音源が嫌い

45: 2015/10/16(金) 00:33:13.96 t
アコースティックでないと意味無いな
電子楽器の電気信号じゃあな

46: 2015/10/16(金) 01:48:54.47 t
モスキート音大全集聴いてからじゃないと

54: 2015/10/16(金) 05:41:07.99 t
高音は骨で効く