オーディオのエイジングはオカルトって意見聞くけど・・・

1: 2017/03/18(土) 02:08:54.771 ID:QxN+Eehj0
絶対効果あるだろ
最初聞いたときカスカスすぎてがっかりしたイヤホンが使うほど音質良くなってきて今はスッキリクリアに聞こえる
中の部品とかが音の振動でいい位置に落ち着くんじゃねーの?

2: 2017/03/18(土) 02:09:30.437
耳が慣れただけ定期

音楽フェスにアイドルが呼ばれなくなった原因てなんだろなwwwwwww

1: 2017/03/18(土) 09:16:53.18 0

53: 2017/03/18(土) 10:59:00.99 0
>>1
このメンツの中にアイドル居たら逆におかしいだろうと思う

THE YELLOW MONKEY 12月に東京ドーム公演…ラストライブの地で17年ぶり「復活試合」

1: 2017/03/17(金) 04:40:18.22 _USER9
デイリースポーツ 3/17(金) 4:00

 昨年、15年ぶりに再結成し、大みそかの紅白歌合戦にも出演したロックバンド「THE YELLOW MONKEY」が、今年の12月9、10日に東京ドーム公演を開催することが16日、分かった。同バンドの東京ドーム公演は、2001年1月8日に解散前最後のライブとして開催して以来17年ぶり。2日間に渡っての開催は、今回が初めてとなる。

 ボーカル・吉井和哉(50)は「20世紀のイエローモンキーが休止前に最後に行ったいわくつきの大舞台です。本当の意味での復活試合になると思います。楽しみで仕方ありません」と“復活試合”への意気込みをコメントした。

 デビュー記念日の5月21日には、ベストアルバム「THE YELLOW MONKEY IS HERE.NEW BEST」を発売。また17日より新曲「ロザーナ」を配信開始する。


・約17年ぶりに東京ドーム公演開催を発表した「THE YELLOW MONKEY」
no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/17/0010006341.shtml

34歳の俺が最高にテンションあがる5大RPGラスボス曲を発表する!!

romasaga3
1: 2017/03/17(金) 18:14:10.879 ID:JfUt11+k0
勇者の挑戦(ドラクエ3)
おおぞらに戦う(ドラクエ8)
全ての人の魂の戦い(ペルソナ3)
ラストバトル(ロマサガ3)
最後の戦い(FF5)

2: 2017/03/17(金) 18:15:46.547
ロマサガとサガフロで5枠全部埋まる

ディズニー映画の音楽ランキグンwwwww

1: 2017/03/17(金) 02:09:58.97 ID:6EvpvpS80
3位 Prince Ali/アラジン
https://www.youtube.com/watch?v=E3Bvf2RLlcU


全曲“GET WILD”だけのアルバム、全収録内容が発表

1: 2017/03/17(金) 13:14:21.79 _USER9
RO69(アールオーロック) 3/17(金) 5:00配信

2017年4月5日(水)に発売される全曲“GET WILD”だけのアルバム『GET WILD SONG MAFIA』の
全収録内容が発表された。

同作には、TM NETWORKがこれまで発表してきたオリジナルの“Get Wild”からTM 30周年ファイナルの
“Get Wild 2015(“30th FINAL” Version)“まで、新旧数々のバージョンとSONY、吉本、avexと
レーベルの枠を越えTM NETWORKが発表した21曲がDISC1~3までに収録される。

中略

リリース情報は以下の通り。

●リリース情報
『GET WILD SONG MAFIA』
2017年4月5日(水)発売
価格:¥3,000(税抜き)
形態:4CDアルバム
収録曲数:36曲
収録曲:
<DISC1>
M1: Get Wild
M2: Get Wild (“FANKS CRY-MAX” Version)[1987/6/24 日本武道館]
M3: GET WILD '89
M4: Get Wild (“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! '89” Version)[1989/8/30 横浜アリーナ]
M5: Get Wild (“RHYTHM RED TMN TOUR” Version)[1991/2/22 仙台イズミティ21]
M6: Get Wild (“tour TMN EXPO ARENA FINAL” Version)[1992/4/12 横浜アリーナ]
M7: Get Wild (techno overdub mix)
M8: GET WILD '89 (“TMN final live LAST GROOVE 5.18” Version)[1994/5/18 東京ドーム]
M9: GET WILD DECADE RUN
M10: GET WILD (“LIVE EPIC25” Version)[2003/2/23 国立代々木競技場第一体育館]

<DISC2>
M1: Get Wild (“DOUBLE-DECADE "NETWORK"” Version)[2004/4/21 横浜アリーナ]
M2: Get Wild (“DOUBLE-DECADE TOUR FINAL "NETWORK"” Version)[2004/6/24 日本武道館]
M3: Get Wild (“REMASTER” Version)[2007/12/3 日本武道館]
M4: Get Wild (“Incubation Period” Version)[2012/4/25 日本武道館]
M5: Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version)[2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]
M6: Get Wild 2014
M7: Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version)[2014/5/20 東京国際フォーラム]
M8: Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30” Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム]

<DISC3>
M1: Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version)[2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ]
M2: Get Wild 2015 -HUGE DATA-
M3: Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version)[2015/3/22 横浜アリーナ]

<DISC4>
M1: Get Wild / ビクター・ファンタスティック・オーケストラ
M2: Get Wild / Dave Rodgers
M3: Get Wild / 小室みつ子
M4: Get Wild (CITY HUNTER SPECIAL'97 VERSION) / NAHO
M5: Get Wild / 玉置成実
M6: Get Wild / 緒方恵美
M7: Get Wild / 超新星
M8: Get Wild / globe
M9: Get Wild / Clementine
M10: Get Wild / H ZETT M
M11: Get Wild / Purple Days
M12: GET WILD 2017 TK REMIX
M13: GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)
M14: GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)
M15: GET WILD (Dave Rodgers Remix)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00157825-rorock-musi
no title

「曲がよくても最低限のルックスがないと売れないんだな」と思い知ったアーティスト

1: 2017/03/17(金) 10:59:10.82 0
キリンジ

仕事に疲れた時に聴きたい「応援ソング」TOP10

1: 2017/03/16(木) 12:55:05.69 _USER9
仕事で失敗して上司に怒られ、今日も乗るのは満員電車。筆者はこんな時、優しい恋人が「ヨシヨシ、お疲れ様☆」なんてしてくれたら疲れが吹き飛ぶんだけど…そんな恋人いないのが現実。そこで自分を元気付けるためについ聴きたくなるのが、J-POPのなかでも、「応援されているような気分になる」曲たちだ。

仕事に疲れた時に聴きたい「応援ソング」TOP10を20~30代男性会社員200人に調査してみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈仕事に疲れた時に聴きたい「応援ソング」TOP10〉

(1990年以降にリリースされた15曲のなかから、1~3位を回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 負けないで(ZARD) 271pt
2位 明日があるさ(ウルフルズ) 115pt
3位 どんなときも。(槇原敬之) 101pt
4位 愛は勝つ(KAN) 100pt
5位 ガッツだぜ!!(ウルフルズ) 98pt
6位 それが大事(大事MANブラザーズバンド) 94pt
7位 栄光の架橋(ゆず) 84pt
8位 ファイト!(中島みゆき) 76pt
9位 何度でも(DREAMS COME TRUE) 47pt
10位 Runner(爆風スランプ) 44pt

20~30代の男性会社員に調査したこともあってか、10曲中7曲が男性ボーカルの曲! さらに、アップテンポなものが多い印象だ。それぞれ選んだ理由を見てみると…。

●1位 「負けないで」(ZARD) 271pt
「24時間テレビを思い出して頑張れる」(35歳)
「自分に、誰かに負けそうになった時に励みになる」(39歳)
「坂井泉水さんの声が綺麗なので、一生懸命な歌詞の内容もサラリと入ってくるから」(37歳)

●2位 「明日があるさ」(ウルフルズ) 115pt
「サラリーマン向けの音楽だと思うから」(36歳)
「ダメでもともと という気分になれそう」(30歳)
「昔よく聴いていたから」(30歳)

●3位 「どんなときも。」(槇原敬之) 101pt
「歌詞が良いのと、曲が飾らない感じで好きだから」(39歳)
「自分の青春ソングだから」(38歳)

●4位 「愛は勝つ」(KAN) 100pt
「子供の時から聞いているから」(31歳)
「よく聴いていた応援ソングだから」(38歳)
「元気が滲み出てくるから」(37歳)

●5位 「ガッツだぜ!!」(ウルフルズ) 98pt
「力強い歌声や歌詞で元気が出るので」(36歳)
「昔から好きだから」(33歳)
「アップテンポで元気が出そうだから」(38歳)

https://r25.jp/business/00056118/

USBとかSDカードに入ってる音楽をヘッドホンで聴くための機械ってある?

1: 2017/03/14(火) 22:22:20.450 ID:Zf5W9AxH0
机の上に置けるような

ジャスラックに登録されてない曲って自由に使ってええんか?

1: 2017/03/15(水) 07:05:55.19 ID:JndsVXUa0
同人ゲームのBGMにしてゲームを売るつもりなんやが

最新コメント
人気商品
はてなブックマーク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
関連商品
Powered by amaprop.net
アクセスランキング QLOOKアクセス解析