そろそろ東京五輪の音楽担当決めようぜ

1: 2017/06/18(日) 18:26:51.467
俺は川井憲次

おっさんたちの音楽の知識って、90年代までで止まってるよな??

1: 2017/06/18(日) 06:23:49.39 0
2000年以降に出てきた歌手や曲のことまったく知らないだろ??

ジョン・レノンの「イマジン」 オノ・ヨーコさんとの共作と認定wwwwwww

1: 2017/06/17(土) 10:49:03.89 _USER9
ジョン・レノンの「イマジン」 オノ・ヨーコさんとの共作と認定

ジョン・レノンさんの名曲、「イマジン」について、アメリカの音楽出版社で作る協会は、妻のオノ・ヨーコさんとの共作と認定し、世界で歌い継がれている曲は今後、2人の作品として扱われることになりました。
1971年にリリースされたイマジンは、「すべての人々が平和に暮らしていると想像してみて」といった歌詞に、平和を願うメッセージが込められたジョン・レノンさんの代表曲で、世界中で歌い継がれています。

アメリカの音楽出版社で作る協会は14日、イマジンについて、「世紀を代表する歌」として表彰したうえで、レノンさんと妻のオノ・ヨーコさんの共作と認めたと発表しました。

レノンさんは、1980年にニューヨークの自宅の前で熱狂的なファンの男に銃撃されて亡くなりましたが、生前、「イマジンの歌詞と発想はヨーコから得たので、ヨーコの名前もクレジットすべきだった」と話していたということで、今後、イマジンは「レノン/オノ」の作品と表記されるということです。

この発表を受けて、2人の息子で、ミュージシャンのショーン・レノンさんは、フェイスブックにオノさんらと一緒に写った写真とともに「人生で最も最も誇らしい日だ。母は涙を流していた」というメッセージを投稿しました。

NHK NEWS WEB 6月17日 6時27分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170617/k10011021011000.html

【画像】吉幾三、長女がメジャーデビュー

1: 2017/06/18(日) 14:45:27.60 _USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/18/0010293852.shtml

吉幾三(64)の長女で歌手のKU=クー=(39)が18日、都内でメジャーデビューを発表した。
父の日の最大のプレゼントとなった吉も駆けつけ、娘からの手紙に感涙。
一方、娘のデビューアルバム「Which KU do you like?」(8月23日発売)に自身のヒット曲「雪國」の英語カバー曲が“無許可”で収録されているとしてクレームをつける一幕もあった。

 KUは小学生のころに久保田利伸の楽曲に影響を受け、高校、専門学校でピアノを専攻。専門学校卒業後には飲食店でのアルバイトをしながらバンド活動を続け、音楽のキャリアは20年を数える苦労人だ。

今回のアルバムのテスト盤を吉の知人を通じてB’zや倉木麻衣らが所属するレコード会社「ビーイング」に持ち込んだところ、目にとまってデビューが決定。
パワフルでどこか哀愁漂う歌声は、父をほうふつさせる。

 祝福に訪れたはずの吉だったが英語アレンジされた「YUKIGUNI」に関して納得していないようで「いくら身内でも許可をとらないといけないと思うんですよ。売れてしまったら、ちょっとした訴訟を起こさせてもらいます。アメリカあたりでヒットされたら印税だけじゃすまない」と冗談半分で照れ隠し。
その後、KUの「YUKIGUNI」の歌唱を隣で目をつむりながらかみ締めると「こっちの方がいいじゃねえかよ!!」と親バカ全開だった。

 父への感謝を手紙にしたためたKUは「やっとスタート地点に立てました。(吉の)歌で元気が出て、家族に会いたくなったと帰っていく人をたくさん見てきました。私もそんな歌い手になりたいと思います」と、感情を揺さぶる“幾三魂”の継承を約束。吉は目頭をぬぐい「来年、再来年には娘に曲を書きたい」と親子コラボを誓った。

no title

no title

no title

no title

no title

今、まともな音楽番組ってないよな・・・

1: 2017/06/17(土) 00:53:32.390 ID:4iF7ddsb0
地上波
CS
動画チャンネル

なんとかならんのか

夏っぽい曲教えてください!!!※動画あり

1: 2017/06/17(土) 13:54:58.905 ID:pj5ssqqV0
お願いします

【トリビア】音楽の雑学でも書いてくれ(´・ω・`)

1: 2017/06/16(金) 17:37:06.94
アリスの大ヒット曲で知られる「今はもうだれも」は実はカヴァーだった
オリジナルは1969年7月にウッディ・ウーが発表している

『5時に夢中!』に角松敏生が出演「パクリは必要」

1: 2017/06/16(金) 20:05:26.99 _USER9
角松敏生“パクリ”は必要「大衆音楽は模倣と借用から始まる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000184-sph-ent
6/16(金) 19:40配信

 16日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に、音楽プロデューサーでシンガーソングライターの角松敏生(56)が出演。「音楽業界の作り側の隠語だった」という「パクリ」について持論を展開した。

 「もともと音楽というのは、ああなりたいな、という原動力で始まる。大衆音楽は模倣と借用から始まる。ベートーベンだってモーツァルトを模倣してる。それをパクリって言わないでしょ? 一般大衆がパクリって言い始めてからおかしくなったんです。模倣とか借用することで自分のものにしていくということは、すごく大事なことです」と語った。

 一方で、明らかに分かる“稚拙なパクリ”については「『好きだからこういう人になりたい』というリスペクトでやってない。『これよさそう、これかっこいい』でやってる」と指摘した。

 アンケートコーナーでは「これから音楽業界を目指す若者に一言」という質問に「1運、2縁、3実力(本当は逆!)」とサラリ。「あなたが嫌いな歌詞のフレーズは?」という質問には「いたずらに夢を語るな!」。「日本の音楽業界『ここを変えなきゃ衰退していく』」という質問には「消費者の意識」と、いずれも考えさせる回答だった。

洋楽でこれ嫌いな奴いないだろって曲 ※動画あり

1: 2017/06/17(土) 22:19:03.86 0
Eric Clapton - Change The World

90年代後半から 00年代 前半の音楽 寂しさと楽しさが交わったあの感じ

1: 2017/06/16(金) 10:48:32.375 ID:qFsAIabB0

最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析